logo

パナソニックが 企業アクセラレータープログラム「Panasonic Accelerator 2016」を開始、スタートアップと新規事業創出を目指す

Creww株式会社 2016年06月27日 14時00分
From PR TIMES

パナソニック株式会社とCreww株式会社による共同リリース

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市 代表取締役社長:津賀 一宏、以下:パナソニック)とCreww株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:伊地知 天、以下:creww)は共同でパナソニックの新規事業創出を目指す、企業アクセラレータープログラム「Panasonic Accelerator 2016」を開始し、6月27日より、本プログラムに参加を希望するスタートアップ企業の募集を始めます。



[画像: リンク ]

Panasonic Accelerator 2016とは
パナソニックとスタートアップ企業、両者のリソースを掛け合わせたオープンイノベーションによる事業創出を目指すプログラムです。本プログラムでは「家電・くらし」、「仕事」、「先端技術」の3つをテーマに、パナソニックが持つ豊富な経営資源と、スタートアップ企業のユニークなサービスや技術力・アイデアを掛け合わせ、革新的な事業やマーケットの創造に挑戦します。
本プログラムの枠組みを提供するcrewwは、パナソニックとスタートアップ企業のマッチングから新規事業提案までの過程を共同で行います。

Panasonic Accelerator 2016 開催の狙い
パナソニックは、「A Better Life, A Better World」の実現を目指し、「スピード」と「質」を重視して新規事業創出に取組んでいます。激しく変動するマーケットの最前線で挑戦をしているスタートアップ企業の方々と共同で、新規事業創出にチャレンジし「スピード」と「質」を向上させることで、永続的にイノベーションを生み出していきたいと考えています。

Panasonic Accelerator 2016概要
エントリー期間:2016年6月27日(月)~7月8日(金)
エントリーページ: リンク
※本プログラムのエントリーにはcrewwアカウントが必要です(登録無料)

パナソニックがスタートアップ企業に提供するリソース/技術(テーマ別)
1.家電・くらし:パナソニック家電とそれに紐づくウェブサービス
2.仕事:世界25万人の社員、オフィス、工場(実証実験のため)
3.先端技術:生体電位センサ、音声言語解析技術、画像診断支援技術、開発力

パナソニック株式会社について
所在地:大阪府門真市大字門真1006番地
代表者:代表取締役社長 津賀 一宏
創立年:1918年
資本金:2,587億円(2016年3月31日現在)
事業内容:部品から家庭用電子機器、電化製品、FA機器、情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、サービスを行う総合エレクトロニクスメーカー
URL:リンク

Creww株式会社について
所在地:東京都目黒区青葉台1-18-14 3F
代表者:代表取締役 伊地知 天(いじち そらと)
創立年:2012年
資本金:4億6,455万円(資本準備金含む)
事業内容:スタートアップコミュニティとオープンイノベーションプログラムの運営
URL: リンク

本件に関するお問合せ先
Creww株式会社 コミュニティーマネージャー 石井 03-6455-1816 press@creww.me

※ 企業アクセラレータープログラム:大企業とスタートアップ企業、両者のリソースを掛け合わせたオープンイノベーションによる事業創出を目指すプログラム。
※ オープンイノベーション:自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外からの技術やアイデア、サービスを有効に活用し革新的なマーケットを創造すること。
※ スタートアップ企業:独自の技術やアイデアによって、前例のないビジネスモデルを作りだし、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事