logo

有力なITO代替材料開発のリーディング・ベンチャー企業、米国カンブリオス社が、アジア市場開拓のため、先端技術市場開拓の専門家を招聘

Cambrios 2016年06月28日 10時00分
From JCN Newswire


Sunnyvale, CA, Jun 28, 2016 - ( JCN Newswire ) - カンブリオス・アドバンスド・マテリアル社は、本日、桑田良輔氏を新設の“CEO付き上級顧問”に任命したと発表した。桑田氏は、アジア地域におけるカンブリオス社の市場開発に従事する。

桑田氏は、30年以上に渡り先端技術分野で、主に販売・マーケティングに従事し、総合化学会社の米国デュポン社、Amazonのキンドルで有名な米国E Ink社、大手日本企業の凸版印刷(株)、ナノ・材料ベンチャーの米国Innova Dynamics社において、電子ディスプレイ、電子部品、先端ナノ・テクノロジーなどの専門分野で多くの実績を残してきた。

「桑田氏の参加により、その特筆すべきネット・ワークの広さ・深さと関連分野の豊富な経験が、アジアにおけるカンブリオス社の顧客やパートナーに最上級の顧客満足を与えるものと確信している。」と、カンブリオス社のCEO、ジョン・レモンチェック氏。

桑田氏は、グローバルビジネスでも多くの実績を残しており、先のE Ink社やInnova Dynamics社では、グローバルの販売・マーケティング副社長、凸版印刷(株)では、経営企画副本部長を、またデュポン社では、エレクトロ二クス部門の企画部長などを歴任している。現在は、日本と香港に、主にベンチャー企業向けのコンサルティング・初期投資を目的とした会社を自ら設立し社長を務めている。桑田氏は、慶応大学理工学部卒(電子材料)、大学院ではファイナンスとメディアデザインを専攻した。

「カンブリオス社は、間違いなく、最高水準の技術と他の追随を許さないIP(特許)ポートフォリオを持っている。そのチームの一員となり、アジアの顧客やパートナーと仕事が出来ることを大変楽しみにしている。」と、桑田氏。

カンブリオス・アドバンスド・マテリアル社に関して

カルフォルニア州サニーベールが本社の、世界的な先端ナノ・テクノロジーのソリューション・カンパニーである。その革新的な銀ナノワイヤー透明電極材料(ClearOhm(R):商標登録)によって、今後の成長が期待される有機EL・フレキシブル・ディスプレイや有機EL照明、有機太陽電池を始め、電磁波防止膜、液晶、電子ペーパーなど、様々な成長分野において劇的なコスト低減と性能の向上を達成できると期待されている。 www.cambrios.com

Media contact
Neal Leavitt
Email: neal@leavcom.com
Phone: +1-760-639-2900

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。