logo

様々なカタチで気持ち(Emotion)を贈り合い、コミュニケーションの密度を高めるクローズドなSNS "Emotion" 事前登録開始!!

株式会社Emotion 2016年06月22日 16時30分
From PR TIMES

「会いたい、寂しい、好き」というような感情を伝えるためのコミュニケーションプラットフォーム

Emotion, Inc.(代表取締役 CEO:高田優太、以下Emotion エモーション)は、2016年6月22日(水)より、お互いの気持ち(Emotion)を贈り合うことで関係性を深め、コミュニケーションの密度を高めるサービス[Emotion]の事前登録受付を開始いたしましたことをお知らせ致します。



[画像1: リンク ]




◯ コミュニケーションプラットフォーム「Emotion」

Emotionは、様々なカタチで気持ち(Emotion)を贈り合うことで、お互いの関係性を深め、コミュニケーションの密度を高めるサービスです。同サービスでは、気持ちの贈り合い(コミュニケーション)をするだけでなく、お互いを深く知るために、相互の関係性を可視化することができます。また、親しい友人とのみ使う形にすることでプライバシーに配慮したプラットフォームになっています。

従来のコミュニケーションサービスでは最大限に伝え切ることのできなかった”感情”に焦点を置いています。インターネット上でのコミュニケーションを、これまでよりも更に気持ちを引き出せる方法へとアップデートしていくことでリアルなコミュニティに還元できるサービスを提供します。Eメール、チャット、SNSというように時代とともに移り変わってきたコミュニケーションという分野で個人の気持ちに重きを置いた新しいプラットフォームを目指しています。
[画像2: リンク ]




◯ サービスの機能と特徴

▶︎様々な感情を表現するための手段
基本的な機能としてはスタンプ、テキスト、画像、動画が贈り合えます。そして、更なコミュニケーション方法をを独自に付け足していくことで、より様々な感情を伝えられるコミュニケーションの場を提供します。

▶︎友人関係の可視化
自分と友人に対して心理学を応用した形で分析を行っていくことで、あらゆる角度から友人との関係性を見ることが可能です。これにより、他人から自分がどのように思われているか、自分が他人のことをどのように思っているかがわかり、深い関係を築くための礎とすることが可能です。

▶︎クローズドなSNS
 密度の高いコミュニケーションを行ってもらうため、親しい友人関係にある方のみとつながることのできるクローズドなプラットフォームになっています。


サービスの今後の展開について
まずは、逐次的にコミュニケーションの手段を増やしていくことに注力していきます。また、ユーザと一体感を持った開発を推進していくことで、より良いユーザー体験を提供することを第一としていきます。


◯ 事前登録はこちらから

「Emotion」サービスページ
リンク


◯ 関連サイト

会社概要:リンク
Facebook:リンク
Twitter:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事