logo

【FRONTIER】最大10コア20スレッドのモンスター級CPU「Broadwell-E」搭載デスクトップパソコン新発売

インバースネット株式会社 2016年06月17日 15時00分
From PR TIMES

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2016年6月17日(金)より、コンシューマー向けとしては初となる、インテル社製の最大10コアCPU「Broadwell-E(開発コードネーム)」を搭載したデスクトップパソコンの販売を開始しています。





■製品の概要

このたび発表する新製品は、インテル社製のCPUである第5世代 インテルCoreプロセッサー・ファミリー「Broadwell-E(開発コードネーム)」を搭載したデスクトップパソコンです。「Broadwell-E」は、最大10コア20スレッドとモンスター級の性能を誇るCPUで、高い処理能力を必要とする3D CADやゲーム、映像編集などにおいて、最高水準のパフォーマンスを発揮します。
高い性能と安定性で実績のあるASUS製[X99-Aマザーボード]や前面に20cmの大型ファンを備えたPhanteks製のケースなどを採用したフルタワーの≪GBシリーズ≫で4種類の構成をご用意しています。
基本モデルは、6コア12スレッドの[Core i7-6800K]をベースに8GBメモリ、1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 750 Tiを搭載しています。
また、10コア20スレッドの[Core i7-6950X]をベースにしたモデルは、32GBメモリや480GB SSD、3TB HDD、GeForce GTX 1080など最高峰のパーツを凝縮しています。どのモデルもフルタワーならではの幅広いカスタマイズに対応しますので、用途に合わせたお好みの構成をお選びください。

[画像: リンク ]



■製品の特長

<最大10コア20スレッド「Broadwell-E」>搭載
最大10コア20スレッドのモンスター級CPU「Broadwell-E」を搭載したデスクトップパソコンは、パフォーマンスを犠牲にすることなく、CPU負荷の高いプログラムを同時に複数実行できます。
また、新機能の『Intel Turbo Boost Max Technology 3.0』により、プロセッサーの最速コアを特定し、最も重要なワークロードをそのコアに割り当てることで、シングルスレッド・パフォーマンスが15%以上向上します。


<安心と信頼のASUS製X99-Aマザーボード>採用
マザーボードには、高い性能と安定性に実績のあるASUS製『X99-A』を採用しました。
LGA2011-v3ソケットと完全互換のある、ASUSが独自開発したCPUソケット「OC Socket」が、CPUへの安定した電圧供給とDDR4メモリの安定動作を向上させます。 また、オーディオ回路に日本製のオーディオコンデンサを採用し、徹底したノイズ対策により高レベルな音質を実現します。
その他にも次世代規格である32Gb/s M.2ソケットを1つ、10Gb/s SATA Expressを1つ装備しています。


<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。
また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2016年6月17日(金)より販売を開始いたします。


▼第5世代 インテル Coreプロセッサー・ファミリー「Broadwell-E」搭載パソコンはこちらから
リンク


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容: 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品: 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。