logo

CA Technologies、ガートナー社のITプロジェクト・ポートフォリオ管理Magic Quadrant レポートにおいて2年連続「リーダー」に位置づけられる

日本CA株式会社 2016年06月20日 11時00分
From PR TIMES

CA Technologiesは、 米大手調査会社ガートナー社の“Magic Quadrant for IT Project and Portfolio Management Software Applications, Worldwide”*のレポートにおいて「リーダー」の位置付けを得たことを発表しました。

(2016年6月16日、ニューヨーク発)
CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は、 米大手調査会社ガートナー社の“Magic Quadrant for IT Project and Portfolio Management Software Applications, Worldwide”*のレポートにおいて「リーダー」の位置付けを得たことを発表しました。

同レポートによると、IT PPMソフトウェアの需要は継続的に増え続けており、2015年の世界市場の伸び率は7.4%、売上高は20億ドルを超えています。この状況は、市場の自然な変化に加えて、デジタル化によって促進される変化のペースが加速していることが要因です。しかし、デジタル化はIT分野のみに限りません。デジタル化はビジネスであり、サイロを超え、組織内や組織間に及びます。したがって、ITプロジェクト管理オフィス(PMO)を超えるためにIT PPMソリューションを求める圧力は今後も続くものと予想されます。この圧力が減退するとなれば、それは、これまでは無視されてきた分野(マーケティングや、アーキテクチャ、エンジニアリング、構築など)の固有の構成を通じて考える事が妥当です。又はERP、CRM、HR、アプリケーション・ライフサイクル管理(ALM)、その他無数に存在するクラウド・ソリューションなど、他のソリューションへの統合機能を通じて考える事も出来ます。

CA Technologies Agile Management担当ジェネラル・マネージャ、Angela Tucci氏
今日のアプリケーション・エコノミーで成功するには、企業は特定の領域を超えてビジネス・インサイトに素早くアクセスする必要があります。それによって、優れた意思決定を行い、市場の変化に即応する事が出来ます。CA Project & Portfolio Management( リンク )は、ビジネス投資のポートフォリオ全体に対して戦略とその実行を連携させ、重要なプロジェクト、製品、および財務上のインサイトを組織に提供し、組織がより素早く適応することを可能にします。

CA PPMでは、統合機能(CA Agile Central(旧Rally)のような、導入後に即利用できるソリューションなど)を経由して得られる多様なプロジェクトやポートフォリオからインサイトを収集することで、アプリケーション・ライフサイクル管理のニーズ、ERPソリューション、増大するRESTful APIを備えたその他の多くのアプリケーションをサポートすることができます。CA PPMは、クラウドおよびオンプレミス経由で利用可能であり、戦略的イニシアチブやリソースの優先度を設定するビジネス・リーダーの能力向上を促します。

ガートナー社は同レポートでソフトウェア・ベンダー9社に対して15の基準項目を評価しました。CA Technologiesは「リーダー」クアドラントに位置付けられたベンダー3社のうちの1社となりました。

2015年11月にCAは、ガートナー社の「Magic Quadrant for Integrated IT Portfolio Analysis Applications」**でもリーダーの位置付けを得ています。

本レポートの無償コピーを入手するには、『Magic Quadrant for IT Project and Portfolio Management Software Applications, Worldwide( リンク )』をクリックしてください。

* Gartner, Inc.「Magic Quadrant for IT Project and Portfolio Management Software Applications, Worldwide」Daniel B. Stang、Robert A. Handler、Teresa Jones共著。2016年5月24日刊行。

**Gartner, Inc.刊「Magic Quadrant for Integrated IT Portfolio Analysis Applications」、Daniel B. Stang、Jim Guggan共著。2015年11月30日発行。

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

CA Technologiesについて
CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、< www.ca.com >(米CA Technologies)、< リンク > (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、リンク をご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事