logo

他のIP-PBXにないHUD標準搭載の高機能PBX

在宅オペレータの管理に最適で再注目

テレワークの導入を考える企業がtrixboxProの受発信管理ツールに再注目

コールセンターの開発・構築・運営を中心としたシステムインテグレーションを行う、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー (本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩、以下CBA)が取り扱うtrixboxProに注目が集まっている。

理由は、TOYOTAや日産が大幅な導入を決めたのと同様の、企業でのテレワーク導入の拡大だ。
この動きはコールセンターの運営にも見られ、在宅オペレータの採用を増やす運営会社が増えている。
その際に、スーパーバイザはフロアにいるオペレータと在宅のオペレータを同時に管理・モニタリングしなければならない。
そこで必要とされるのが、オペレータの勤務場所を問わず、一目で全てのオペレータの状態を把握しつつモニタリングも行える受発信管理のツールということになる。

それゆえに再び注目を集めているIP-PBXがtrixboxPro(Fonality)だ。
中でも、「HUD」と呼ばれる、無料で標準装備されている高機能受発信管理ツールに注目が集まっている。
デスクトップ上に表示されるこのアプリケーションには、全てのオペレータが小さなカードで表示され、そのプレゼンスによって色が変化するため、一目で状態を把握しやすい。
また、ワンクリックでの対象となる通話の通録やモニタリング、テキストチャット、ドラッグ&ドロップによる保留など、コールセンターでの業務に必要な機能が視覚的に実装されている。

また、trixboxPro自体は、IP-PBXとして国内でも大規模な実績もあり、CRM等とのCTI連携もできることから再びコールセンターのリプレイス時などの選択肢として注目されている。

また、価格の面でもかなり安価な導入が可能なことも、経費削減が必要とされるコールセンターの運営企業の注目を集めている。


CBAでは、依頼すると実際にデモも見るための訪問を行なっている。
詳しい問い合わせは以下から

リンク

■会社概要

商号   : 株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

代表者  : 代表取締役 柴山 浩

所在地  : 〒239-0847

          神奈川県横須賀市光の丘8番3号

          YRP(横須賀リサーチパーク内)313号

設立   : 平成18年5月

事業内容 : システムインテグレーション、ソフトウェア開発、ソフトウェア・ハードウェア販売、オンラインショップ事業、IP-PBX「trixbox」を基盤としたコールセンター構築、コールセンターの設計・システム構築

URL     : リンク

■本件に関するお問い合わせ、または再販希望の企業様向けお問い合わせ先

企業名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

担当者名:水谷 幸太(みずたに こうた)

TEL:046-821- 3362

Email:sales@cba-japan.com

このプレスリリースの付帯情報

trixboxProHUD

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。