logo

ショーケース・ティービー、英国の有力AR/VR(拡張現実/仮想現実)エンジン提供企業 Kudan Limitedと業務提携して商品の共同開発を実施

株式会社ショーケース・ティービー(東京都港区赤坂、代表取締役社長:森 雅弘 以下、当社)は、スマートデバイスを活用したARおよびVRエンジンとプラットフォームを開発・提供する英国のKudan Limited(Bristol,United Kingdom、代表取締役:Tomo Ohno 以下、Kudan Limited)と業務提携を行い、同社の優れた画像認識技術・映像融合技術を活用した新商品開発のための企画及び研究開発を実施することをお知らせいたします。



■業務提携の背景
当社は2016年1月に研究開発機関「Showcase Lab.」を設立し、Web情報の分析技術、Web端末認識技術、ビッグデータ解析と機械学習(ディープラーニング)をはじめ、AR/VR、O2O、FinTech、ユーザ与信分析、IoT分野に関する研究を実施していますが、当社の顧客基盤の中でもAR/VRに関するニーズは高まりつつあります。
また、英国投資銀行Digi-Capitalによれば2020年にはAR市場は1,200億ドル、VR市場は300億ドルのマーケットになると予測されています。
このような市場ニーズの高まりを受け、当社は、独自のAR/VR技術とプラットフォームを提供する英国の有力企業であるKudan Limitedと業務提携し、新商品開発のための企画及び研究開発を実施することとなりました。

■AR/VR技術について
AR(Augmented Reality:拡張現実、以下AR)は、スマートフォンやゴーグル型デバイス等を通し、現実世界にはないものをバーチャルとして投影し、実際の景色や画像に3D映像や音を融合させる技術です。ARは、機器の操作支援などインダストリアル業界、建築・不動産業界でのレイアウトシミュレーション、施設案内ガイド等ナビゲーション、教育、医療、販売促進など多くの実用分野での活用が期待されています。
一方、VR(Virtual Reality:仮想現実、以下VR)は全てバーチャルの映像となります。ゲームでVR技術を活用した場合、利用者は非現実映像空間の中に没入できることが特徴です。VRは主にエンターテイメント分野での活用が期待されています。

■Kudan Limitedについて
Kudan Limitedは、精度の高い独自のAR/VR技術開発・提供とプラットフォーム運営を行う企業です。欧州においては、Moma AwardsやThe Webby Awardsなど数々の賞を受賞しており、IKEA、PEPSI、View AR、Audi、Dyson、BBC、e-Bayなどの大手企業にARエンジンの供給を行っています。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

  
※技術詳細に関する動画:

[動画1: リンク ]



           
[動画2: リンク ]



■業務提携による効果
当社は、前述の強みを持つKudan Limitedとの協業により、当社の保有する顧客基盤とWebマーケティング支援に関する技術とノウハウを活用し、金融業界、不動産業界、EC業界などのクライアントに対して新たなソリューションを提供していく予定です。

■Kudan Limited 概要
代表取締役 :Tomo Ohno
本社所在地 :10 Unity Street Bristol BS1 5HH, United Kingdom
設立    :2011年1月
事業内容  :AR/VRエンジン及びプラットフォームの開発・提供
URL    :リンク

【株式会社ショーケース・ティービー 会社概要】
 東証マザーズ 証券コード:3909
・本社所在地   :東京都港区赤坂3-21-13 昭栄赤坂ビル4F
・代表取締役社長 :森 雅弘
・設立      :1996年2月1日
・事業内容    :Webサイト最適化技術により成約率を高める「ナビキャストシリーズ」の提供および
          DMPを活用したWebマーケティング支援
・URL      :リンク

■お問い合わせ
株式会社ショーケース・ティービー 経営企画室 広報
担当:島田
電話:03-5575-5102
eメール:info@showcase-tv.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。