logo

平井康翔、リオ五輪出場権獲得(オープンウォータースイミング)

株式会社朝日ネット 2016年06月13日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月13日

株式会社朝日ネット

平井康翔、リオ五輪出場権獲得(オープンウォータースイミング)

株式会社朝日ネット(東証一部、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方次郎、以下当社)は、当社所属のオープンウォータースイミング(OWS)の平井康翔が2016年リオ五輪の出場権を獲得いたしましたことを報告いたします。

2016年6月12日(現地時間)、ポルトガル(セトゥバル)にて開催されました、リオ五輪世界最終予選会男子10kmにおいて、平井選手は世界の強豪と競い、国別順位(1国1名)で8位となりました。これにより、第31回オリンピック競技大会(2016年リオデジャネイロ)出場規定に基づき、リオ五輪の出場権を獲得いたしました。

平井選手は、2008年全国高校総体400m自由形優勝。翌年からオープンウォータースイミングに取り組み、2010年から日本代表入りを果たしました。2011年ユニバーシアード シンセン10km銅メダル、ロンドン五輪では初出場で15位を獲得しました。2015年FINA 10km ワールドカップで5位に入賞するなど実績を重ね、二大会連続の五輪出場となりました。

また、トップスイマーであると同時に、『日本OWS界の歴史にその名を刻む』を有言実行すべく、日本人初のオープンウォータースイミング競技のオリンピアンとして、悲願である五輪でのメダル獲得という夢に向け、日々、努力を怠ることなく技術を磨いております。

リオ五輪に向け、皆様の暖かいご声援を何卒よろしくお願い申し上げます。

※オープンウォータースイミングについて
海や川・湖といった自然の水の中で行われる長距離水泳競技。水質、天候、潮汐等、自然条件の影響を受けることから、競泳とは異なる技術や知識が必要とされる。「マラソンスイミング」の名称で、2008年北京五輪から正式種目となった。

■プロフィール

 平井康翔:YASUNARI HIRAI
 生年月日:1990年4月2日
 出身地 :千葉県
 所属  :株式会社朝日ネット
 身長  :175cm
 出身校 :市立船橋高等学校(2009年卒)、明治大学政治経済学部(2013年卒)
 facebook:リンク

【主な戦歴】
 2012年 ロンドン五輪世界最終予選会 10k 6位
 2012年 第30回ロンドンオリンピック 10km 15位 ※日本人初出場
 2014年 第12回パンパシフィック選手権 オーストラリア 6位
 2014年 FINA 10km ワールドカップ 2014 香港 8位 ※日本人男子でワールドカップ初入賞
 2014年 New Zealand Ocean Swim Series Round1 優勝 ※日本人初優勝
 2014年 New Zealand Ocean Swim Series Round2 優勝
 2015年 Queensland Ocean Swim Series Event3 優勝
 2015年 New Zealand Ocean Swim Series シリーズ総合2位 ※日本人過去最高順位
 2015年 FINA 10km  ワールドカップ 2015 セトゥバル 5位 ※日本人過去最高順位
 2015年 第16回FINA世界選手権10km カザン 11位
 2015年 Aquece Rio International 10k Marathon Swimming Event 2位 ※リオ五輪テストイベント
 2015年 ジャパンオープン2015 10km 優勝
 2016年 2016 Australian Open Water Championshiops 10km 5位、5km 2位
 2016年 2016 Open Water National Championships 10km 10位、5km 4位
 2016年 ジャパンオープン2016 1500m 3位

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。