logo

ドキュメントスキャナー3機種がクラウド経費管理サービス「STREAMED」と連携

経費の記録や仕分け自動化で経費処理の効率化を実現

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)が販売するドキュメントスキャナー「ADS-3600W」を含む3機種は、株式会社クラビス(代表取締役:菅藤達也)が提供するクラウド経費管理サービス「STREAMED(ストリームド)」※1との連携を2016年7月から開始します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]






「STREAMED」は、株式会社クラビスが運営するクラウド経費管理サービスで、領収書などのスキャン画像を正確にデータ化し、経費精算における入力業務や会計事務所における記帳作業を自動化することができます。このたび、ブラザーのデスクトップタイプのスキャナー「ADS-3600W」・「ADS-2800W」、ポータブルタイプの「ADS-1500W」が「STREAMED」と連携しました。アプリ上からのスキャン制御が可能となり、スキャナー本体で面倒な設定をすることなく、大量の領収書や請求書をアプリから直接スキャンできます。会計事務所をはじめ、個人事業主や中小企業での経費・会計処理業務の負担軽減に貢献します。

●ADS-3600Wを使ったクラウド経費管理サービス「STREAMED」の流れ

[画像4: リンク ]



●「ADS-3600W」・「ADS-2800W」・「ADS-1500W」について

[画像5: リンク ]

※1:「STREAMED」の詳細は以下をご参照ください。
個人事業主向け:リンク
会計事務所向け:リンク
※2:A4原稿モノクロ・カラー共に解像度300dpiの場合の速度。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター)  リンク
ブラザーコールセンター               TEL:050-3786-8831

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事