logo

仏マジレム社 革新的なドキュメント・トレーサビリティ用ソリューションを提供

フランス大使館、セミナー開催

マジレム社(本社:フランス、パリ)は、複雑な設計フローとコンテンツ管理ソフトウェア・ソリューションの主要プロバイダーです。同社は、2016年6月21日、フランス貿易投資庁-ビジネスフランスと共同で、在日フランス大使館(東京、港区)にて、ビジネスセミナーを開催し、電子機器や組み込みシステムの日本メーカーに向けて、革新的なソリューションを紹介します。

6月21日、フランス大使館において、電子機器や組み込みシステムの日本メーカーをご招待して、マジレム社(本社:フランス、パリ)のセミナーが開催されました。

IoT等の登場によりシステム設計が急激に複雑化している中、メーカーがよりニーズに適合した優れた製品を他社に先駆けて提供するためには、設計フローとコンテンツ管理を効率的に行うことは重要な課題となってきました。これにより、製品化までのリードタイムの短縮だけでなく、企業の経験を活かしやすくなります。同社は、システムの定義、モデル化および統合、さらに実装や検証の仕様・記述に利用できる総合プラットフォームのトップ・プロバイダーをめざしています。
また、すでに日本でも大手顧客を獲得している同社は、2010年に東京にオフィスを開設し、さらなる事業拡大を図っています。

詳細は、以下のリンクよりプレスリリース全文をご覧ください。
プレスリリース:リンク
マジレム社インターネットサイト:リンク

関連情報
http://bit.ly/28IYdCK
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事