logo

村枝賢一×たかしげ宙×岡崎つぐお…漫画家13名の合作漫画、電子と紙版を発売一挙17名の漫画家直筆サイン本とオリジナルTシャツを合計30名様にプレゼント



マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、6月21日に「ヒーロークロスライン」の新章描き下ろし『ヒーロークロスラインNEOCROSSトリアプロクス編』を電子書籍版と紙書籍版で発売いたします。同作は、webマガジン『KATANA』で集中連載した内容をまとめたもので、本作のための設定資料や初公開のイラスト・カットをふんだんに収録した内容です。

◆『ヒーロークロスラインNEOCROSSトリアプロクス編』電子書籍版 特設ページ
URL:リンク

[画像1: リンク ]

◆「ヒーロークロスライン」とは
「ヒーロークロスライン」とは、共通世界観を基に多数の作家が作品を創るプロジェクトで、ある作家が創りだしたキャラクターを別の作家の作品に登場させたりするなど、ストーリーやキャラクターをクロスオーバーさせ、2007年から作品を発表しております。

今回の『NEOCROSSトリアプロクス編』はプロジェクト始動から8年後にして、『RED』の村枝賢一、『スプリガン』のたかしげ宙、『ジャスティ』の岡崎つぐお、他ベテラン漫画家計13名による本格合作です。

◆『ヒーロークロスライン NEOCROSSトリアプロクス編』参加漫画家(13名)
村枝賢一/たかしげ宙/岡崎つぐお/馬場民雄/出月こーじ/栗原一実/御童カズヒコ/深紫‘72/夢来鳥ねむ/なかにしえいじ/細雪純/高田慎一郎/広石匡司

◆発売概要
・電子書籍版(オールカラー):500円(税別)
・オンデマンド紙書籍版(A5変形版・本文モノクロ):1,650円(税別)
※紙書籍版には巻末計28ページにて特別付録「HXLスペシャル4コマ劇場」を収録しております。

◆オンデマンド紙書籍版『ヒーロークロスライン NEOCROSSトリアプロクス編』販売窓口
URL:リンク

◆プレゼント企画 概要
今回の発売にあわせて、キャンペーン期間中に、電子書籍版をご購入いただいた方を対象に、一挙17名の漫画家直筆サイン本を10名様、オリジナルTシャツを20名様、合計30名様にプレゼントいたします。

キャンペーン期間:6月21日(火)~7月20日(水)
応募方法:電子書籍版をご購入の上、特設ページ内の応募フォームよりお申込みください
プレゼント内容:
1.一挙17名の漫画家直筆サイン本(紙書籍版・非売品)を10名様
2.オリジナルTシャツを20名様
[画像2: リンク ]
1.「ヒーロークロスライン」参加漫画家17名の直筆サインつきの『ヒーロークロスライン APPROACH』(紙書籍版・非売品)を10名様にプレゼント!!

サイン予定漫画家
村枝賢一/たかしげ宙/岡崎つぐお/馬場民雄/御童カズヒコ/高田慎一郎/出月こーじ/栗原一実/細雪純/夢来鳥ねむ/なかにしえいじ/広石匡司/深紫‘72/衣谷遊/松本久志/新井リュウジ/七月鏡一


本書には、シリーズ全作品の解説を掲載し、さらには『ジエンド 炎人 The last hero comes alive』(村枝賢一)、『ALCBANE』(原作:たかしげ宙 作画:衣谷遊 メカデザイン:福地仁 設定協力:高野真吾)、『レイズマン・ゼロ』(出月こーじ)の各第1話を掲載。


2.オリジナルTシャツ
『ヒーロークロスライン NEOCROSS』登場場面のハイライトシーンをTシャツにプリントし、計20名様にプレセントします。
・村枝賢一が描いたページ をTシャツにプリンとしたバージョン。10名様にプレゼント。

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



eBookJapanは今後も多くの電子書籍作品と出会い、楽しんでいただけるような企画を用意してまいります。


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、46万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。
出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事