logo

LIM AdvisorsはAMP Capitalに対しユニットホルダーがAGFの将来を決定することを認めるよう要請

LIM Advisors 2016年06月15日 18時01分
From 共同通信PRワイヤー

LIM AdvisorsはAMP Capitalに対しユニットホルダーがAGFの将来を決定することを認めるよう要請

AsiaNet 64790(0740)

【シドニー2016年6月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*LIMは、AMP Capital China Growth Fund(AGF)のユニットについて純有形資産(NTA)の割引率は依然受け入れがたいと判断、その運営主体(Responsible Entity、以下RE)に対し、ユニットホルダーが今後同社の将来を決めることを認めるよう要請した。

*LIMは、AGFファンドはREの決定にもかかわらず「目的に十分かなって」いないと判断している。その理由は、発行以来そのベンチマークが不振を続けていることと、AGFの平均割引率が発行以来、受け入れがたい20%を続けていることである。

*LIMは、REがAGFファンドに対する責務に影響する深刻な利害対立を抱えていることを懸念しており、REはもはやユニットホルダーに対し、AMP Capitalとの期間10年の投資運用契約の更新に関し投票を提案する意図がないため、ユニットホルダーが同ファンドの将来について投票できるようすべきであると判断する。

*このためLIMは、REが7月のユニットホルダー総会でAGFを終了させる決議を追加提案するよう要請した。

オーストラリア証券取引所(ASX)上場のAMP Capital China Growth Fund(以下「AGF」)の第2の独立のユニットホルダー(投資者)であるLIM Advisorsは、同ファンドが実際に「目的にかなって」いるか疑問を呈しており、これまでAGFを運営してきたResponsible Entity(責任主体)であるAMP Capital Funds Management Limited(以下「AMP Capital」)に対し、7月末の臨時ユニットホルダー総会でホルダーがAGFを終了させるかどうかを決定できるよう要請した。

▽ディスカウント・クロージング・イニシアチブは無効
現在AGFの既存ユニットの9.98%を保有するLIM Advisorsは2015年7月、AMP Capitalに書簡を送り、AGFユニットの割引率に対処するよう要求した。同ファンドが2006年12月に発行されて以来、割引率が平均20%と高すぎるためだ。

AMP Capitalは8月、同ファンドの戦略的再検討へのアドバイスを受けるためゴールドマン・サックスを採用。10月、割引率に対処するため多くの戦略的強化策を発表、割引レファレンス・ポイントが15%であることを明らかにした。AMP Capitalはユニットホルダーに対し、これらの強化策が稼働するまで6カ月間(すなわち2016年3月31日まで)の猶予を要請、この強化策の効果を検討するため内部の「目的にかなっているかどうか」検討会(Fit for Purpose review)を行う方針だと述べた。

LIM Advisorsのポートフォリオ・マネジャー、ニック・パリス氏は、これらの変化は十分でないと判断。2015年10月にAGFユニットホルダー会議(以下「EGM」)を開き、AGFの割引上限10%を課するために同ファンドの規約を改正するよう要請した。

パリス氏は「この行動について、われわれはほかのAGFユニットホルダーから少なからぬ支持を受けた。しかしながらわれわれは、REからそうした会議は止めて、強化策が機能し効果を上げるまで待つよう説得を受けた。その際、ユニットホルダーが強化策の効果を再検討できるように、2016年7月にユニットホルダーの会議を開くというのが前提だった」と述べた。

▽最近のFit for Purpose 検討会の結果
AMP Capitalはいまや検討会の結論を下した。AMP Capitalは2016年5月20日、同ファンドは「目的にはかなって」いたが、さらに多くの新たな強化策を提案すると発表した。しかしながら、AMP独自の目標割引率15%に短い言及があっただけで、LIMが主張した上限割引率10%には言及がなかった。

パリス氏は、AGFは「目的にかなって」いないというのがLIMの見解だと述べた。その理由として、発行以来そのベンチマーク・インデックスは業績不振であり、AGFユニットの平均割引率は創設以来、受け入れがたい20%を続けていることを挙げた。

パリス氏は「重要なのは、最近6カ月間のレビュー期間中の割引率はずっと20%のままで変化がなく、AMPの目標15%やLIMの10%上限を大きく上回っており、これはユニットホルダーにとって受け入れがたい」と語った。

同氏はまた「このユニットの市場価値とユニットを支える実際の資産との間の20%の割引率は、すべてのAGFユニットホルダーにとって膨大な損失を意味するものであり、AMPの強化策は、深刻な割引率の縮小のために有効に機能しなかったことは明白である」と述べた。

2016年5月20日、AMPは、AGFの潜在的投資リターンの向上を図るための投資権限の変更を含む新たな8件の強化策を発表した。
パリス氏は「われわれはこれらの新しい強化対策におおむね賛同しはするが、われわれの意見ではこれらの策もファンドの割引率を縮小させるにはまたしても不十分ということだ」と語った。

▽AGFディスカウントの解明
LIMによると、AGFのディスカウント(値下がり)はファンドが中国A株基準を上回る運用に失敗したほか、オーストリア国内の中国A株投資に対応する市場で十分な需要がないためである。

「端的に言うと、得られる需要から見てファンドは規模が大きすぎた。従ってAGFは需要に見合うようにその規模を修正するために、発行済みユニットを償還する必要がある」とパリス氏は述べた。

2015年8月にLIMはAMPに対して、運用成績の改善を目指して投資手法を見直すよう要請したが、その要請は無視された。この見直しは10カ月以上遅れて現在AMPが提案しているが、見直しが成果を出すまでにはしばらく時間がかかるだろう。AMPはユニットNTAから償却費用を差し引いた価格で発行済みAGFユニットの最大15%を買い戻す償却提案を出している。さらに市場に出回るユニットの最大5%を12カ月間にわたって買い戻す計画だ。

パリス氏は以下のように述べた。
「AMP CapitalはNTAから償却費用を引いた価格でユニットを無制限の規模で償却する提案を出すべきだと信じる。ユニット保有者はユニットを、現在0.81豪ドルの市場価格より高い純資産価値の1.00豪ドルに近い価格で売れるようにする必要があると確信するためだ」

「この要請がAMP Capitalを難しい立場に追い込むことは認める。償却によって必然的に発行済みユニット数は減少し、AMP Groupに支払える運用費が減少するからだ。その額は2015年には1060万豪ドルに上った」

▽ユニット保有者が7月末の臨時総会(EGM)でAGFの今後を決める
AMPは7月末にユニット保有者の臨時総会を開催し、そのため6月下旬に総会通知を発送すると約束した。総会では昨年10月以来の動きと最新の改善策についてユニット保有者の同意を求める。

REが打ち出した過去および最新の改善策がAGFユニットの下落を大幅に減らしたとは、LIMは考えない。REが子会社AMP Capitalのために現行の投資運用契約の延長をユニット保有者に同意を求め、2016年11月に10年の契約期間が終了することが無視されている最新の年次報告書の記述も懸念される。

パリス氏は以下のように語った。
「AMP Capitalがユニット保有者の同意投票なしでファンドの運営に再びかかわる代替案をREは提案した。AMP Capitalがファンド立ち上げ以来の基準を下回る運用成績と大幅値下がりについて説明する機会をユニット保有者が持つことを、AMPは望んでいないとLIMは考える」

「これはファンドの運用方法を巡るコーポレート・ガバナンス(企業統治)の弱さと、REに対する独立的な監視がなされていない証拠である」

「AGFのユニット保有者は設立以来10年が過ぎたファンドの成績について検証する機会を持つべきだと確信する」

「その結果われわれは、REが7月の総会でAGF清算提案を追加するよう要求した」

▽LIM Advisors
LIM Advisors Limitedはアジア太平洋地域を対象とするマルチ戦略投資グループである。1995年ジョージ・W・ロングによって創設され、当初社名はLong Investment Management Limited(LIM)だった。香港に本拠を置いて幅広くこの地域をカバーし、その後に東京、北京、ロンドンに調査事務所を設けた。LIMはこの地域全域に広範な投資知識を持ち、創業以来金融や株式に投資している。

▽背景
AGFはAMPが中国A株で投資・運用するオーストラリア証券取引所(ASX)上場ファンド。2016年6月10日時点のNTAは4億7200万豪ドル、時価総額は3億8200万豪ドルで、ユニットは19%ディスカウントで取引されている。

LIM Advisorsはアジア(中国を含む)の債券、株式、クローズド・エンド・ファンドの機関投資家。運用資産は約17億米ドルで、傘下の2つのファンドが2010年以来AGFに投資しており、現在はAGF発行済みユニットの9.98%を保有する。

ソース:LIM Advisors

▽報道関係問い合わせ先
Shane Murphy / Jon Snowball
FTI Consulting
+ 61 9485 8888 / + 61 2 8298 6100
shane.murphy@fticonsulting.com /jon.snowball@fticonsulting.com

▽投資家問い合わせ先
Nick Paris
LIM Advisors
+44 7738 470550
nick.paris@limadvisors.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事