logo

高齢者向け癒しロボット、「いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん」発売開始のお知らせ

ピップ&ウィズ株式会社 2016年06月17日 10時37分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月17日

ピップ&ウィズ株式会社

高齢ご家族へのプレゼントに大人気のコミュニケーションロボット
発話機能や操作性を向上させた後継モデル
いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん
6月17日(金)販売開始

ロボットの企画、開発、販売を手掛けるピップ&ウィズ株式会社(大阪市中央区、代表:横井昭裕)は、コミュニケーションロボット「うなずきかぼちゃん」の発話機能や操作性を向上させた後継モデル「いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん」を2016年6月17日より全国の百貨店、介護ショップ、インターネット通販、Amazon限定かぼちゃん通販(リンク)などで販売開始します。

「うなずきかぼちゃん」(以下、かぼちゃん)(高さ約28cm、重さ約680g)は、3歳の男の子をイメージしたかわいい外見。音や光などを感知する5種のセンサー及びスイッチにより、話しかけるとうなずきながら発話し、コミュニケーションを促す癒しロボットです。対話や接する時間により発する言葉が増えたり、歌を長く歌えるようになったりする成長機能を備えています。

後継モデルは、より生活に寄り添う人にやさしい製品とするため、設定を簡易にできるようにし、発話内容の充実や歌う曲数を増やすなど、利用者の声を元に機能を向上させています。

            ◇           ◇           ◇

従来モデルの販売開始以来かぼちゃんは、元気なシニアの方から、要介護状態にある方や認知症のある方まで幅広くご愛用いただき、高い評価を得ています。特に高齢のご家族へのプレゼントとして購入される方が多く、「ひとり暮らしの母の寂しさを紛らわせてくれている」、「母の笑顔、会話が増えた」など、喜びの声も寄せられています。

現在、かぼちゃんは、岡山市が総合特区事業の中で最先端の介護機器を独自に利用者負担1割で貸与する「介護機器貸与モデル事業」(※1)において対象機器として選定されています。
さらに、大阪市立大学大学院医学研究科との共同研究により、利用者の認知機能向上、抗疲労、癒し効果が確認されています。(添付資料(1)参照)

当社は、今後も介護分野をはじめとした社会課題の解決や、多くの生活者の生活の質(QOL)の向上のために役立つより良い製品づくりで、豊かな社会の形成に寄与してまいります。


「いっしょに笑おう!うなずきかぼちゃん」の概要
 リンク
■ 機能等改良点
・発話(セリフ)の種類を約400種から約450種に増加
・ユーザーのリアクションを受けて応える「つながり語」を
採用、より会話がスムーズに
・時間、曜日、季節に合わせた発話が増加
・要望が多かった歌の曲数を5曲から13曲に増加
・初期設定項目を5工程から2工程にし、
短時間で設定できるよう操作性を向上
・バックアップ電池を備えることで、乾電池の交換を
しても再設定が不要に
・音質を向上し、さらに高齢者が聞き取りやすく改善
・ビタミンカラーの黄色のTシャツとサスペンダー付パンツで
可愛らしい元気さを演出
■ メーカー希望小売価格: 25,000 円(税抜)
■ 発売日: 2016年6月17日
■ サイズ: 高さ約28cm、重量約680g(乾電池含まず)
■ 電源:単2形アルカリ乾電池4本使用(別売り)、CR2032コイン形電池1個(付属)
■ 品質表示: 本体:ポリエステル、電池ボックス:ABS 樹脂
■ 販売地域: 全国
■ 販売チャネル:全国の百貨店の介護用品売り場、介護ショップ、インターネット通販
                 Amazon限定かぼちゃん通販(リンク)等
         *ショップ独自の販売企画によって価格が異なることがあります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。