logo

LIDDELL、Supershipと業務提携

LIDDELL株式会社 2016年06月20日 17時00分
From PR TIMES

新感覚チャットコミュニケーションサービス「Poptalk」にて、キャスティングマネジメントやタレントを活用したサービス展開、およびサービス設計支援を実施

LIDDELL株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:福田晃一、以下LIDDELL)は、Supership株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森岡康一、以下Supership)と業務提携し、2016年6月20日よりSupershipが提供開始するタレントと気軽に交流が出来る新感覚のチャットコミュニケーションサービス『Poptalk』(リンク)にて、キャスティングマネジメントやタレントを活用したサービス展開をはじめ、サービス設計の支援を行ってまいります。




[画像: リンク ]

                  サービスURL:リンク

【Poptalkとは】
『Poptalk』は、「トーク」と呼ばれる専用ページ内で、タレントとファンやファン同士がチャット形式で気軽に会話を楽しむことができる、無料のチャットコミュニケーションサービスです。ユーザーはアカウントを作成して気になるタレントのトークに入り、自由に会話を始めることができます。

アカウントの作成やトークの利用は無料ですが、有料のコインを購入すると「ギフト」をタレントに送って自分のコメントトークの注目度を高めることができます。「ギフト」はタレントの保有ポイント数にも反映され、お気に入りのタレントの芸能活動を応援することにつながる仕組みにしていく予定です。

現在、9組28名のタレントが参加中、タレントは今後順次拡大予定です。

【サービスの特長】
・タレントや同じタレントのファン同士でチャットを使ってライブ感のあるコミュニケーションを楽しめる、新感覚のサービスです。
・Poptalk内のコイン(1コイン=1円)を購入することで、「ギフト」の送付ができるようになります。「ギフト」はプレゼント付きのコメントトークを送ることができる機能で、かわいいイラストやカラフルなメッセージで自分のコメントトークの注目度を高めることができるので、コメントトークがタレントの目に留まりやすくなります。また、ギフトを贈った数に応じてトークルーム内でのファンランキングがアップします。
・タレントは贈られたギフトによるポイント数がメディア露出の獲得などにつながるなど、ユーザーがお気に入りのタレントにポイントを贈呈することで、芸能活動の応援をすることができる仕組みにしていく予定です。また、ポイントの贈呈数に応じて、ファンがタレントとの交流を深めていくことのできるオプションも予定しています。

■Supership株式会社について
Supershipは、「すべてが相互につながる『よりよい世界』を実現する」という理念のもと、広告事業・インターネットサービス事業・プラットフォーム事業等の事業基盤を活かした新たな価値の提供を目指し、2015年11月1日に株式会社スケールアウト、株式会社nanapi、株式会社ビットセラーの3社が合併したKDDIのグループ会社です。今後、スマートフォン最大規模の顧客接点とデータ利活用により、お客さまのご期待に応える新たなサービスを提供していきます。

■LIDDELL株式会社について
エンターテインメントナレッジを持ってデジタルマーケティングを行う、デジタルエンターテインメント企業。SNSコミュニケーションデザイン、メディア・プロダクトプロデュース、PRなどの事業を展開。SNSインフルエンサープラットフォーム事業SPIRIT(スピリット)を運営。(リンク

社名 :Supership株式会社(リンク
所在地 :東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
設立 :2007年12月
代表者 :代表取締役社長 森岡 康一
事業内容:インターネットサービス事業、広告事業、プラットフォーム事業、その他
主要株主:Syn.ホールディングス株式会社

社名 :LIDDELL株式会社(リンク)
所在地 :東京都港区南青山4-17-4四神ビル2F
設立 :2014年10月
代表者 :代表取締役 福田 晃一
事業内容:エンターテインメントに特化したデジタルマーケティング事業
 SNSインフルエンサープラットフォーム事業(スピリット) リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。