logo

父の日にパナソニックが贈るドキュメンタリー動画 「LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう」

パナソニック株式会社 2016年06月16日 00時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月16日

パナソニック株式会社

結婚式で花嫁(娘)から父親へのサプライズ。
「父の日」にパナソニックが贈るドキュメンタリー動画
「LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう」公開
父親へ感謝の想いを伝えていない女性66.7%。でも本当はカタチにして伝えたい。
普段なかなか想いを伝えられない父親へ、花嫁(娘)が世界で一着のドレスでサプライズを贈る!

 パナソニック株式会社は、2016年6月19日(日)の「父の日」に向けて、同社の「ふだんプレミアム」シリーズの洗濯機を題材としたウェブ動画『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』を、2016年6月16日(木)0時より公開します。家電の新しい役割として「もっと家族を愛するために、もっと暮らしを特別にする」を提唱する「ふだんプレミアム」シリーズにちなんで、本動画では、花嫁(娘)から普段なかなか想いを伝えられない父親へ、結婚式当日に、感謝の気持ちと愛情を込めたサプライズを贈る軌跡をドキュメンタリー形式で描いています。言葉ではなく、カタチで感謝の気持ちと想いを伝えることを選んだ花嫁の、世界で1着のドレスを作る過程と、そのドレスが式当日にお披露目されるまでのリアルな表情と愛情あふれるやり取りを描き出しています。

 ▼[動画] 『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう(#ShowYourLove)』  リンク
 ▼『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』 特設サイト 
  リンク

■「父の日」がいつかわからない女性、65.3%。父への想いも本音ではカタチにして伝えたいが、伝えられていない。
日本人は他国の人々と比べると、感謝の気持ちや愛情をあまり表に出さない国民性と言われています。今回、20代の娘世代の女性と父親を対象に実施した調査(※)でも、「父の日」がいつかわからない女性が65.3%もおり、父親へ愛情など想いをカタチにして伝えていない女性が66.7%に上るなど、多くの女性が「父の日」を重視せず、父親に対する想いをカタチにしていないことがわかりました。一方、女性が本音では「もっと想いをカタチにして伝えたい」(60.7%)と考えていることもわかりました。※2016年6月 パナソニック調べ
■花嫁(娘)の父親への感謝の想いをカタチにした”LOVE DRESS”制作過程を追う、ドキュメンタリー動画。

 パナソニックでは2016年の「父の日」によせて、結婚式の披露宴当日に花嫁(娘)が父親にサプライズをプレゼントする動画を制作。『LOVE DRESS #愛してるをカタチにしよう』と題したこの動画では、“なんでもない毎日に感謝する気持ちを描く”というテーマのもと、花嫁から、普段なかなか想いを伝えられない父親へ、感謝の気持ちと愛情を込めたサプライズを贈る様子を描いています。 
 「手紙や言葉ではなく、何か違った形で感謝の気持ちを表現したい」という花嫁が考えたサプライズ演出とは、昔、父親が着ていた白衣や家族の思い出がいっぱいの服で仕立てたオリジナルドレス”LOVE DRESS”を着て、披露宴を迎えることでした。動画は、花嫁が子どもの頃の写真を見たり、家族旅行のエピソードを話したりしながら、デザイナーとアイデアを出し合い、“LOVE DRESS”を完成させ、式当日にお披露目されるまでの軌跡を追うドキュメンタリー仕立てになっています。なんでもなかった昔の服が、家族の想いが詰まった、世界で一着のドレスに姿を変える。それを着て、披露宴本番で日頃の感謝や愛情を伝える新婦と、思いがけないサプライズに感動する父親の姿を通じて、「#愛してるをカタチにしよう」というメッセージを印象的に伝えます。このウェブ動画をご覧になった方々も、家族への想いをカタチにして伝えてみようと、きっと思うはずです。




 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。