logo

Subotがキーワードにメッセージを返すことができる“ディクショナリー機能”を公開しました。

株式会社Subot 2016年06月27日 11時00分
From PR TIMES

株式会社Subot(所在地:東京都渋谷区、 代表取締役:衣川 憲治)は、毎日の仕事を自動化するSlackボットサービス「Subot(スーボット)」に、チームメンバーと共有できるディクショナリー機能を公開しました。
Subot(スーボット) 公式サイト: リンク



[画像1: リンク ]


- ディクショナリー機能とは
ディクショナリーとはSubotが特定のキーワードに反応し、メッセージを返すことができる機能です。ディクショナリーを作成しておけば、チームで頻繁に使うテキストやURLをSlackから簡単にアクセスすることができます。例えば次のようなテキストを登録すると便利です。
・オフィスの住所
・社内の業務ツールのURL
・頻繁に更新したいドキュメントのURL
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



ディクショナリーはSlack上のコマンド入力でも登録することができます。Subotに `@subot dictionary` と命令すると、会話形式でディクショナリーの登録がはじまります。
Slack上で登録したキーワードとメッセージは、管理画面でも確認・編集することが可能です。
[画像4: リンク ]



■会社概要
社名  : 株式会社Subot(スーボット)
所在地 : 〒150-0044 東京都渋谷区円山町6番7号 渋谷アムフラット1F
代表者 : 代表取締役 衣川憲治
事業内容: インターネットサービス

公式サイト リンク
公式twitter  リンク
公式お知らせ  リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事