logo

結婚式で花嫁(娘)から父親へのサプライズ。「父の日」にパナソニックが贈るドキュメンタリー動画「LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう」公開

パナソニック 2016年06月16日 00時00分
From PR TIMES

父親へ感謝の想いを伝えていない女性66.7%。でも本当はカタチにして伝えたい。普段なかなか想いを伝えられない父親へ、花嫁(娘)が世界で一着のドレスでサプライズを贈る!



[画像: リンク ]



パナソニック株式会社は、2016年6月19日(日)の「父の日」に向けて、同社の「ふだんプレミアム」シリーズの洗濯機を題材としたウェブ動画『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』を、2016年6月16日(木)0時より公開します。
家電の新しい役割として「もっと家族を愛するために、もっと暮らしを特別にする」を提唱する「ふだんプレミアム」シリーズにちなんで、本動画では、花嫁(娘)から普段なかなか想いを伝えられない父親へ、結婚式当日に、感謝の気持ちと愛情を込めたサプライズを贈る軌跡をドキュメンタリー形式で描いています。言葉ではなく、カタチで感謝の気持ちと想いを伝えることを選んだ花嫁の、世界で1着のドレスを作る過程と、そのドレスが式当日にお披露目されるまでのリアルな表情と愛情あふれるやり取りを描き出しています。

▼[動画]『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう (#ShowYourLove)』
リンク

[動画: リンク ]



▼『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』 特設サイト
リンク

日本人は他国の人々と比べると、感謝の気持ちや愛情をあまり表に出さない国民性と言われています。今回、20代の娘世代の女性と父親を対象に実施した調査(※)でも、「父の日」がいつかわからない女性が65.3%もおり、父親へ愛情など想いをカタチにして伝えていない女性が66.7%に上るなど、多くの女性が「父の日」を重視せず、父親に対する想いをカタチにしていないことがわかりました。一方、女性が本音では「もっと想いをカタチにして伝えたい」(60.7%)と考えていることもわかりました。
※2016年6月 パナソニック調べ

パナソニックでは2016年の「父の日」によせて、結婚式の披露宴当日に花嫁(娘)が父親にサプライズをプレゼントする動画を制作。『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』と題したこの動画では、“なんでもない毎日に感謝する気持ちを描く”というテーマのもと、花嫁から、普段なかなか想いを伝えられない父親へ、感謝の気持ちと愛情を込めたサプライズを贈る様子を描いています。

「手紙や言葉ではなく、何か違った形で感謝の気持ちを表現したい」という花嫁が考えたサプライズ演出とは、昔、父親が着ていた白衣や家族の思い出がいっぱいの服で仕立てたオリジナルドレス“LOVE DRESS”を着て、披露宴を迎えることでした。動画は、花嫁が子どもの頃の写真を見たり、家族旅行のエピソードを話したりしながら、デザイナーとアイデアを出し合い、“LOVE DRESS”を完成させ、式当日にお披露目されるまでの軌跡を追うドキュメンタリー仕立てになっています。なんでもなかった昔の服が、家族の想いが詰まった、世界で一着のドレスに姿を変える。それを着て、披露宴本番で日頃の感謝や愛情を伝える新婦と、思いがけないサプライズに感動する父親の姿を通じて、「#愛してるをカタチにしよう」というメッセージを印象的に伝えます。このウェブ動画をご覧になった方々も、家族への想いをカタチにして伝えてみようと、きっと思うはずです。

【撮影エピソード】
開業医だったお父様と、そこで検査技師として働いていたお母様のもとに生まれ、自らも医師となった花嫁(娘)。そんな花嫁にとって、父の象徴でもあり家族の象徴とも言える「白衣」はとても思い入れの深い服でした。そのため、今回の“LOVE DRESS”は主に花嫁と両親の3着分の白衣を生地として使用しています。
さらに、「子どもの頃からのアルバムを見て、一つひとつの思い出を振り返ったら、家族への想いがたくさん溢れてきました」という花嫁の言葉を受けて、家族旅行の時に着ていたお姉様のストライプシャツや、花嫁とお父様が二人で九州を旅行した時の花嫁の黄色いワンピース、そしてお父様のポロシャツなどもデザインの要素として追加されることに。それぞれの服はパナソニック洗濯機の温水泡洗浄できれいに洗濯され、ドレス生地へと生まれ変わり、家族との思い出と花嫁の感謝の想いが詰まった、世界で一着のドレスになりました。ドレスの試着、そして披露宴当日のお父様の反応は・・・詳しくは動画をご覧ください。

▼[動画]『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう (#ShowYourLove)』
リンク
▼『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』 特設サイト
リンク

【コスチュームデザイナー SERIKA氏 プロフィール】
今回、花嫁が着た“LOVE DRESS“の仕立ては、コスチュームデザイナーのSERIKA氏が担当しました。
略歴:東京田中千代服飾専門学校(現・専門学校 田中千代ファッションカレッジ) 専攻科 卒業。フリーのコスチュームデザイナーとして、映画、スチール、ショー、イベント、舞台などの分野で活動中。さまざまなアートディレクター、フォトグラファー、映画監督とコラボレートし、斬新さと美しさにこだわったコスチュームをデザイン、製作している。

【本件に関するお問い合わせ先】
ふだんプレミアム 「LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう」広報事務局
東京都中央区築地5-6-4 浜離宮三井ビルディング7F 株式会社電通パブリックリレーションズ内
TEL: 03-5565-2766 FAX: 03-3542-0640 担当:小濱

<関連情報>
・ふだんプレミアム
リンク
・パナソニック 洗濯機
リンク

●「ふだんプレミアム」とは・・・
パナソニックが掲げる新しい家電のコンセプト。豪華や贅沢なものだけがプレミアムではなく、日常にあるくつろぎや和みなど、「なんでもないふだんの中にこそ、宝物がある」といった意味が込められています。「ふだんプレミアム」では、もっと家族を愛するため、ふだんの暮らしをもっととくべつに、もっとていねいにするために、これからの家族の価値観に寄りそう家電製品を提案しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。