logo

TIS、「Oracle HCM Cloud」などを組み込んだ人事業務ソリューション『tisconnect HCM』の提供を開始

ITホールディングスグループ 2016年06月24日 13時30分
From PR TIMES

~ 採用・人材管理から給与計算まで 最適な複合アプリケーションをシームレスに提供 ~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、オラクルが提供する企業の人材管理やタレントマネジメントのクラウド・アプリケーション「Oracle Human Capital Management Cloud (以下 Oracle HCM Cloud)」などを含む、複数の人事パッケージを最適に組み合わせて提供する人事業務ソリューション『tisconnect HCM(ティスコネクト エイチシーエム)』を提供開始することを発表します。



 『tisconnect HCM』は、採用、人材管理、育成から給与計算などの定型業務のBPOまで、人事に関わる全ての領域をカバーし、クラウドやオンプレミスなど複数のアプリケーションにおけるアカウントや人材情報データベースを統合する人事の総合システムの構築を実現するソリューションです。
数多くのITの選択肢が存在する人事領域に対して、TISが企業の競争力を高めるための最適なIT の組み合わせを提案し、業務効率を妨げることなくシームレスな人事業務システムの構築を支援します。

 TISは、「タレントマネジメントなどの高度な人事戦略の推進をしたい」「グローバルでの人事制度整備を行いたい」「人事の戦略業務と定常業務の高度化・効率化を図りたい」などの課題を持った企業を中心に『tisconnect HCM』を展開します。

<『tisconnect HCM』の全体像>

[画像: リンク ]



■『tisconnect HCM』提供の背景
 企業の人事領域では、既存のオンプレミス型のパッケージシステムや手組みのスクラッチシステムに加えて、業務単位ではクラウドサービスを活用するなど、システムの個別最適化が進んでいます。例えば、「タレントマネジメント」などの先進的な仕組みを取り入れたい業務領域に関しては、クラウドサービスを組み合わせるなど、オンプレミス型とクラウド型を組み合わせた“いいとこ取り”のニーズが高まっています。

 しかし、オールインワンの人事パッケージシステムを利用している企業では、「タレントマネジメント」や「給与」などの個別の業務単位でクラウドサービスを導入しようとする場合、既存のシステムに適合する部分としない部分があるなどの課題が発生します。
また、企業内のシステムを管理する情報システム部門の観点では、こうした様々なオンプレミス型やクラウド型の入り混じったハイブリット環境のシステム管理業務負荷は軽減したいというニーズもあります。

 そこで、TISでは、システムインテグレーターとしてのインテグレーションノウハウやプロジェクトマネジメント力を活用し、これらの課題を解決する『tisconnect HCM』を提供します。

■『tisconnect HCM』の概要と特長
 『tisconnect HCM』は、TISが導入コンサルティングから、IT製品の最適な組み合わせの提案、データベースから一元管理できる人事の総合システムの構築、その後の運用までをワンストップで支援する人事業務に特化したソリューションです。

『tisconnect HCM』の詳細は以下をご参照下さい。
リンク

 例えば、『tisconnect HCM』のラインナップである、グローバルで人材管理、タレントマネジメントを支援するクラウド・アプリケーションである「Oracle HCM Cloud」と、日本の商習慣にきめ細かく対応したTISの給与計算クラウドサービスである「Quefit ZeeM」を連携させることにより、以下のような課題の解決が可能になります。

<「Oracle HCM Cloud」と「Quefit ZeeM」の連携で解決する課題>
・採用、人材管理、育成から給与計算等の定型業務まで、トータルに効率化・高度化したいが、グローバルパッケージシステムは、部分的に業務に適合しない。
・タレントマネジメントなど適材適所でクラウドサービスを使いたいが、既存の人事給与システムと完全に分断されてしまい、人事部門での管理・運用が手間となっている。
・煩雑な税法や社会保険制度など法改正への対応や、定型作業で日々の業務遂行に追われてしまっており、本来労力を掛けるべき戦略業務へ手が回っていない。
・マイナンバーへの対応もあり、現行システムのセキュリティ対策に不安がある。


今回の『tisconnect HCM』の提供開始について、日本オラクル株式会社 専務執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括 下垣 典弘氏は、次のように述べています。
「日本オラクルは、TISによるクラウド人事業務ソリューション『tisconnect HCM』の発表を歓迎いたします。TISは、「Oracle E-Business Suite」や「Oracle PeopleSoft」をはじめとした人材管理パッケージの豊富な導入経験を有しています。またシステム構築だけでなく、人事部門のアウトソーシング業務にも長年携わってきた同社は、人事業務における知見やスキルを活かしBPO等さまざまなサービスを提供してきました。少子高齢化と人材の多様化、企業のグローバル化に伴い、人材の獲得と維持、最適配置と効果的活用が企業の経営に大きなインパクトを与えるといわれる昨今、人材管理システムの見直しを考える企業が増えています。日本の人事領域に造詣の深いTISの人事業務サービスと、グローバルに豊富な実績をもつオラクルのクラウド型人材管理アプリケーション「Oracle HCM Cloud」を組み合わせたワンストップ・サービス『tisconnect HCM』により、企業の経営戦略に沿った人材管理の新たな仕組みをクラウドで早期に実現することに貢献すると期待しています」


■「Oracle Human Capital Management Cloud」について
「Oracle Human Capital Management Cloud」は、人事ライフサイクルを包括的に提供するクラウド・アプリケーションです。経営戦略の変化に対応し、企業の成長をサポートします。使いやすいように画面を変更できるパーソナライズ機能や、ソーシャル機能、インサイトに優れたレポート機能等の使いやすいツールを従業員ライフサイクル全体にわたって提供することで人事業務を支援します。より詳細な情報については以下URLをご参照下さい。リンク

■「Quefit ZeeM」について
「Quefit ZeeM」は、業種・業態を問わず、あらゆる雇用形態・賃金形態に柔軟に対応し、人事部門の事務負担となっている人事管理・給与計算業務の効率改善と、人事システム管理・運用からの開放による業務負荷軽減・コスト削減を実現するTISのSaaS型人事給与サービスです。給与計算処理後の事務処理サービスも用意しており、お客様の作業負荷を大幅に軽減いたします。詳細な情報については以下URLをご参照下さい。
リンク

■日本オラクル株式会社について
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援 する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

■オラクルについて
オラクルは、クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームの広範なサービス群を最大限に統合し提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

TIS株式会社について
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は リンク をご参照ください。

ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事