logo

文京学院大学の学生が「JAGDA学生グランプリ2016」で「優秀賞」を受賞

文京学院大学 2016年06月27日 14時00分
From Digital PR Platform


文京学院大学経営学部経営コミュニケーション学科・倉嶋正彦ゼミナールに所属する中山愛菜さんは、6月20日(月)、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が主催する「JAGDA学生グランプリ2016」において「優秀賞」を受賞しました。


【 「JAGDA学生グランプリ」の概要 】

「JAGDA学生グランプリ」は、年に1度、年齡や学年を超え、すべての学生作品の中から優秀作品を選出するポスターコンペティションです。会員数約3,000名を誇る日本最大のデザイン団体である、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が主催しています。「JAGDA学生グランプリ2016」の募集テーマは、「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」。現代生活のインフラストラクチャーとなりつつも、個人情報漏洩や誹謗中傷などの問題も内包している募集作品のテーマに、810点の応募がありました。


【 中山愛菜さんの作品「ヒト」について 】

中山愛菜さんは、イメージリテラシーを研究する倉嶋正彦教授のゼミで学ぶ本学経営学部2年生です。今回「ヒト」と名づけた作品を出品し、810点中10点のみが選出される「優秀賞」の受賞となりました。

作品「ヒト」は一目では「人」の存在がわからない構図です。SNSというテーマをもとに、1つの端末から生まれるSNSの裏表を対立させずに一面で表現した作品となっています。SNSはその端末の中に何億という人を存在させます。普通なら出会わなかったはずの人とも出会うことができます。一方で、SNSの中では「私」は何億分の1人であり、実体のない情報の波の一粒になってしまいます。SNSの中では「私」の本質を失ってしまいがちであるということを表現しています。


今回のグランプリで入賞・入選となった111作品は、8月26日(金)から9月11日(日)まで行われる「入賞・入選作品展覧会」で展示されます。

 【「JAGDA学生グランプリ2016」 入賞・入選作品展覧会】
  会期 : 8月26日(金)~9月11日(日)11:00-19:00 会期中無休(入場無料)
  会場 : 東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)


< 本件に関する報道関係者様のお問い合わせ先 >
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室) 三橋、谷川 電話番号:03-5684-4713

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事