logo

Aras、CRYSTALイベントにてAirbusとIBMとALM-PLM連携のオープンリファレンスアーキテクチャを出展

メカ、エレキ、ソフトの異なるライフサイクルドメインにまたがる相互運用によってシステムズエンジニアリングアプローチをサポート

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、スペインのマドリードで6月15日・16日に開催されるCRYSTALコンソーシアム主催の「Final Dissemination Event」に参加することを発表しました。Arasは、Airbus、IBMと共にALM-PLMオープンリファレンスアーキテクチャの実装について展示およびデモを行います。

詳細およびお申込みはこちら: リンク

CRYSTAL コンソーシアムは、欧州10ヶ国の68の企業・団体で構成されています。企業から対象分野の専門家、学術機関まで様々なパートナーが加入しており、航空宇宙、自動車、鉄道および医療業界を対象にしています。

メカ、エレキ、ソフトとファームウェアを含む異なるライフサイクルドメイン間で相互運用を可能にすることにより、ますます複雑になる製品に対するシステムズエンジニアリングへのアプローチをサポートし、既存システムのリプレースによる混乱やリスクを招くことなくコラボレーションや調整、管理を改善する取り組みを行っています。

リファレンステクノロジープラットフォーム (RTP)と相互運用仕様(IOS)の過去のプロジェクトの結果に基づき、企業での利用に耐えうるよう機能を充実させています。その取り組みは、システム、ツールおよびプラットフォームを緩やかに結合させ、オープンなWebスタンダードとテクノロジーをベースとしたデータ連携および情報共有を実現するものです。

CRYSTALの取り組み詳細はこちら:リンク

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineering(ものづくりのビジネス全体を効率化)を実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関してはウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2016年6月15日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。
※※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。