logo

第001回 ユーザとベンダーが共同で作り上げる人事システムの設計思想とは

鈴与シンワートの人事給与ペイロール「S-PAYCIAL」のマーケティングアドバイ ザーである吉政忠志氏が新連載「人事システム活用コラム」 を開始しました。

第001回 ユーザとベンダーが共同で作り上げる人事システムの設計思想とは

###
はじめまして。鈴与シンワートでマーケティングアドバイザーをしている吉政創成株式会社の吉政忠志と申します。仕事柄、大変多くのお客様のシステム導入事例を取材しており、企業がシステムの選定や導入、運用に至るまでの経験談を伺っています。
今回からスタートする「人事管理・給与管理のIT活用コラム」、第一回は、前述の業務経験から学んだ「ユーザとベンダーが共同で作り上げる人事システムの設計思想とは」についてご紹介したいと思います。

人事システムでもなんでもそうですが、自社にあったソリューションを選びたいという思う気持ちはほとんどすべてのユーザに当てはまると思います。

ほとんどのお客様が導入する前に、説明を聞き、デモを見て、一番良い提案を採用されるはずですが、全てのシステムに満足されるわけではありません。導入した後に、使いにくいと感じたり、思ったよりも効果が出なかったり、ということも耳にします。

お客様の満足度というのは、得てしてお客様の企業としての主観によることが多く、機能要件を完璧に満たすような機能の追加・改修をしても、多額の費用が発生すれば、満足度は下がるでしょう。一方で、ノンカスタマイズで全てパッケージの機能通り使った場合、バージョンアップにかかる費用は最小限に抑えられますが、機能の面で満足度を100%得られるかどうかは少し疑問が残ります。

そのような時に重要になって来るのは、お客様の要件に柔軟に対応できるパッケージになると思います。いろいろな人事パッケージを検討される場合、恐らく大半のパッケージでも「柔軟にお客様の要件に応えられること」を訴えていると思います。以下では、お客様の満足度に応えられる人事パッケージの見分け方のチェックポイントを、とても簡単にお伝えします。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。