logo

金沢工業大学「demura.netチーム」がドイツで開催される人工知能を使った生活支援ロボットの世界大会に出場

金沢工業大学 2016年06月16日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学の「demura.netチーム」が、ドイツ・ライプツィヒで6月30日(木)から7月4日(月)まで開催される、人工知能を使った生活支援ロボットの世界大会「ロボカップ@ホーム」に出場する。一行は6月26日に小松空港を出発し、7月6日に帰国。報道関係の方々を対象とした「demura.netチーム」のデモンストレーションを6月22日に開催する。


■「demura.netチーム」生活支援ロボット デモンストレーション

・日 時: 6月22日(水) 15時30分から16時30分まで
・会 場: 金沢工業大学やつかほリサーチキャンパス FMT研究所74−206室
   以下のやつかほリサーチキャンパスマップWebページで「M」と表示された建物
   リンク

「demura.netチーム」メンバー:
・永島一輝さん(ロボティクス学科4年)
・榎本光洋さん(ロボティクス学科3年)
・山川武聖さん(ロボティクス学科2年)
・出村賢聖さん(明聖高等学校3年/金沢工業大学夢考房Junior所属)
・指導教員 ロボティクス学科 出村公成教授

 「ロボカップ@ホーム」は、キッチンやリビングルームといった日常生活環境で、人工知能を搭載したロボットが人の役に立ち、人と共に暮らしていくための技術を競う競技会である。
 2LDK程度のモデルルームの中で、ロボットが人間の音声指示に従い、棚にあるペットボトルやお菓子を取りに行ったり、人に追従して自律的に移動するなどの動作を行う。
 「demura.netチーム」は、2015年7月に中国・合肥で行われた世界大会では日本勢トップの第9位、2016年3月に愛知県で行われたジャパンオープンでは初優勝している。

 「demura.netチーム」世界大会審査ビデオはこちらから
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7−1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp
              

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事