logo

ポルシェ919ハイブリッドがタイトルディフェンダーとしてル・マンに参戦

ポルシェジャパン株式会社 2016年06月14日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016/06/14

ポルシェAG

ポルシェ919ハイブリッドがタイトルディフェンダーとしてル・マンに参戦
ル・マン24時間レースプレビュー

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)が参戦する第84回ル・マン24時間レース(6月18日/19日)へファンの期待が高まっています。ポルシェは、この世界で最も過酷なレースにおいて、最多勝記録保持者、タイトルディフェンダー、そしてマニュファクチュアラー部門およびドライバー部門のポイントリーダーとして、919ハイブリッドで挑戦します。ル・マンはFIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦でもあります。シーズンのハイライトとなるこのレースには、ロマン・デュマ(フランス)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)組がドライバー部門のリーダーとして参戦します。もう1台の919ハイブリッドをドライブする、昨年のシリーズチャンピオンであるティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)/マーク・ウェバー(オーストラリア)組は、最初の2戦では不運(シルバーストーンでのアクシデント、スパ・フランコルシャンでのパンク)に見舞われましたが、ここでの巻き返しを狙っています。サルテ・サーキットで開催されるこの伝統あるレースでは、6時間で争われる他のWECシリーズ8戦の2倍にあたる選手権ポイントが与えられます。

ポルシェにとって、トップレベルのモータースポーツに復帰して以来、ル・マンへのエントリーは3回目となります。わずか2回目の参戦である2015年に、ポルシェは1-2フィニッシュを飾っています。革新的なライトサイジング2リッターV4ターボガソリンエンジンとエネルギー回生システム(ブレーキおよび排気エネルギー)を搭載した919ハイブリッドは、数多くのテクノロジーが投入されています。パワーユニットは662 kW(900 PS)のシステム出力を発揮し、空気抵抗を抑制した空力セッティングでル・マンに挑みます。長いストレートでは、このマシーンは頻繁に320 km/hを超える最高速度を記録します。

6名のワークスドライバーのル・マンのレース参戦経験は合計49回にも上ります。昨年2位でフィニッシュしたベルンハルト/ハートレー/ウェバー組は、今年はカーナンバー1をつけた革新的なプロトタイプをドライブします。2015年に5位でフィニッシュしたデュマ/ジャニ/リーブ組は、カーナンバー2のポルシェ919ハイブリッドで参戦します。昨年、優勝を飾ったのは、アール・バンバー(ニュージーランド)/ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)/ニック・タンディ(イギリス)組でした。

レース前のコメント:
LMP1担当副社長であるフリッツ・エンツィンガー:「プレテストのためにル・マンに帰ってきたとき、チーム全員が感動しました。ル・マンでの優勝は実に困難を極めるため、この上ない経験となります。私達が2015年にわずか2回目の参戦で優勝したため、今年も優勝候補に挙げられています。私達は、その重圧に負けないようにしなければなりません。前回に比べて今回が楽に優勝できるわけではなく、実際はその逆です。ポルシェはトップカテゴリーに復帰したとき、最新のプロトタイプを投入することで新たなテクノロジーの基準を打ち立てました。ライバル達はこれに照準を合わせてきたため、今回の24時間レースはル・マン史上最も激しい展開となる可能性があります」。

チーム監督であるアンドレア・ザイドル:「レースチームとヴァイザッハのスタッフは、テストおよび準備だけでなく、開発においても良い仕事をしました。ル・マンでは多くのことを学ぶことができます。2014年のル・マンは、新生チームには時期尚早でした。それでも、私達は誰も予想しなかったほどの力を発揮し、また、フィニッシュ直前のリタイヤの苦さを味わいました。2015年には3台を投入して、決勝の1-2-3番グリッド獲得、全車完走、1-2フィニッシュを達成しました。2016年のル・マンは、チームにとって19戦目となります。これは豊富な経験とは言えませんが、技術的、オペレーション的には、私達はこれまで以上に準備が整っています。しかし、私達はレースウィーク、特にレース自体を、テクニカルなトラブルとコース上でのアクシデントなしで乗り切ることがどれほど困難なことであるかを理解しています。私達はそれを最優先に考えた上で準備を整えています」。

ポルシェ919ハイブリッド(カーナンバー1)のドライバーのコメント
ティモ・ベルンハルト(35歳、ドイツ):(参戦数9戦:2010年総合優勝、2015年総合2位、2002年GTクラス優勝)
「私はこのレースを前に非常に興奮しています。ル・マンは、世界最大のレースのひとつで、すばらしい歴史があります。郊外の公道と常設サーキットを組み合わせたこのサーキットは本当に特別です。ル・マンでは常に冷静さを保つ必要があります。また、十分なエネルギーを貯えてレースに臨まねばならず、肉体的にも精神的にも完璧に整えておく必要があります。長時間コックピットで過ごした後でも、250 km/hでポルシェ・カーブを抜けるときに適切な判断を下すことができることが求められます。ポルシェ919ハイブリッドは最高の状態に仕上がっており、ドライバーには強力なチームのサポートがあります」。

ブレンドン・ハートレー(26歳、ニュージーランド)のコメント:(参戦数4戦: 2015年総合2位)
「2012年に私が初めてル・マンを走ったとき、すぐにこのレースが好きになりました。最初の夜間のレース体験は、絶対に忘れることはありません。あの視野がせばまる感じとワープしているかのような速度感、アンジュレーションなどこのサーキット独特の個性と恐るべき直線スピードも大好きです。私の考えでは、ポルシェ・カーブは世界中のサーキットで最高の高速セクションのひとつです。この耐久レースには情熱が溢れています。その特別な雰囲気は、レース1週間前の公式車検から始まります。ル・マンの通りで行われる金曜日のパレードでは、自分が本当に歴史の一部であると感じます。そして、その歴史ではポルシェが重要な役割を担っています。ル・マンにポルシェで参戦する、という夢が現実のものとなったのです」。

マーク・ウェバー(39歳、オーストラリア): (参戦数4戦:2015年総合2位)
「このレースは、私達、つまりティモ、ブレンドン、私、そしてポルシェにとって特別な何かを達成するすばらしいチャンスです。私達は2014年にはリタイヤするまで良い位置につけていましたし、2015年には2位に入賞しました。今年はあとひとつ順位を上げ、一緒に優勝したいと願っています。それにはまず、24時間を乗り切らなければなりません。私達は、このル・マン24時間がオペレーション、トラフィック、周回遅れの車両および天候の点で、簡単なレースでないという事実を受け止めています。これらに大きな不安はありますが、準備はできています。私達は自信過剰になっているわけではありませんが、レースに向けてこれ以上できないほどの準備を済ませました。優勝を目指す他のチームと同じだけのチャンスがあると思います。レースの前週には、しっかりと日課をこなし、寝られるときに寝て、自分の充電レベルに注意することが非常に重要です」。

ポルシェ919ハイブリッド(カーナンバー2)のドライバーのコメント
ロマン・デュマ(35歳、フランス): (参戦数15戦:2010年総合優勝、2007年総合3位、2015年総合5位、2013年GTEクラス優勝)
「私にとってル・マンは1年のうちで最も重要なレースで、特にフランス人にとっては年間を通じて最大のスポーツイベントです。サーキットだけでも25万人の観客が来場し、その多くはフランス人ドライバーに注目します。このレースをポルシェで優勝するのが夢です。919でこの目標を達成するための十分な準備を整えました。すばらしいクルマ、チーム、クルーが揃っており、私は気力が充実しています」。

ニール・ジャニ(32歳、スイス):(参戦数7戦:2015年予選周回タイム新記録、決勝総合5位)
「このイベントに先立ち私達は多くのテストを行い、入念な準備を行いました。ドライバー全員が長い時間をコックピットで過ごすことができ、ポルシェ919ハイブリッドは可能な限りの準備が整っています。私個人としては、これまでの年と同じように準備しました。他のWEC戦より大幅に長い時間ドライブするため、特に持久力と首のトレーニングに重点を置きました。私にはこれまでの経験で上手く行っている手順があります。ル・マンはチームと私にとって年間最大のイベントです。年に1度の耐久レースの王冠がかかっているため、誰もが非常に張り詰めています。2016年のレギュレーションでは、燃料が減らされているためパワーは減少していますが、コーナリングスピードは上がっています。エンジニア達はよくやってくれました」。

マルク・リーブ(35歳、ドイツ)のコメント:(参戦数10戦:2015年総合5位、2013年GTE/2010年GT2/2005年GTクラス優勝)
「私にとってル・マンは最大のレースです。私はシュトゥットガルトで生まれ、ツッフェンハウゼンのポルシェの隣ともいえる家で育ちました。私は5歳のとき、ル・マンとその後世界選手権を戦ったグループCカーが大好きでした。私は、これらのレーシングカーをF1よりずっと魅力的だと思ってきました。1回でいいからル・マンの最高クラスで総合優勝を目指して走りたいというのが私の夢でした。実際、私は今回で3回目の参戦を果たすことができ、これは私にとって非常に大きな意味をもちます。私がどれだけレースを楽しみにしているか、言葉で言い表すことはできません。プレテストは順調で、あらゆる点でこれまで以上の準備が整っています。それは車両の操縦性にも言えることで、おそらくこれこそが24時間レースでは最も重要な要因です」。

基本情報:
・ポルシェはル・マンで17回の総合優勝を果たしており、記録保持者となっています。
・ポルシェの最初の総合優勝は1970年6月14日に遡ります(ハンス・ヘルマン/リチャード・アトウッド組、917 KHクーペ)。ポルシェの17回目の総合優勝は2015年(アール・バンバー/ニコ・ヒュルケンベルグ/ニック・タンディ組、919ハイブリッド)。
・16年の長いブランクの後、2014年にポルシェはル・マンの最上位カテゴリーに復帰しました。
・2015年以来、ニール・ジャニが現在のサーキットの予選周回タイムの記録保持者です。水曜日の午後10時を少し回った時点で、彼は919ハイブリッドで3分16秒887のラップタイムを叩き出しました。このときの平均速度は249.2 km/hでした。それまでの13.629 kmのサーキットでの予選記録は、7年間破られませんでした(2008年プジョー、3分18秒513)。
・史上最速の予選タイムは1985年にハンス=ヨアヒム・スタックがポルシェ962 Cで記録した3分14秒800です(平均速度251.815 km/h)。1990年以降、長いミュルサンヌ・ストレートを分断するためにシケインが設置されました。現在のコースでシュトゥックの記録を破るためには3分14秒843を切る必要があります。
・2015年、ポルシェ919ハイブリッドが予選1-2-3を達成。これは、ポルシェにとって1997年以来初、通算17回目のポールポジションでした。
・2015年、ポルシェが達成した予選1-2-3は、ル・マンで9回目のことでした。これ以前の予選1-2-3は1988年のものです。
・2015年、ジャニの後のグリッドにはベルンハルトが続いていました。彼も水曜日の夜に自己ベスト(3分17秒767)をマークしました。レースで優勝した3台目の919は、ニック・タンディ(イギリス)が木曜日にタイムを3分18秒862に短縮して3番手グリッドを獲得しました。
・現在までの83戦でのファステストラップタイムは、1971年にジャッキー・オリバーが打ち立てました。当時のコースの長さは13.469 kmで、彼はポルシェ917で3分13秒6(平均速度250.457 km/h)を記録しました。また、同年の彼の決勝ファステストラップは3分18秒4(平均速度244.387 km/h)でした。
・レース最長走行距離は2010年にアウディのティモ・ベルンハルト/ロマン・デュマ/マイク・ロッケンフェラー組が達成した合計5,410.713 km(397周、平均速度225.228 km/h)です。
・2015年の優勝車であるポルシェ919ハイブリッドの走行距離は5,382.82 km(395周、平均速度224.2 km/h)でした。
・この走行中のギアシフト回数(シフトアップおよびシフトダウン)は25,293回でした。
・2015年の決勝での919の最高速度はマーク・ウェバーが土曜日の午後4時40分にマークした340.2 km/hでした。
・また、全6名のドライバー中で最も体重が減ったのもウェバーでした。スタート時の彼の体重は81.2 kg(レーシングスーツとヘルメットを含む)でした。彼の最後のスティント後の体重は78.2 kgでした。
・最低速区間のアルナージュ・コーナーでは、ドライバー達は約70 km/hまで減速します。
・2016年には60台の車両がグリッドに並びます。これは1950年代と同じ規模です。
・予選(水曜日および木曜日の午前零時まで)では、180名すべてのドライバーが夜間に5周以上走行しなければなりません。
・WECのレギュレーションでは、2名のドライバーのファステストラップを平均することが要求されているのに対し、クラシカルなル・マン方式ではその車両のファステストラップを採用します。
・2016年のル・マンの夜は昨年より3分短く、1年でほぼ最短です。土曜日の日没は午後10時2分、日曜日の日の出は午前5時59分です。
・通常のレースモード(セーフティカーフェーズ以外)では、ポルシェ919ハイブリッドは14周毎に給油が必要です。
・2015年には、919ハイブリッドはそれぞれ30回の給油を行いました。
・給油とタイヤ交換は同時に行うことが禁止されており、順に行う必要があります。タイヤ交換時に同時に作業できるメカニックは4名、使用できるインパクトレンチは1つのみです。これにより、例えばF1より作業時間が長くなります。
・通常、ドライバーはタイヤ交換が必要な場合のみ交代します。
・最低でも3回の給油でミシュランタイヤ1セットを交換します。2015年、1セットのタイヤでの最長走行時間は夜間のスティント4回分(54周)でした。
・レース中、各ドライバーは合計6時間以上ドライブする必要があります。6時間以内に1名のドライバーが4時間を超えてドライブすることはできません。24時間で1名のドライバーが14時間を超えてドライブすることはできません。
・コースが長いため、ル・マンでは3台のセーフティカーが待機しています。
・サーキットに持ち込むのはスペアのシャシー×1、エンジン×4、フロントギアボックス×4、リアギアボックス×4、フロントウイングおよびリアウイング×6、ホイール×60および無線機/ヘッドセット×100などです。
・いわゆるブーストに使用できる電気エネルギーの量は制限されています。ポルシェ919ハイブリッドは、13.629 kmの周回毎に2.22 kWhの電気を消費することが許可されています。車両が発電所であったとしたら、24時間で回生されるエネルギーで標準的なドイツの家庭の3ヶ月分の電力を賄うことができます。
・ポルシェ919ハイブリッドは約662 kW(900 PS)を発生するパワーシステムを備えます。2リッターV4ガソリンターボエンジンがほぼ368 kW(500 PS)、回生システムによって発電する電気モーターが294 kW(400 PS)以上を発生します。
・2016年のレギュレーションは燃費および燃料流量の削減を義務付けているため、919は2015年のル・マンと比較して1周あたりの燃料消費量が約9.5%少なくなっています。
・ダウンフォースによってタイヤにかかる荷重が増大するため、ミシュランタイヤの接地面は倍になります。通常の状態で、この幅は310 mmです。
・次の異なるタイプのタイヤが用意されています。3種類のコンパウンドのドライ用スリックタイヤ、オールコンディション用ハイブリッドタイヤ(ソフト)、および2種類のウエット用タイヤ(激しい雨/豪雨用)。
・全長13.6 kmのコースの9.2 kmの区間は、通常は公道として使用されています。
・ル・マンで得られるものは名誉と栄光だけではありません。6時間のFIA世界耐久選手権(WEC)の他の8戦の2倍のポイントが与えられるのです。
・WECの順位では、ポルシェ チームは56ポイントでトヨタ(43ポイント)とアウディ(41ポイント)をリードしています。
・ドライバー部門では、デュマ/ジャニ/リーブがそれぞれ43ポイントでリードしています。ベルンハルト/ハートレー/ウェバーはそれぞれ1.5ポイントで14位です。
・ポルシェ919ハイブリッドは、ヴァイザッハにあるポルシェAGの開発センターで設計/製造されました。そこでは、260名のチームメンバーが勤務しています。
・主催者であるフランス西部自動車クラブ(ACO)は2015年の観客数が263,500人であったと発表しました。42ヶ国の1,425人のジャーナリスト(出版、写真、テレビ、オンライン)が公認されました。レースは190ヶ国で全部または一部が放送されました。Eurosportチャンネルだけでも、視聴者数が2,300万人に上ったとのことです。Web TVは、250万のライブ接続を記録しました。

ポルシェ チーム(LMP1)のスケジュール:
60台のレーシングカーの公式車検は4クラスに分けられ、レースに先立つ6月12日(日曜日)にレピュブリック広場で開始されます。これは、市街地の中心で行われる公開イベントです。検査官が車検を実施し、180名のドライバーは書類を提出しなければなりません。ポルシェのLMP1チームのこの車検の予定は、日曜日の午後2時20分からです。最後のチームがこの車検を終えるのは月曜夕方になります。
6月14日(火曜日):
2:00-3:00 pm スタート/フィニッシュ地点でのポルシェ チーム記念撮影
5:00-6:30 pmピットレーンでのサイン会
6月15日(水曜日):
1:30-2:00 pmチーム/メディア・ホスピタリティにてメディア向け「Meet the team」
4:00-8:00 pmフリープラクティス
10:00 pm - 0:00 深夜 予選
6月16日(木曜日):
3:30-4:00 pmチーム/メディア・ホスピタリティにてメディア向け「Meet the team」
7:00-9:00 pm予選
10:00 pm - 0:00 深夜 予選
6月17日(金曜日):
10:00 am- 8:00 pmピットウォーク
1:00-1:30 pmポルシェ・エクスペリエンス・センターにてポルシェのプレスカンファレンス
1:30-2:00 pm  ポルシェ・エクスペリエンス・センターにて「Meet the team」
5:30-7:30 pm ダウンタウンにてドライバーのパレード
6月18日(土曜日):
9:00-9:45 am  ウォームアップ
2:22 pm レーススタート式典開始
3:00 pm レーススタート

メディアサービス:
・ピットからのツイッターライブ中継。 @Porsche_Team
・プレスリリースおよび写真の自動配信の受信、アーカイブへのアクセス、動画のダウンロードをご希望の場合は、リンクで登録をお願いします。
リンクで、最新版のポルシェ モータースポーツメディアガイドを入手できます。
・動画は、VimeoおよびYouTubeのポルシェ チャンネルでご覧ください。
・www.newsroom.porscheから、登録なしで最新のプレスリリースおよび背景情報を入手できます。
・公式WEC Appのベーシックバージョンは無料でダウンロード可能、有料でライブストリーム対応版への拡張が可能です。Porsche Motorsport Appではオンボードカメラ、タイムおよびGPS追跡など複数のライブ機能が利用できます(無料)。
インターネットでは、www.fiawec.comおよびwww.24h-lemans.comで最新の情報を入手できます。ポルシェのモータースポーツに関するその他の情報は、Porsche.com/FutureSportscarをご覧ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。