logo

AWS認定プレミアコンサルティングパートナーのcloudpack 手軽なビデオオンデマンド配信を実現する新サービス 『mediapack VOD』の提供を開始

アイレット株式会社 2016年06月23日 14時30分
From PR TIMES

AWS(アマゾン ウェブ サービス)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供するcloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平)は、手軽なオンデマンド配信を実行するための専用プラットフォームをAWS上で提供するサービス『mediapack VOD(メディアパック ビデオオンデマンド)』を2016年7月1日より提供します。お持ちの動画素材または、ライブストリーミング配信『mediapack LIVE』(メディアパック ライブ)で録画した動画素材のビデオオンデマンド配信を、月額9万円から行えます。



[画像1: リンク ]

 視聴者が見たい時にいつでも動画を視聴できる『ビデオオンデマンド配信』は、エンターテイメント、教育、企業のプロモーション活動など、さまざまな分野で活用されています。しかし、パブリックな動画配信サービスの活用では配信地域の制限がかけられないケースや、自社で用意する動画配信インフラでは高額な利用料などに課題がありました。さらに、スマートフォンやタブレットなど各種スマートデバイスへの適切な配信を実行するために、動画素材の最適化を手作業で行わなければならず、手間とコストがかかるという課題がありました。

 cloudpackが提供する『mediapack VOD』では、AWSのメディア変換サービスである『Amazon Elastic Transcoder』を利用し、AWS上で動画のサイズやフォーマット変換などの最適化処理を自動で行います。お客様は、お持ちの動画を『mediapack VOD』が提供するお客様専用のポータルサイトにアップすることで、各スマートデバイスに対応したオンデマンド配信を短時間で開始することができます。また動画のメタデータを付与することによって、エンドユーザー向けにカテゴリ分けやキーワード検索機能を持った動画ポータルサイトを提供することが可能になります。
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


■『mediapack VOD』の基本機能
オンデマンド配信
・ビットレート・サイズ最適化
・プレーヤー機能(PC/スマートフォン対応)

コンテンツ管理(ポータル機能)
・動画コンテンツ検索機能(視聴者向け)
・アップロード/トランスコード
・公開設定(配信地域フィルタリングなど)
・アカウント管理
・広告管理・配信


ポータル画面例


■利用料金
mediapack VOD(オンデマンド配信プラットフォーム)
・初期費用 0円
・月額費用 プラットフォーム利用料:9万円~(ポータル機能込み)
      データ転送費用 $0.1/GB(CDN専用プラン)
      データエンコード費用:従量課金(ストレージ/対応デバイス数による)

■『mediapack VOD』で利用するAWSサービス
・Amazon S3(Amazon Simple Storage Service):コンテンツ配信用ストレージ
・Amazon CloudFront:コンテンツ配信(CDN)
・Amazon Elastic Transcoder:メディア変換
・Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud):ポータルサイト・ホスティング用
・Amazon RDS(Amazon Relational Database Service):メタデータ管理用データベース

以上

【cloudpackについて】
cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後4年連続で認定されています(※2)。

 運営会名:アイレット株式会社 リンク
 所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
 資本金:7,000万円
 事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、
      サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
(※2)日本初の4年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、Amazon CloudFront、AWS Elastic TranscoderおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。