logo

長野県の観光スポットをもっと便利に!訪日外国人観光客をもっと長野へ!

株式会社ウェブノート 2016年06月15日 09時00分
From PR TIMES

近年、増加傾向にある外国人旅行者に 「外貨使えます!」「両替できます!」を実現します 外貨決済・両替支援 G Pay

株式会社ウェブノート(長野市稲葉、代表取締役:西澤哲也)はドン・キホーテグループのアクリーティブ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:管原猛、コード番号:8423 東証一部)が提供する外貨決済、両替支援サービス「G Pay(ジー・ペイ)の販売を開始します。
日本を訪れる外国からのお客さまはますます増えています。店舗やホテルは訪日外国人でにぎわい、各種インバウンド対策が急ピッチで進められています。G Payはそんな「自国の通貨が使えたら便利なのに」「両替できる場所が少ない」という声に応え実現した、これまでどこにもなかったサービスです。
G Payは、訪日外国人のお買い物シーンに、「自国通貨で支払う」という新たな選択肢を提供します。「外貨をお使いいただけます!」で、さらなる集客と購買意欲を喚起し、貴社、地域の収益アップ、誘客にお役立てください。

※株式会社ウェブノートはアクリーティブ株式会社 G Pay中部エリア正規販売パートナーです。



G Pay なら外貨に関するオペレーションをまるごとサポート!

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]




G Pay導入をおすすめする5つの理由
1.外貨での決済OK!
外貨決済支援サービスの導入によって、訪日外国人の購買意欲を喚起します。
2.簡易両替にも対応
同じシステムを利用して、両替ニーズにも対応します。
3.コンパクト設計
今までの両替機器の常識を覆すコンパクトサイズ。レジカウンターやテーブルの上に設置ができ、両替所のようなスペースを必要としません。
4.導入コスト0円
支援端末はレンタル。導入時のコストのご負担なく導入が可能です。
5.外貨に関する知識不要
通貨自動判別機能、偽札鑑定機能を搭載。外貨を挿入するだけでおつり(日本円)を自動計算。両替レートも自動配信されるので事務的な負担もありません。

ここがスゴイ!G Payの5つの特長
1.主要9通貨まで設定可能
米ドル、ユーロ、中国元、台湾ドル、韓国ウォンなど、主要9通貨に対応しており、国内で利用される通貨のほとんどをカバーします。
2.見慣れない紙幣でも安心! 高精度真贋判定
馴染みある日本円と違い、外国の通貨は判別しにくいもの。G Payなら受け取り時に自動で判別。ホンモノか偽札か、真贋も同時に判定 します。
*新札発行時など、紙幣情報は随時アップデート
3.使う人にやさしいシンプルな操作画面
お客さまにも、レジスタッフにもわかりやすいタッチパネルで、直感的な操作が行えます。基本はお客様側の操作となる為、スタッフはだれでも対応が可能です。
4.管理システムでタイムリーに実績確認
適用レートや利用実績は、ネットワーク上のG Pay専用システムですべて管理され、いつでも直接ご確認いただけます。アクリーティブからの入金情報や、外貨の回収状況なども閲覧可能です。
5.紙幣の回収はカセット式でラクラク
回収時、現金に直接触れられない構造にすることで、入出金時の責任範囲を明確にします。今までの両替機に必要だった警備輸送などが必要ありません。また、外貨は、事前に配信されたレートにてアクリーティブ(株)が買い取ります。貴社への為替リスクは発生しません。
[動画: リンク ]



[画像3: リンク ]





導入予定先様の声
○外国人がご宿泊されて、温泉街で飲食をされ、日本円が無い、カードが使えないという状況で飲食店様からご連絡をいただくことがあり、日本円をお持ちし旅館側でお支払いするということもしばしば。
旅館で導入することはサービスの拡大につながるが、このエリアに何台か導入できるように組合などに相談したい。(ホテル、旅館関係)

○確実に外国人宿泊者が増えている中で、実際にお泊りいただいた宿泊者の方から、外貨が使えないかというお声をいただいていました。近くの金融機関で外貨の取り扱いがないという状況に加え、ホテル、旅館、小売店によってはカード決済が行えないところもあり、旅館やお店単位で外貨決済が行えないことに非常に困っている状況もありました。
今回の導入は、コストも安いということもありますが、何より外国人宿泊客、宿泊見込み客へ外貨がそのまま使えるというメリットをPRでき、地元のエリアへお客様の流れができることが大きいと考えます。旅館、ホテル、お店の問題の解決と、地域おこしという点が大きいと感じております。(地域役関係)

○外国人のスキー旅行者が増えてきていることや、スノーモンキーが外国人観光客のルートに入ることが多くなっており、周辺のスポットや温泉施設、飲食店などへの流れができていることなどから、この地域では外貨利用ができるということを積極的にアピールし、利便性が高い人気の場所として今後定着させていきたい。(スキーリゾート関係)

○まずは各エリア、近隣エリアに外貨を扱えるところがないというのが最大の問題点でした。山や高原ごとのスポットとなっているので、1か所に両替機を置いても移動距離などを考えると現実的には難しいと考えていました。また、一般的な両替機は導入コスト・ランニングコストが非常に高く、各エリアごとの導入は考えられない状況でした。
今回この端末は、現在の外国人利用者の数を考えても問題のないコスト感であることが大きく、各エリアに導入することを前提に考えております。このエリア全体が外貨も利用できると認識してもらえることが重要で、こちらからのPRだけではなく、昨今のSNSなどで実際に来られた外国人利用者が情報発信をしてくれることも考えられます。利便性が高いと認知してもらえることと、利用者に良い印象を持っていただける部分のメリットも大きいと感じております。(スキーリゾート関係)


すでに導入済みのドン・キホーテ店舗や県外スキー場などは非常に効果が高いとご好評をいただいております。
県内各エリアに展開できるようご提案してまいります。
「長野県を外国人観光客が最も便利なエリアと認識いただけるよう、ぜひ一度ご検討ください!」


プレスリリース PDF リンク

株式会社ウェブノートはGoogleストリートビューの導入(長野駅~善光寺ルート店舗、酒蔵巡り、50施設導入)や
ARアプリ(拡張現実)など革新的なサービスを展開するWeb制作会社です。
参考)びゅうトリップ リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。