logo

ベルスタッフSS17メンズウェア・コレクション

ベルスタッフ 2016年06月13日 10時57分
From 共同通信PRワイヤー

ベルスタッフSS17メンズウェア・コレクション

AsiaNet 64763

ベルスタッフSS17メンズウェア・コレクション
栄光のライダー
エスケープ・オン・ホイールズ

ベルスタッフSS17コレクションは、ブルース・ブラウン製作スティーブ・マックウィーン主演のオートバイを題材にした映画「栄光のライダー(On Any Sunday)」(1971年)にインスパイアされています。このコレクションは、映画同様、若い男女のライダーが送る日常生活での気楽な態度を称賛しています。映画の中の色調を参考にする一方で、色とデザインの基準はベルスタッフが所有するその当時の保管資料からも取り入れられています。

リンク

ベルスタッフのVPメンズデザイン担当フレデリック・ディア氏は、「70年代初期は、ベルスタッフにとって決定的な時代であり、大西洋両岸の皮革メーカーが本当に色を取り入れ、色によって初めて製品をカスタマイズした時代です」と語っています。

ベルスタッフは、映画で描かれた70年代初期の気楽なライダー達から同じくインスピレーションを得て、スエード、テクニカル・アウターウェア、デニム、レーシングモチーフを施したレザーを特徴とした、2017年ウィメンズスプリング(プレ)コレクションから5つのスタイルもコレクションに含めています。

ベルスタッフのCEO であるギャビン・ヘイグ氏は次のように述べています。「ベルスタッフは、90年以上の歴史を通して常にメンズとウィメンズ両方のブランドであり続けており、当社のブランド愛用者の中には、最も初期では先駆的女流飛行士であるアメリア・イアハートやエミー・ジョンソンから、最近のアンバサダーであるケイト・モスやリヴ・タイラーなどがいます。当社は、常にキャンペーンの中でメンズとウィメンズ用両方を紹介しており、プレゼンテーションで同時発表するよう取り組んでいます。今シーズンがこのコレクションを開始する良い時期だと感じました。」

ベルスタッフは、プレゼンテーションの場として英国らしい場所、ウェストミンスター寺院の向かいに位置するクイーン エリザベス II カンファレンスセンターを再び選びました。このプレゼンテーションの日は、めったにないことですが、センターから目の先にあるザ・マル沿いで開かれたクイーンエリザベス2世の90歳の誕生日を祝う昼食会という伝説的なイベントと同じ日です。

トライアル世界選手権チャンピオンの12回タイトル獲得者ドギー・ランプキン(MBE勲章受勲)が、バイクスタントを披露しベルスタッフの招待客や出席者はスリルを味わいます。全員がベルスタッフを着用してきたバイク界の有力者の一員として、彼はその伝統を守ることを誇りとしています。

古い世代からは、トライアルイギリス選手権を11年連続制覇したレース界のレジェンドであるサミー・ミラー(1933年生まれ、MBE勲章受勲)も、自身の1962年製ヴィンテージトライアルマスター(ベルスタッフが1948年に発売した4ポケットのワックスコットンジャケットで今でも最も売れているジャケット)を着て出席します。彼は、30年間におよぶトライアル選手権参加を通してベルスタッフを着ることにこだわり、ベルスタッフと協力して自分仕様のトライアルマスターを製作してもらっています。彼のベルスタッフとのつながりによって、ベルスタッフはバイクコミュニティに向けた人気ブランドとしての地位を確立しました。ベルスタッフは、ブランドとバイク界に対するサミーの貢献を称え、最近サミー・ミラージャケットを製品ラインに追加しています。

今シーズン、ベルスタッフは、アパレルだけでなく、新しいアクセサリー商品も発表していますが、これは冒険旅行にインスパイアされたもので、伝説的なフォトエージェンシーのマグナム・フォト(Magnum Photos)と連携しています。受賞歴のあるマグナム写真家パオロ・ペレグリン氏が、撮影をしない人用のウィークエンダーを兼ねることが可能なマグナムXベルスタッフカメラバックの製作でディア氏と協働しました。

コロニアル(Colonial)カバン(ブラッド・ピットやウィル・スミスが愛用)は、レザートリム、ニューハードウェア、利用しやすい機能性を備え今日の顧客に向けて新しくなっています。バックパックとトートバックも加わっています。全商品はレザートリムが施されたキャンバス地、またはベルスタッフ独自のハードワックスレザーで展開されています。

ペレグリン氏は、現場で活躍中のコレクションを撮影しており、このキャンペーンは、商品が店頭に並べられる今年7月に開始されます。

「いま見て、いま買う(see now, buy now)」からの別の提案はサングラスです。ベルスタッフは、2回目となるサマー展開として、今年は小さめのアビエーターとなるRyderでNativeSonsとコラボしています。この100個の限定版は、プレゼンテーション翌日(6月13日)、店頭およびBelstaff.comで販売開始となります。

ベルスタッフのフレンド、ブレモン(Bremont)腕時計が今回の発表会のために、冒険と飛行という両ブランドに共通する価値観にインスパイアされた4個の腕時計を貸し出しました。ベルスタッフは、お返しとして、ブレモンがオフィシャルタイミングパートナーに任命されている今週末開催のアメリカズカップ用にBremont Horsemenのパイロット用のジャケット3着を特別に製作しました。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。