logo

「ミラーレス一眼カメラ撮影テクニック入門」eラーニングを動学.tvに公開

オンライン学習サイト「動学.tv」運営、eラーニング制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、月額2,800円(税込)で様々な動画講座が視聴し放題のクラウドeラーニングサービス「動学.tv(リンク)」に、「ミラーレス一眼カメラ撮影テクニック入門」の講座を6月24日に公開します。

今回公開する「ミラーレス一眼カメラ撮影テクニック入門」は、これからミラーレス一眼カメラで写真撮影を始める人を対象にした動画講座です。SNSにアップする写真をレベルアップしたい人にもオススメです。写真家の新藤修一氏が、初心者にも分かりやすく解説しています。
具体的な内容としては、家庭にあるシーリングライトを活用してクオリティ高い写真を撮る方法や、料理や人物を撮影する際のテクニック、連写機能を使った躍動感のある写真の撮り方などを解説しています。
さらに、収録時に撮影した写真データを講座内でダウンロード可能にしていますので、映像を視聴しながら実際の写真を確認することができます。

・講座名
ミラーレス一眼カメラ撮影テクニック入門

・講師
新藤 修一(しんどうしゅういち)
写真とMac、デジタルに詳しくあらゆるジャンルを手がける。天井4mのスタジオ設備を持ち、合成、データ作成まで対応可能。 ブログは、月間10万ページレビュー。写真、機材やPhotoshop等の話題が満載、世界五十ヵ国以上からアクセスがあり、人気ブログとなっている。
1990 NEWYORK ADC入選 2006 第59回広告電通賞雑誌第一部門優秀賞

・内容
・ミラーレス一眼カメラ撮影テクニック入門(約35分)
オープニング
1.ミラーレスカメラの魅力
2.シーリングライト(LED)を活用した撮影
 シーリングライト(LED)の利点
 果物を撮影
 焼酎ボトルとグラスを撮影
 皿を撮影
 皿を撮影(レフ版使用)
 撮影時の設定について
 腕時計を撮影(レフ版、ルーペを使用)
 人物の撮影(シーリングライト無し)
 人物の撮影(シーリングライト有り)
 人物の撮影(壁に反射した光を利用する)
3.料理の撮影
 料理の撮影
 上からの撮影
 料理を撮る場合のフレーミング
4.ケーキと紅茶セットの撮影
 レフ無しで撮影
 レフ有りで撮影
 夜の撮影(シーリングライト有り)
5.ミラーレスカメラのメリット
6.室内で人物を撮影する
7.連写
 走る人物を連写
 坂を下る自転車を連写
 ボール遊びする子供たちを連写


※シーンによって、シーリングライト(LEDライト)を使用しておりますが、実践するには家電量販店などで扱っている、コンセントからシーリングへの変換アダプターが必要になります。

下記URLでサンプル視聴できます。
リンク

・Youtubeにもサンプル映像を公開中
リンク

・講座紹介ページ(講座公開日より公開予定)
リンク


---------- 「動学.tv」特長 ----------
■月額2,800円(税込)で様々な動画講座が視聴し放題
■15年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
■インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
■クラウド型のオンデマンドストリーミング配信なので、時間、場所に束縛されない
■PCからだけではなく、iOS、Androidのスマートフォンやタブレット端末でモバイル視聴可能
■Word・Excel・CAD・DTP・DTM・映像編集・開発言語・WEBコースからTOEIC(R) TEST、ビジネスマナー・システム開発・情報セキュリティ・決算知識・財務諸表読み方・クレーム対応・メンタルヘルスまで幅広い分野のコンテンツ
■ナレーターがテロップ入りで懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
■自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
■常に最新の情報を、最適な方法で提供
■講座数は約600
■1講座約60分前後なので600時間前後がインターネットで学び放題
掲載されている会社名・商品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 広報 安藤亜樹
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 リンク
E-mail info@attainj.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://dougaku.tv/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。