logo

「エブリスタ」発の人気小説5作品が、ライト文芸の新レーベル「SKYHIGH文庫」(三交社)より書籍化!創刊ラインナップとして2016年9月9日(金)より順次刊行開始

株式会社エブリスタ 2016年06月27日 16時09分
From PR TIMES



株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:椙原 誠、以下エブリスタ )が運営する小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿された小説「シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究」「花屋の倅と寺息子」「ーーねぇ、柴田。」「おいしいは正義」「零(ゼロ)の記憶」の5作品が、今秋三交社より創刊されるライト文芸の新レーベル「SKYHIGH(スカイハイ)文庫」より、一挙に書籍化 されることが決定しました。

[画像: リンク ]



2010年6月7日のサービス開始以来、これまでに「エブリスタ」から書籍化された小説・コミックは、優に550点以上にのぼります。三交社からは、大人の女性に向けた恋愛小説のレーベル「三交社エブリスタWOMAN」より、すでに多数の作品が文庫化しています。

近年のキャラクターを主体としたライト文芸・ライトミステリーの人気を受けて、必ず心に「何か」が残る作品を届けるため、また有望な新人を発掘するために新たに創刊されるのが「SKYHIGH文庫」です。フレッシュな才能を人気イラストレーターの装画とともに送り出す創刊ラインナップには、9月9日(金)発売の第一弾として3作品、10月11日(月)発売の第二弾として3作品の合計6点が決定しており、内5作品がエブリスタ発の小説になります。


■「SKYHIGH文庫」創刊ラインナップ

<第一弾:2016年9月9日(金)発売>
『シャーベット・ゲーム オレンジ色の研究』 (著:階 知彦、イラスト:鉄雄)
(原題:「オレンジ色の研究 穂陸奥沙緒子の冒険」)
エブリスタURL:リンク
女子高生の穂泉沙緒子(ほずみさおこ)と和藤園子(わとうそのこ)。彼女たちは散らばる糸を見つけ、たぐり、確実に真実へとたどりつく──。


『花屋の倅と寺息子』 (著:葛来 奈都、イラスト:vient)
エブリスタURL:リンク
霊が見えるが祓えないドSな寺の息子・悟(さとり)と同じく霊が見えるビビりでお人好しな花屋の倅・統吾(とうご)のオカルトキャンパスライフ!

『東京下町湯屋話』 (著:真媛 響乃、イラスト:文倉 十)
父と二人で蒲田に越してきた内弁慶な女子高生・綾愛(あやめ)。早々に風呂が壊れて行った銭湯で、本物の銭湯の流儀を知り、次第に銭湯とそこに集う地元の人たちに惹かれ始めーー。


<第二弾:2016年10月11日(月)発売>
『――ねぇ、柴田。』 (著:川瀬 千紗、イラスト:フライ)
エブリスタURL:リンク
近づけば遠ざかり、交わったかと思えばぶつかり合う想い。――ねぇ、柴田。本当のこと、教えてよ。

『おいしいは正義』 (著:松田 未完、イラスト:POKImari)
エブリスタURL:リンク
いちご大福にしか欲情できない交通課の警察官と男に興味の持てないフードジャーナリストが連続事件を追う!

『零(ゼロ)の記憶』(著:風島 ゆう、イラスト:カズアキ)
エブリスタURL:リンク
霊の記憶が見える女子高生・如月零と教師・鈴宮一貴が織りなす開示型ミステリー!


これからもエブリスタは、書きやすいツール・読まれやすいプラットフォーム・作品が広がるきっかけをそなえた作家のためのインフラとして、すべての人に物語を書き続ける喜びを提供していきます。

■SKYHIGH文庫とは
2015 年に「ライトノベル文芸(ライト文芸)」「キャラクターノベル(キャラノベ)」と呼ばれるジャンルで各社より新レーベルの創刊が相次ぎ、いよいよ「ライト文芸」ジャンルとして確立してきました。SKYHIGH文庫は、今一番求められているライトミステリーを中心とした、気軽に読め、必ず心に「何か」が残る作品を届けるために創刊に至りました。新人発掘にも力を入れ、「エブリスタ」からも続々デビュー作を世に送り出していきます。

公式Twitterアカウント:@SKYHIGH_BUNKO (リンク


■エブリスタとは(リンク
「エブリスタ」は、国内最大級の小説投稿サイトです。小説を書きたい人と読みたい人が出会うプラットフォームとして、これまでに200万点以上の作品を配信してきました。大手出版社との協業による「エブリスタ小説大賞」の開催や、ヤングマガジン編集部との共同レーベル「eヤングマガジン」の展開などを通じて、ジャンルを問わず多くの新人作家を発掘・プロデュースしています。シリーズ累計700万部を越えた『王様ゲーム』、100万部を越えた『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』など、書籍化にとどまらず、コミックやゲーム、実写映画やTVアニメに展開される作品も生まれています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事