logo

ランゲージワン、日本ATMと提携し金融市場に向けた多言語対応サービスを提供

キューアンドエー株式会社 2016年06月28日 14時52分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月28日

ランゲージワン株式会社
日本ATM株式会社

ランゲージワン、日本ATMと提携し金融市場に向けた多言語対応サービスを提供

キューアンドエー株式会社のグループ会社で多言語コンタクトセンターサービスを提供するランゲージワン株式会社(代表取締役社長:小山琢、本社:東京都渋谷区、以下ランゲージワン)と、日本ATM株式会社(代表取締役社長:中野裕、本社:東京都港区、以下日本ATM)は、金融市場に向けた多言語対応サービスの提供を目的に業務提携することで合意し、あわせて日本ATMは、ランゲージワンが第三者割当増資により発行する株式を引き受けました。

日本ATMグループでは、ATMオペレーションセンター(コールセンター)への外国人のお客さまからの入電に対応すべく、2014年10月より、ランゲージワンと連携して「三者間通話の仕組みを活用した多言語対応サービス」を開始し、現在では8行の銀行の2万台以上のATMなどに、24時間365日サービスを提供しています。

2020年の東京オリンピックに向けた外国人観光客の増加などインバウンド需要の高まりに伴い、国内における多言語対応サービス・サポートの必要性が増しています。 全国の金融機関においても、海外発行カードでのATM払出しや外貨両替、さらには海外送金など多言語対応サービスのさらなる充実が求められます。こういった中、高品質な多言語コンタクトセンターを運営するランゲージワンと、ATM監視・運用アウトソーシングで圧倒的なシェアを持つ日本ATMグループが協業することで、金融機関の外国人対応を支援する、高品質な多言語対応サービスを提供してまいります。

ランゲージワンと日本ATMグループは、今後も外国人観光客や在日外国人のサポートに対するニーズに応えるため、連携し新しいソリューションを創造してまいります。


【金融市場に向けた多言語対応サービス内容】
 ●サポート言語:7カ国語
  ・24時間365日対応:英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語
  ・9時~18時(休日・祝日除く)対応:タイ語、ロシア語
 ●提供サービス
 1.ATM備付のインターフォンでのお問い合わせ対応
   ※外国人のお客さまからの入電時に、ランゲージワンの通訳オペレータと接続し、三者間通話により対応します。(図参照)
 2.インターネットバンキングのヘルプデスク     
 3.金融機関の店舗および支店窓口での通訳サービス  など

*本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

以上


<ランゲージワン株式会社>リンク
2015年4月1日設立した株式会社翻訳センターとキューアンドエー株式会社との合弁会社。
多言語対応コンタクトセンターサービス事業を展開しており、特にキューアンドエーの株主であるNECネッツエスアイ株式会社の提供する消防・救急ネットワークや、観光ソリューションなどのICTサービスと組み合わせたサービスに強みを持っています。現在7カ国語に対応し、24時間365日のセンター運営体制で通訳サービスを提供しています。また翻訳事業などの通訳関連業務もおこないます。


<キューアンドエーグループ> リンク
サポートプロバイダーとして全国で事業展開するキューアンドエー株式会社を中心とする企業グループ。ICT関連のテクニカルサポート事業を基軸としコンタクトセンター/オンサイトサポートを手がけるキューアンドエー株式会社、ダイレクトマーケティング事業者向けBPOのディー・キュービック株式会社、人材派遣事業のキューアンドエーワークス株式会社、システム開発のキューアンドエーアーキテクト株式会社、修理サービス「クイックガレージ」を運営するグローバルソリューションサービス株式会社(業務提携会社)、また2015年4月よりランゲージワン株式会社を含む6社で事業領域の拡大と多角化経営を図り、「テクニカルサポートサービス事業」「通信販売支援系サービス事業」「人材派遣事業」の三本柱で成り立つ。

<日本ATM株式会社>リンク
日本ATMは、ATM監視業務を52金融機関から受託するなど、金融機関の非戦略業務の共同化を推進する企業グループです。トップシェアのATM関連アウトソーシングに加え、他の業務についても「共同運営化」を推進し、金融機関の業務効率化に貢献してまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。