logo

インテンス・アンド・アソシエーツ、「イノベーション・ハブ」を活用した新事業創出プロジェクトの開始に向け、覚書を締結

インテンス・アンド・アソシエーツ合同会社 2016年06月22日 09時45分
From PR TIMES

インバウンド向けビジネスなどの新規事業創出を目指す大手IT企業との間で、「イノベーション・ハブ」における第1号プロジェクトの開始に向けた覚書を締結

インテンス・アンド・アソシエーツ合同会社(本社:東京都渋谷区、マネージングパートナー・代表執行役社長:道廣英治、以下インテンス・アンド・アソシエーツ)は、オープンイノベーションによる事業創出支援を行なうための全く新しいビジネスプラットフォームである「イノベーション・ハブ」の第1号プロジェクト開始へ向け、新規事業創出を目指す大手IT企業との間で覚書を締結しました。

【背景】
インテンス・アンド・アソシエーツは、2012年1月の創業以来、戦略コンサルティングの豊富なノウハウや知見をバックボーンとして、事業戦略の立案から事業再生、M&Aやアライアンス、人材育成など一般的なコンサルティングサービスの提供からハンズオンの実行支援まで幅広いプロフェッショナル・サービスを提供してきました。
数多くのプロジェクトへの関わりを通じ、近年では既存の経営リソースを活用しながら、他者との協創により新しい価値を社会に提供し事業成長に繋げるというニーズが高まっており、そのための新規事業立案や異業種・異分野とのアライアンスを支援する機会が急増しています。
そうしたイノベーション創出のニーズに応え、プロフェッショナル・サービスの価値をさらに実効性の高いものとするために、インテンス・アンド・アソシエーツは今後の事業展開の中核として、異業種・異分野連携によるオープンイノベーション創出を目的としたプラットフォームサービスである「イノベーション・ハブ」の開設準備を進めています。

【覚書締結に関して】
今回、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)分野の豊富なノウハウや経営リソースをバックグラウンドに、地方創生やイノベーション創出をミッションとして、協創的アプローチによる新事業創出を目指す大手IT企業との間で、同企業がローンチユーザーとして「イノベーション・ハブ」を活用検討するための覚書を締結しました。
覚書に基づきこれから両社は、2016年後半の「イノベーション・ハブ」サービス開始へ向け、インバウンド向けビジネスなど具体的事業テーマの事業化、及び多種多様なベンチャー企業などとの異業種間連携による事業シーズ創出などのイノベーション創出活動について、「イノベーション・ハブ」を有効に活用するための具体的な検討を進めます。

【今後の事業展開】
インテンス・アンド・アソシエーツは、従来強みとしてきた、クライアント企業の課題に応じた最上流から実行支援までの経営サポートに加え、新たに「イノベーション・ハブ」を基軸とした新事業創出サービスを開始することで、クライアント企業に対しては、自社単独では解決が困難な経営課題に対する提供価値の幅が拡がるだけでなく、課題の中で最もニーズの高い、イノベーション創出に関してこれまで以上に効果的なサポートを行なうことが可能になります。
更に、「イノベーション・ハブ」における価値提供を通じて、大手企業とベンチャーやスタートアップの協創による新たなサービスや産業基盤の創出、自治体と民間企業の協創による地方創生への取り組み、産学連携によるイノベーション人材の育成など、これからの社会における課題や機会をいち早く捉え、オープンイノベーションにより解決策を創り出し、広く社会に向けて発信していきます。

■インテンス・アンド・アソシエーツ合同会社について
MAKE A HELP TO COMPLETE YOUR PUZZLEをコーポレート・アイデンティティとして、形式的なコンサルティングサービスの提供に留まらない、柔軟かつ実行力のあるクライアントの経営課題解決を目的として2012年1月に設立しました。業種や業界を問わず、事業成長や再生を目指す企業に対して、戦略立案からハンズオンでの実行支援に至る幅広いプロフェッショナル・サービスを提供しています。
コーポレートサイト:リンク
イノベーション・ハブ専用ページ:リンク

■本件に関するお問合せ先
インテンス・アンド・アソシエーツLLC 担当:田代
TEL:03-6416-5425
Email用コンタクトURL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事