logo

ICTを活用し夏休みの宿題を“一律”から“個別”に「マイ・サマー・ワーク」を全国11都府県の中学校・高校が実施

株式会社 すららネット 2016年06月15日 11時00分
From PR TIMES

人工知能✕アダプティブ・ラーニング!クラウド型学習システム「すらら」 オンライン学習で生徒一人ひとりに必要な課題を抽出、夏休みの課題として個別配信

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、クラウド型学習システム「すらら」を展開しています。「すらら」を導入する全国の私立中学校・高等学校のうち14校が生徒一人ひとりに合わせた内容の夏休みの課題を与える「マイ・サマー・ワーク」を今年の夏季休業より実施します。



「マイ・サマー・ワーク」は、夏休みの宿題として、従来のプリントやドリルによる一律の課題ではなく、「すらら」を活用することで生徒一人ひとりが抱えている弱点や課題を抽出、必要な課題を個別に夏休みの宿題として一斉配信するものです。

多くの学校様において、クラス内の学力格差の問題を抱えており、一律の課題では上位層にとっては物足りず、下位層にとっては難し過ぎて解答することができない、という現場の声を伺います。理想は、生徒個々に最適な問題を提示することですが、教員の作問や説明、採点の負荷を考えると、従来ほぼ不可能な状況でした。学力の向上のためには生徒への個別対応が欠かせませんが、「すらら」を活用することで教員の負荷を増やすことなく、個に対応する学習を与えることを実現することができます。

また、政府の「教育再生実行会議」では、「多様な個性が長所として肯定され生かされる教育への転換をICT活用や関係機関との協働・連携によって実現していく」ことを掲げており、教育現場ではICTを活用して個にフォーカスした教育が推し進められています。

すららネットでは、アダプティブラーニングの機能で特許取得している「すらら」を用いて、今後も生徒の学力向上に向けた教育サービスの提供に尽力してまいります。

■実施校 ※校名非公表1校
・若松第一高等学校(福島県会津若松市)
・新発田中央高等学校(新潟県新発田市)
・聖望学園中学校・高等学校(埼玉県飯能市)
・東京立正中学校・高等学校(東京都杉並区)
・玉川聖学院中等部・高等部(東京都世田谷区)
・光明学園相模原高等学校(神奈川県相模原市)
・アレセイア湘南中学校(神奈川県茅ヶ崎市)
・追手門学院大手前中学校(大阪府大阪市中央区)
・桃山学院中学校(大阪府大阪市阿倍野区)
・神戸国際中学校・高等学校(兵庫県神戸市須磨区)
・広陵高等学校(広島県広島市安佐南区)
・大和青藍高等学校(福岡県直方市)
・鎮西学院高等学校(長崎県諫早市)

■「マイ・サマー・ワーク」を実施する学校様の声
●聖望学園中学校 高等学校 関 純彦 学校長(埼玉県飯能市)
本校の生徒は学力格差が大きいため、紙教材を用いた一律の課題を実施しても有効ではありませんでした。生徒一人ひとりに弱点を課題として配信し、取り組ませることができることは魅力であると思います。

●新発田中央高等学校 上山 裕二 教頭(新潟県新発田市)
1学期の学習を通じて、生徒が「すらら」による学習を通じて、力が伸びる実感を持ってきたように感じています。夏休みに個々の弱点箇所を徹底的に学習させることによって、さらにレベルアップを図りたいと思います。

●鎮西学院高等学校 川崎 健 教頭(長崎県諫早市)
学力を高めるためには、「つまずき」を明らかにして繰り返し復習することが大切です。本校では昨年度から学力診断テストを活用し、個別に弱点の復習を繰り返させています。下位層の70%以上の生徒の学力に向上が見られています。

●玉川聖学院中等部・高等部 佐々木 信行 英語科教諭(東京都世田谷区)
確かな反復練習と学習時間を確保することで、多様な学力を持った生徒たちがそれぞれに「わかった」という喜びを感じて欲しいと思います。


■配信される課題の内容の決定方法
配信される課題の内容は、次の2つの方法のいずれかによって決定し、生徒それぞれに夏休みの宿題として一斉配信されます。

1)「学力診断テスト」を活用する場合
生徒は夏休み前に、「すらら」がオンラインで提供する「学力診断テスト」を受験し、個々の弱点を明らかにします。そして教員は、生徒個々で明らかになった弱点を課題として登録し配信します。
【課題設定までのイメージ】
[画像1: リンク ]

2)「弱点一括登録機能」を活用する場合
「すらら」には、日々のオンライン演習において既習範囲の「つまずき」を判定する「つまずき分析機能」を有しています。教員は、生徒それぞれが1学期中に「すらら」での学習によって判定された「つまずき」を課題として登録し、生徒一人ひとりへ配信します。

[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事