logo

日本映画大学佐藤忠男学長がNHKラジオ第2『こころをよむ』「映画監督が描いた現代~世界の巨匠13人の闘い」に講師として出演 -- 7月3日~9月25日まで全13回

日本映画大学 2016年06月28日 08時05分
From Digital PR Platform


日本映画大学の佐藤忠男学長が、今を読み解く教養番組『こころをよむ』(NHKラジオ第2)の7~9月の放送で講師を務める。テーマは「映画監督が描いた現代~世界の巨匠13人の闘い」。毎回一人の映画監督を取り上げ、映画で描かれる「こころ」がどれだけ豊かになったかを考察する。放送は7月3日(日)~9月25日(日)までの全13回、6:45~7:25(再放送 翌週日曜 13:20~14:00)。


 『こころをよむ』は、文学・美術・映画など各分野の第一人者が、現代人が抱える、老い・家族・環境など、さまざまな問題をストレート・トークで分かりやすく読み解いていく番組。佐藤忠男学長が講師を務める今回のシリーズでは、1960年前後から映画で語られる「こころ」がどれだけ豊かになったかを、毎回一人の監督を取り上げ考えていく。

 ゴダールやトリュフォーなど、フランスの映画監督たちが世界に発信した「ヌーヴェルバーグ(新しい波)」は、これまでの映画の常識を覆すほどの衝撃を与え、日本でも大島渚ら当時の若い映画監督が大きな影響を受けた。この運動はその後次々と、映画・映像の分野に、斬新な、新しい価値を生み出し、単に映画界にとどまらず、一つの社会現象となった。そして世界の映画監督たちは、娯楽指向から人間のこころを描くようになり、数多くの傑作映画が誕生した。
 それを起点として、新しい時代に挑戦した世界の映画監督たちの、人生とその映画作品に焦点を当て、その時代背景と意味を浮き彫りにしていく。

※ヌーヴェルバーグ
1950年代末から60年代前半にフランスで起こった、自由な映画作りの運動。

◆NHKラジオ第2『こころをよむ』 「映画監督が描いた現代~世界の巨匠13人の闘い」
【講 師】 佐藤忠男 (日本映画大学長・映画評論家)
プロフィール: リンク
【放送日時】
第 1回 7月 3日[再放送]7月10日 『フランソワ・トリュフォー』~映画を拡張する
第 2回 7月10日[再放送]7月17日 『ジャン=リュック・ゴダール』~飽くなき真実への執着
第 3回 7月17日[再放送]7月24日 『アンジェイ・ワイダ』~悲しみの代弁者
第 4回 7月24日[再放送]7月31日 『ミケランジェロ・アントニオーニ』~愛は信じられるか
第 5回 7月31日[再放送]8月 7日 『ロバート・ワイズ』~もう一度あの幸福を
第 6回 8月 7日[再放送]8月14日 『フランシス・フォード・コッポラ』~正義の現実を暴く
第 7回 8月14日[再放送]8月21日 『スティーヴン・スピルバーグ』~映画作りに欠かせぬ視点
第 8回 8月21日[再放送]8月28日 『ウディ・アレン』~弱虫はこう闘う
第 9回 8月28日 [再放送]9月 4日 『クリント・イーストウッド』~本物の男らしさへ
第10回 9月 4日[再放送]9月11日 『張芸謀』~善意を信じる心
第11回 9月11日[再放送]9月18日 『侯孝賢』~わが祖国に誇りを
第12回 9月18日[再放送]9月25日 『李滄東』~まっとうに生きるとは
第13回 9月25日[再放送]10月2日 『モフセン・マフマルバフ』~憎しみの連鎖を断てるか~
【番組ホームページ】
リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 日本映画大学 入試広報部
 TEL: 044-951-2511

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。