logo

株式会社コズレ、東京消防庁とコラボレーション子育て世代に対する消防・救急についての啓発活動強化 

株式会社コズレ 2016年06月24日 11時00分
From PR TIMES

~広報紙「広報とうきょう消防」を記事化、「cozre(コズレ)マガジン」に記載~



[画像: リンク ]

≪cozreマガジンの「東京消防庁 広報とうきょう消防」掲載イメージ≫

子育てに楽しさと新たな価値を提供する株式会社コズレ(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大希、以下コズレ)は、東京消防庁とのコラボレーションを実施、同庁が作成した「広報とうきょう消防」を記事化し、6月24日からcozreマガジンで掲載します。

コズレが運営するcozreマガジンは、妊娠中及び0歳~小学生の子どもを持つ一般のパパママや小児科医・保育士等の専門家が、自身の子育てナレッジ(知識・ノウハウ)を記事形式で投稿するWebメディアです。パパママの視点に立った実践的な情報の提供と読みやすい丁寧な編集を特徴としており、月間150万人を超えるパパママに活用されています。

広報とうきょう消防は、東京消防庁が都民生活における安全・安心に直結する正しい情報をより多くの都民に分かりやすく提供している季刊紙です。
例えば、第2号(平成23年2月発行)では、屋内での幼児の事故の事例や事故を予防するために注意すべきポイントについて解説しております。また、第3号(平成23年6月発行)では、「地震その時10のポイント」として、地震災害の教訓を踏まえ、地震時の行動について分かりやすくまとめています。

広報とうきょう消防の収録情報がすべての子育て世代に役立つと考えたコズレは、東京消防庁にコラボレーションを提案。同庁の承認を得て、コズレが本ガイドの内容を記事化しcozreマガジンで紹介することになりました。記事化にあたっては、コズレがこれまで培ったノウハウを活かし、スマホでパパママが見やすい画面構成にするなど工夫をこらします。

このように東京消防庁が民間企業と共同で、ネットを通じて消防・救急情報の啓発活動を行うのは今回が初めてです。本件について、コズレ代表取締役の松本大希は次のように語っています。「cozreマガジンが広く子育て世代から共感を得ていることを、東京消防庁の皆様が評価し当社の提案を受け入れてくださったことに感謝いたします。今回のコラボレーションをきっかけに、今後はさらに自治体との連携を強化し、子育て世代に必要な安心、安全に暮らせるための情報の提供を強化していけるよう努力を続けます。」

【当リリースに関する報道関係者お問い合わせ先】
■株式会社コズレ  広報 奥村 智子
TEL:03-6265-6877
メール:tomoko-okumura@cozre.co.jp

■株式会社コズレ広報代理
エンカツ社 担当:宇於崎(うおざき)、田中、石川
TEL:03-6417-1887  あるいは 080-1155-8519(宇於崎)
メール:press@enkatsu.jp

<「cozreマガジン」とは>
2014年4月にスタートした子育てに関するナレッジシェアメディアです。自然体で子育てを楽しんでいるごく一般のパパママがナビゲーターとなって、おすすめの子連れおでかけスポットや育児グッズ情報、育児のノウハウ等を投稿します。現在登録されているナビゲーターは約600名。0歳から小学生低学年の子供を持つ20代~40代のパパママを中心に全国で約150万人(月間ユニークユーザー)が利用しています。

【株式会社コズレについて】
名称:株式会社コズレ/Cozre Inc.  URL: リンク
所在地:東京都千代田区飯田橋2-1-4 日東九段ビル2F
役員:松本 大希(代表取締役)、 田中 穣二郎(取締役)、早川 修平(取締役)
設立:2013年7月1日
ミッション:子育ての喜びをもっと大きく!
事業内容:インターネットメディア事業
子育てナレッジシェアメディア「cozreマガジン」リンク
子連れのおでかけ情報に関する投稿・検索サイト「cozreコミュニティ」リンク
育児に関するナレッジシェアアプリ「コズレ」
受賞歴:東京都中小企業振興公社地域振興ファンド(第10回)支援事業、
経済産業省公募「創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)」認定

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。