logo

マイクロソフトのテクノロジーを活用した 「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始

マイクロソフトのテクノロジーを活用した
「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」が開始
「Surface 付きクラウドまちなかカート」を使用した第1弾イベントが6月26日に開催
国立大学法人富山大学、三協立山株式会社、日本マイクロソフト株式会社、富山市は、富山市において、マイクロソフトのクラウドやデバイスのテクノロジーを活用した「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」を2016年6月26日(日)より開始することを発表します。
 「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」は、富山大学歩行圏コミュニティ研究会(通称:ホコケン)が中心となり、三協立山、富山市、市民が協働で実施してきた「歩いて暮らしたくなるまち(歩行圏コミュニティ)づくり」の研究プロジェクトに、マイクロソフトのテクノロジーが加わり、クラウド時代における最先端のテクノロジーを活用した取り組みです。
 コンパクトシティを標榜する富山県富山市は、市民の健康増進と市街地活性化に注力しており、2015年2月にロックフェラー財団の持続的な街作りに取り組む「100のレジリエント・シティ」にも、日本の都市として初めて選出されています。
 富山大学歩行圏コミュニティ研究会は、元気な高齢者はもちろん、足腰が弱くなった高齢者も積極的に街に出て、生き生きと交流を楽しむことができる魅力あるコミュニティの実現を目指して7年間活動をしてきました。使いやすく安全でおしゃれな歩行補助車「まちなかカート」を開発し、市街地や市役所などに設置してきました。
 この度、この取り組みとマイクロソフトのテクノロジーを連携させ、まちなかカートにマイクロソフトのタブレット「Surface」を設置して、高齢者がまちなかを移動すると、クラウド(Microsoft Azure)とも連携して Surface で様々な情報(歩行距離、歩行時間、店舗情報など)が確認できるシステム「ホコケンIoTシステム」を開発しました。
 「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」はこのシステムを活用し、2016年6月26日(日)から1年間、富山市在住の高齢者の歩くことによる健康維持と健康寿命の延伸を目指します。
 6月26日に、プロジェクトイベント第1弾として、「ホコケンIoTシステム」の実装に向けた現地ワークショップ「タブレット付きまちなかカートを使ってまちなかゆる歩き!!」を開催します。Surface 付きクラウドまちなかカート、クラウド(Azure)と連携した「ホコケンIoTシステム」を活用して、ホコケンメンバーである富山市に居住する65歳以上の高齢者と、富山大学の教職員・学生、三協立山職員、富山市職員が、富山市内の商店街を楽しみながら歩き、「ホコケンIoTシステム」の使い勝手や今後の地域実装に向けた方策を検討します。


【「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」概要】
●プロジェクト名:富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト
●参加機関:国立大学法人富山大学、三協立山株式会社、日本マイクロソフト株式会社、富山市
●実施期間:2016年6月26日(日)~2017年 6月25日(日)
●内容:
 Surface 付きクラウドまちなかカート、クラウド(Azue)と連携した「ホコケンIoTシステム」を活用し、富山市在住の高齢者の歩くことによる健康維持と健康寿命の延伸を目指すプロジェクト
・「Surface 付きクラウドまちなかカート」を使ったワークショップの実施
・「クラウドまちなかカート」による高齢者のカートの使用履歴、歩行履歴の確認
●富山大学:
・取り組み:プロジェクトマネジメント、プロジェクトの学術的検証
・目的:産学官民協働による歩行圏コミュティづくりモデルの開発
●三協立山:
・取り組み:プロジェクトで使用する「Surface 付きクラウドまちなかカート」の提供
・目的:安全で使いやすいカートの知見の取得
●日本マイクロソフト:
・取り組み:「ホコケンIoTシステム」の開発
 - Microsoft Azure、Surfaceなどによるまちなかカートのクラウド化
 - Power BIによる「ホコケンIoTシステム」のデータ視覚化
・目的:高齢者の健康増進に役立つ最新ITのモデル作り
●富山市
・取り組み:プロジェクトへ実証の為のフィールド提供
・目的:高齢者の交流促進・介護予防、中心市街地活性化

【第1弾イベント「ホコケンIoTシステム」の実装に向けた現地ワークショップ概要】
●イベント名:「ホコケンIoTシステム」の実装に向けた現地ワークショップ
「タブレット付きまちなかカートを使ってまちなかゆる歩き!!」
●主催:富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト
●参加対象:ホコケンメンバー(地域高齢者、学生、大学教職員、企業職員、富山市職員、商店街関係者など)
●日時:2016年6月26日(日)9:15~13:00
●内容:
・「富山発・高齢者向け ホコケンIoTプロジェクト」の開催式
・まち歩き:Surface 付きクラウドまちなかカート、クラウドと連携した「ホコケンIoTシステム」を試用しながら、参加メンバーがグループでまち歩きを楽しみます。
・検討会:「ホコケンIoTシステム」の使い勝手や今後の地域実装に向けた方策について話し合います。


■「Surface 付きクラウドまちなかカート」
■ プロジェクト概要図
【富山大学について】
 2005年10月に旧富山大学、富山医科薬科大学、高岡短期大学の3大学の再編統合により発足した8学部(人文、人間発達科学、経済、理、工、医、薬、芸術文化)から成る大型総合国立大学です。歩行圏コミュニティ研究会は、2009年9月に3キャンパス4学部7人の教員が中心となり結成した学部横断型研究会です。歩行圏コミュニティの実現に関するアクションリサーチに取り組んでいます。

【三協立山株式会社について】
 三協立山はグループビジョンとして「Life with Green Technology『環境技術でひらく、豊かな暮らし』」を掲げ、アルミ製の窓等の建材や各種産業用資材、店舗用什器、看板等を製造・販売する事業を国内外で展開しています。

【日本マイクロソフト株式会社について】
 日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト& クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、
「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。
 日本マイクロソフト株式会社 Webサイト:リンク

【富山市について】
 富山市は、日本海側のほぼ中央に位置し、水深1,000mの「海の幸の宝庫」富山湾から標高3,000m級の北アルプス立山連峰までの標高差4,000mの多様な地勢と雄大な自然を誇り、全国にその名が知られる薬業をはじめとする様々な産業と高度な都市機能、そして、多様な文化と歴史を有する日本海側有数の中核都市である。急速な少子・高齢化や本格的人口減少社会を迎える中、環境、経済、社会の3つの価値の総合的な創造による持続可能な都市を構築するため、「公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくり」に取り組んでおり、公共交通を活性化させ、その沿線に居住誘導するなどの施策を通じ、歩いて暮らせるまちへと都市構造を転換することで、高齢者にも優しい低炭素社会の実現を目指している。

2008年 「環境モデル都市」に選定
2011年 「環境未来都市」に選定
2012年 OECD(経済協力開発機構)の世界先進5都市の一つとして取り上げられる
2014年 国連SE4ALL「エネルギー効率改善都市」に日本で唯一選定
2015年 米国ロックフェラー財団「100のレジリエント・シティ」に選定
2016年 富山市においてG7環境大臣会合が開催


この件に関するお問い合わせ
マイクロソフト Answer Desk 窓口
電 話: 0120-54-2244



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。