logo

【Mission:2020 年までに「東京人<Tokyojin>」を1億人に。】 外国人有志の集まりによる“東京グローバル発信” プロジェクト発足 

株式会社monopo 2016年06月21日 18時00分
From PR TIMES

「Tokyojin」 を、New Yorker やParisian に続く世界共通ブランドに。人を切り口に東京のブランド化を目指す「poweredby.tokyo」スタート

 この度株式会社monopo(代表取締役社長 佐々木 芳幸 本社:東京都港区北青山)は、これまでにない東京の魅力を人を通じて発信することで「Tokyojin」を世界共通のブランドにすることを目指す、東京グローバル発信プロジェクト「poweredby.tokyo」を、2016 年6月21 日より開始いたします。



 「poweredby.tokyo」は、世界の中から東京を選び、深く愛し、この街でライフスタイルを体現している外国人が中心になって発足したプロジェクトです。東京での都市カルチャーを愛し独自のライフスタイルに昇華しているすべての人々を「Tokyojin」と再定義し、彼らの目線・センスをダイレクトに世界に発信していくことで、「Tokyojin」を世界ブランドにしていくことを目指します。2020 年までに自らのアイデンティティを「Tokyojin」と定義する人を、世界中で1 億人スケールにすることを目指しています。

 プロジェクトの第一フェーズとして、「Tokyojin」のマインドセットを確立するため、リアルな「Tokyojin」のライフスタイルを可視化させ世界に向けて発信するブランドサイト「poweredby.tokyo(リンク)」を2016 年6 月21 日17 時より公開いたします。
「Tokyojin」が実際に行っている場所・着ているモノ・触れている人などを、「poweredby.tokyo」の目線で切り取って発信していきます。

 更に第二フェーズとして、職業や住む場所・趣味・食べるものなど、「Tokyojin」を形成する様々な切り口を探求するシンクタンク機能としての活動を多数予定しています。官公庁や地方自治体・民間ブランド等と連携し、「Tokyojin」を知り・考えるきっかけとなる官民連携企画を、2016 年中に複数ローンチ予定です。

 また第三フェーズの活動として、全世界に住む「Tokyojin」のためのインタラクティブプラットフォームを、2020 年までに公開予定です。
日本を知りたい海外の方や来日予定の方などが、プラットフォーム上で「Tokyojin」の知に直接アクセスし、実際に旅行の日程を組み立てたり、ライフスタイルを疑似体験できるような場作りを目指します。

▼「poweredby.tokyo」プロジェクト発足のきっかけ

[画像1: リンク ]

 世界の大都市には、「New Yorker(ニューヨーカー)」や「Londoner(ロンドナー)」、「 Parisian(パリジャン)」「Parisienne(パリジェンヌ)」など、そこで生きる人々の呼称があり、その言葉を聞くだけで彼らのライフスタイルが浮かび上がってくる“ブランド” が存在します。街に根付いた強い “ブランド” は、世界の産業や文化をリードし、グローバル社会の中で新しいカルチャーを生み出してきました。
本プロジェクトは、人種や文化の壁を超えて存在する「Tokyojin」というライフスタイルがブランドとして定着していないことに疑問を持った、自らを「Tokyojin」と定義する外国人が中心となって発足しました。

▼渋谷区、トランジットジェネラルオフィス、BEAMS 等、
官民連携企画への賛同企業が続々決定!
本プロジェクトの後援として、国内外への渋谷の魅力発信を目指す渋谷区観光協会の後援が決定しました。更に民間ブランドと連携した企画として、日本の最先端のフードカルチャーを牽引するトランジットジェネラルオフィスや、創業40 周年を迎え、新たな取組として日本をキーワードとした幅広いコンテンツを紹介するショップ「BEAMS JAPAN」をスタートさせた「BEAMS」など、複数企業の参画が決定しております。
第一弾として、トランジットジェネラルオフィスとのコラボレーション企画を2016 年6月22 日よりスタート予定です。

▼poweredby.tokyo とは
[画像2: リンク ]



「 poweredby.tokyo」は、世界の中から東京を選び、深く愛し、この街でライフスタイルを体現している外
国人が中心になって発足しました。
様々な文化やカルチャーが生き、「Japanese(ジャパニーズ)」という一言では言い表せない数多くの表情を持つ街・東京を、ニューヨーカーやパリジャンと対等に世界で通用する1 つの定義として捉え、「Tokyojin」の世界でのブランド化を目指していきます。また2020 年までに自らを「Tokyojin」として定義する人を1 億人にすることを目指します。
リンク


▼渋谷区観光協会理事長 金山氏からのコメント

[画像3: リンク ]

「 国際文化観光都市・渋谷SHIBUYA」の実現を目指し、渋谷ブランド発信プロジェクト「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」など、国内外への渋谷の魅力発信を目指す、渋谷区観光協会のプロジェクト後援が決定しました。

ー渋谷区観光協会理事長 金山 淳吾氏によるコメントー
「江戸っ子」以来、東京ローカルの呼称はなくなってしまいました。東京に暮らす人々の感性、クリエイティビティ、心意気を可視化していくプロジェクトは「東京」という街の価値を進化させる可能性を感じます。
poweredby.tokyo の後援を通じて、渋谷区という街からも、多くのTokyo カルチャーを再発見していければと期待しています。

▼コラボレーション第一弾として、トランジットジェネラルオフィスと共同で小冊子を制作。
6月22日より都内15店舗で配布開始!

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



 民間団体とのコラボレーション企画第一弾として、トランジットジェネラルオフィスと共同で、訪日・在住外国人向けに様々な「Tokyojin」のお勧めスポット・ライフスタイルを紹介する小冊子「poweredby.tokyo TRANSIT EDITION」を制作。6月22日からSign、THE MONOCLE CAFEを始めとし、トランジットが運営する都内の店
舗15箇所で無料配布を開始します。
「poweredby.tokyo TRANSIT EDITION」にはトランジットが運営する約50店舗の中から、「Tokyojin」キュレーターが厳選した店舗を紹介する「ONE DAY」や、トランジット代表中村貞裕氏を含む「Tokyojin」の ライフスタイルを紹介する「Tokyo Story」、 「poweredby.tokyo」発起人Chace Fedorが様々な業界で活躍する「Tokyojin」と”未来の東京”について対談する「ON TOKYO」など、多数のコンテンツを収録しております。

▼「Tokyojin」のライフスタイルを、Instagram アカウントで発信中

[画像6: リンク ]

「poweredby.tokyo」は、より「Tokyojin」というライフスタイルを身近なものとして可視化させるため、Instagram アカウント「@poweredby.tokyo」を運用しています。ここでは、実際に「poweredby.tokyo」の「東京人キュレーター」として活動する、様々なバックグラウンドを持つ「Tokyojin」の日常を、プロのカメラマンが撮影した写真によって表現しています。
本アカウントは2016 年1 月の開設から、5ヶ月で100 件余りの投稿ながら、7000 名超 のフォローワーを獲得。
90% のフォローワーが海外在住者。また、また 同時に展開を始めたハッシュタグ「#poweredbytokyo」では、すでに多くの外国人が自発的に東京を発信するムーヴメントが起こりつつあります。


▼東京発自転車ブランドを率引するイギリス生まれのTokyojin や、服飾や音楽など多業界をまたいで
海外との橋渡しを行う活動家等・・・「 poweredby.tokyo」に参画する「Tokyojin」を一部ご紹介!

Mr. Tikini

[画像7: リンク ]

Artist/DJ
ロンドン出身。現在東京にてアーティ
スト/DJ として活動中。海外との繋
がりを生かし、常に文化の最先端に
立ってシーンに影響を与え続けてい
る。また現在では東京発の自転車ブ
ランドCARTEL BIKES のブランド
代表を務めている。


Vaughan

[画像8: リンク ]

Promotor
オーストラリア生まれ。2009年よ
り、東京でモデル活動を開始し篠山
紀信等と共にCOACH、OLIVER
PEOPLES、BEAMSなどのプロジェ
クトに参加。2013年より文化服飾学
院にて授業を受け持つ傍ら、カフェ
や喫茶店を世界に紹介するウェブマ
ガジン”GOOD COFFEE”を運営。


Alex Thomas

[画像9: リンク ]

Photographer / Model
シアトル出身。東京を拠点に写真家、
ユーチューバーとして活動しなが
ら、そのユニセックスなファッショ
ンセンスから数々のファッション
ショーでモデルとしても活動中。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。