logo

ストラテジック・オポチュニティーズ・ファンド2016年号のファイナルクローズ

Hamilton Lane 2016年06月17日 10時10分
From 共同通信PRワイヤー

ストラテジック・オポチュニティーズ・ファンド2016年号のファイナルクローズ

AsiaNet 64800

ベラカヌイド、ペンシルバニア州、2016 年 6 月 17 日/PRNewswire / -- プライベート市場における世界的な大手運用会社であるハミルトン・レーンは、本日ストラテジック・オポチュニティーズ・ファンド2016年号のファイナルクローズを発表いたしました。同ファンドの募集は、当初の目標金額1億5000万ドルを超え、2億1000万ドルのLP投資家のコミットメントを集めました。

同ファンドは、短期間の投資・リスク調整後のリターンを求めるLP投資家への、ユニークなソリューション提供を目的として作られました。1年の投資期間で毎年のシリーズとして設定、同ファンドは一貫性のあるキャッシュ利回りを持つクレジット関連の投資をすることに焦点を当てます。

ハミルトン・レーンのCIOであるエリック・ハーシュは、「弊社は我々の顧客へのソリューション提供のために、グローバルなプライベート市場における我々のプラットフォームを利用することに注力しています」、「低金利・パブリック市場の環境・プライベート市場におけるクレジットが、アクセス可能なユニークな代替投資の手段を生み出します」と語りました。

同ファンドは、世界中のハミルトン・レーンの既存・新規の投資家から成り立ち、これには保険会社・労働組合・年金基金・大学/財団・ファミリーオフィス・その他の金融機関が含まれます。

ハミルトン・レーンは、狙いとする戦略、即ちクレジット関連の直接投資及び共同投資の分野で、積極的な投資家として長年関わってきました。今回のファンドは同種のものとしては第2号になりますが、ハミルトン・レーンが17年以上にわたって築き上げた、クレジット市場におけるプラットフォームの延長線上にあるものです。

「80人を超えるプライベート市場専業のプロフェッショナルから成る投資チーム・グローバルのプラットフォーム・業界における強固なネットワークが、我々の巨額なディールフローへのアクセスを可能にしています」、「我々は同ファンドが、利回りと魅力的なリターンを求める投資家にとって、魅力的なソリューションを提供できると信じている」と、マネージングディレクターのドリュー・シャルトは語りました。

▽ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)について
ハミルトン・レーンは独立したオルタナティブ投資運用会社であり、世界中の高度な投資家に革新的なプライベート市場のソリューションを提供しています。同社は20年以上にわたりプライベート市場の投資に注力し、現在、250人以上の雇員が米国、欧州、アジア、中南米、中東のオフィスで活動しています。総資産2500億ドル以上を運用、管理している(1)ハミルトン・レーンは、あらゆる投資商品・サービスを提供しており、これにより、顧客はグローバルかつ特注ベースでプライベート市場の資産クラスに参加することができます。

www.hamiltonlane.com

(1)2016年3月31日現在

ソース  Hamilton Lane

お問い合わせ: ケイト・ディロン、kdillon@prosek.com、+1.212.279.3115 ext. 115

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。