logo

リオオリンピックの「TV視聴に関する意識調査」を実施~オリンピックをTVで見るときの不安は“放送時間が遅くてうっかり寝落ち”

パナソニック 2016年06月28日 10時00分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



パナソニック株式会社は、2016年8月に開幕するスポーツの祭典「リオオリンピック」を前に、25歳~64歳の男女500名を対象に「リオオリンピックのTV視聴に関する意識調査」を実施しました。

▼リオオリンピックのTV視聴に関する意識調査(PDF:1.43MB)
リンク

●調査結果サマリー
・オリンピックをテレビ放送で視聴した経験のある人の困りごと
「見たい選手、見たい国がいつ登場するか分からなかった」 39.4%
・オリンピックを録画したときの困りごと
「放送中のどの時間帯に見たい選手が登場するかわからず、録画のタイミングを逃した」 37.2%
・オリンピックを録画して視聴した際の困りごと
「いつ見たい選手が登場するかわからず不便だった」 32.2%
・オリンピックを録画して視聴した際に、こんなことができれば便利だったこと
「事前に設定しておけば、自動で録画してくれる」 35.5%
「複数の競技(番組)をまとめて録画できる」 27.3%

●調査概要
・調査日:2016年5月26日(木)~2016年5月30日(月)(5日間)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:25歳~64歳の男女 計500名

開催地であるリオは日本との時差がおよそ12時間で、中継によるTV放送は深夜帯になることが予想される中、アンケート結果によると、貴重なシーンの見逃しを不安に思う方が多いということが判明しました。

リオオリンピックのTV放送での視聴予定について、「分からない」と回答した方を除くと、76.7%がTVで視聴すると回答しています。
その中で、リオオリンピックをTV放送でリアルタイムで視聴する上での懸念は、
「試合時間が遅い (60.3%)」
「うっかり寝てしまうなど、見たい競技中継を見逃す (32.8%)」
と、半日程度の時差があるリオオリンピックの試合時間に起因する見逃しを心配する内容が上位となりました。
また、録画して視聴する際の懸念では
「つど録画する番組を調べて予約する必要があり、うっかりすると視聴したい競技を録り逃す (40.3%)」
が1位で、自分で予約した場合の録り逃しを心配する声が多いことが分かりました。

そんな中で、リオオリンピックをTVで視聴する際にできたら便利なことは
「見たい番組をすぐに検索して視聴できる (31.6%)」
「テレビ放送で見逃した番組など、あらゆる番組を自動で録画してくれる (29.1%)」
と、うっかり見逃してしまった番組も自動で録画でき、その番組をすぐに検索して視聴できるという、これまでのオリンピックのTV視聴時に上がっていた困りごとを解決できる内容となっています。

また、録画したリオオリンピックをスマホで視聴できるとしたら、いつその動画を視聴したいかという問いに対し、「通勤中などの移動のスキマ時間」「お昼休みなどの休憩中のスキマ時間」「就寝前の空き時間」など、全体の42.4%がスマホでちょっとした空き時間に視聴したいという意識が明らかになっています。
詳細は、下記にてご確認ください。
▼リオオリンピックのTV視聴に関する意識調査(PDF:1.43MB)
リンク

◆全自動ディーガ 無料お試しキャンペーン 実施中
指定したチャンネルの全番組を録画してくれる「全自動ディーガ」DMR-BRX4020を、2,500名様に3週間無料でレンタルいただけるキャンペーンを実施中です。
リンク

◆1人でじっくり派も、みんなでワイワイ派も、4Kテレビで「おうちスポーツ観戦」を楽しもう
リンク

<関連情報>
・全自動ディーガ 商品情報
リンク

・ビューティフルジャパンが、アシックスとコラボレーション。大阪府と兵庫県のジュニアアスリートと綾瀬はるかさんとのリレー競争動画も公開(2016年6月16日)
リンク
・ネイマール Jr.選手本人から直接エールが届くかも!?パナソニックの「DREAM "FITA" PROJECT」実施中(2016年6月3日)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。