logo

遠藤利明大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当)が武蔵野大学で特別講義を開催

武蔵野大学 2016年06月11日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵野大学(東京都江東区有明、学長:西本照真)は、平成28年6月17日(金)午後6時より、同大有明キャンパスにて「遠藤利明大臣特別講義 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて」を開催する。


 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を4年後に控え、選手村やメディアセンターが設置され、多くの競技会場がある臨海地区に位置する武蔵野大学は、平成27年度よりオリンピック・パラリンピックに関する授業の開講や、積極的にボランティアに参加する学生を育成するなど、大学としてさまざまな取り組みを進めている。

 今回はその取り組みの1つとして、遠藤利明大臣の特別講義を開催し、大会が地域や人々にどのような影響を与えるのか、またその中で大学が果たしてゆく役割を展望する。

◆開催概要
■日時: 6月17日(金) 18:00~19:30(17:30開場)
■会場: 武蔵野大学有明キャンパス(江東区有明3-3-3)3号館3階大教室
 アクセス: リンク
■内容: 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向けて
■講演者: 遠藤 利明氏(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣)

※講演会前後での遠藤大臣への個別取材はお受けできません
※当日取材をご希望の方は、6月16日(木)12:00までに下記問い合わせ先へご連絡ください

▼本件に関するお問い合わせ先 
 武蔵野大学 企画部 企画・広報課(担当:西山、柏原)
 TEL: 03-5530-7403
 FAX: 03-5530-3818
 E-mail: kouhou@musashino-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。