logo

Amazon、「MADE in ITALY(メイド・イン・イタリー)ストア」をオープン

アマゾンジャパン合同会社 2016年06月10日 15時00分
From PR TIMES

~ ものづくりの本場であるイタリアのアトリエや職人が約12,000点の工芸品を出品 ~

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)では、本日6月10日(金)、「MADE in ITALY(メイド・イン・イタリー)ストア」(リンク)をオープンしました。このストアでは、ものづくりの本場であるイタリアのアトリエや職人が出品したジュエリー、ファッション小物、インテリア、陶磁器、美術品など、約12,000点の工芸品を取り揃えています。なお、Amazonにおける「MADE in ITALYストア」は、2015年10月にイタリアとイギリスでオープンした後、アメリカ、ドイツでも展開され、日本でのストア開設は5ヵ国目となります。



「MADE in ITALYストア」で取り扱う商品は、全てイタリアから日本の「Amazonマーケットプレイス」に国境を越えて出品されたものです。Amazonは、今まで日本で手に入れることが困難であったイタリアの工芸品をご購入いただける機会をお客様に提供いたします。また、このストアでは工芸品の制作風景や職人の技術、工芸品への想いなどを伝える動画もご紹介しています。

日本での「MADE in ITALYストア」オープンにあたり、在日イタリア商工会議所 事務局長 ダヴィデ・ファントーニ氏は次のようにコメントしています。
「日本イタリア国交150周年という節目に、Amazon『MADE in ITALYストア』を通じて、人気の高いインテリアやファッション小物に加え、トスカーナ州やサルデーニャ島の職人たちが手掛けたジュエリーなど、多岐にわたるイタリアの工芸品を日本のお客様にも販売できることをとても嬉しく思います。日本のお客様にも、オンラインでいつでも、そしてより手軽に、イタリアの文化・ライフスタイルをお楽しみいただければ幸いです。」

また、アマゾンジャパン ディレクター セラーサービス事業本部 事業本部長 星 健一は以下のように述べています。
「日本のAmazonマーケットプレイスに出品される海外の販売事業者様は、前年比で約2.5倍となっています。また、海外のAmazonに出品されるケースも増加しており、Amazonは国境を越えて販売事業者様のビジネスをサポートしています。この『MADE in ITALYストア』では、イタリアのアトリエや職人の皆様のビジネスを支援するとともに、Amazonのビジョンである『地球上で最も豊富な品揃え』の一環として、日本のお客様に、高品質なイタリアの工芸品を数多く提供することを目指しています。」

Amazonでは、「地球上で最も豊富な品揃え」、「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」というビジョンに基づき、引き続き、品揃え、利便性、価格の強化に努めてまいります。

[画像1: リンク ]


<概要>
ストア名 : Amazon「MADE in ITALYストア」(リンク
オープン日: 2016年6月10日(金)
取扱商品 : イタリアのアトリエや職人が出品したジュエリー、ファッション小物、インテリア、陶磁器、美術品など、約12,000点の工芸品
特長:
●イタリアから日本の「Amazonマーケットプレイス」に国境を越えて出品された工芸品をお取り扱い
●工芸品の制作風景や職人の技術、工芸品への想いを動画でご紹介

主な取扱ブランド:
Storia(ストリア)
ストリア・ペンネによって、木や合成樹脂を用いて作られたペンをはじめとする筆記具を制作しています。「太古の昔から、人類はつねに自分自身を子孫たちに伝えるために書き物をしてきた」という思想からインスピレーションを得ながら、お客様の日常生活だけでなく、ごくプライベートな時間を豊かにするためのペンを作り続けています。
[画像2: リンク ]


Dalle Piane Cashmere(ダレ・ピアネ・カシミア)
マッシモ・ドンディニとロベルト・ドンディニによるマグリフィチオ・アンゴレッレ社のブランド。ドンディニ兄弟はフィレンツェ近郊のプラート有数の繊維企業で経験を積んだ後、1988年に同社を設立。職人による熟練の手技と現代的な技術の融合により、最高級のカシミアをこだわりのデザインに仕立てています。
[画像3: リンク ]

Sbigoli Terrecotte(ズビゴリ・テレコッテ)
1857年創業、フィレンツェ老舗協会会員の職人工房。工房はフィレンツェの中心、大聖堂のほど近くに位置しており、フィレンツェ伝統の陶器の色や様式を存分に味わうことができます。その確かな職人技術と生産手法は、フィレンツェの手工芸を守るOsservatorio dei Mestieri d'Arte(オッセルヴァトリオ・デイ・メスティエレ・ダルテ:手工芸品工法研究機関)から認証されています。
[画像4: リンク ]


Archivio Storico Foto Locchi(アルキービオ・ストリコ・フォト・ロッキ)
フィレンツェとトスカーナ州の1930年代から現代に至る約500万枚の写真を、ネガ原版で保管している史料館。イタリア文化財・文化活動省の認定を得て、この種のコレクションとしては世界最高のものの一つと呼ばれています。収蔵史料には、スポーツやエンターテイメント、ファッション界の図版だけでなく、歴史的な報道写真、各時代の日常生活や習慣を物語る写真などが含まれています。その原点は、1924年に風景写真家のトゥリオ・ロッキが設立した写真店「ヴィットーリオ広場のフォト・ロッキ」。ロッキの死後、彼の妻は写真家のスルヴァーノ・コルコスとともに、この店をフィレンツェで一番のスタジオにするべく力を注ぎ、フィレンツェ市の“公式”写真館として認められました。その確かな職人技術と生産手法は、フィレンツェの手工芸を守るOsservatorio dei Mestieri d'Arte(オッセルヴァトリオ・デイ・メスティエレ・ダルテ:手工芸品工法研究機関)から認証されています。
[画像5: リンク ]



Paolo Penko(パオロ・ペンコ)
フィレンツェ生まれの金細工職人、デザイナー、彫刻家。フィレンツェ芸術大学の在学中にルネッサンス美術に魅了され、ルネッサンスの芸術様式にインスパイアされた創作を行い、この時代の確かな目利きとしても知られています。宝石学の専門家である妻のベアトリスとともにフィレンツェの大聖堂近くに工房を構え、フィレンツェ伝統の金細工技術による100%手仕事のジュエリーを制作。その確かな職人技術と生産手法は、フィレンツェの手工芸を守るOsservatorio dei Mestieri d'Arte(オッセルヴァトリオ・デイ・メスティエレ・ダルテ:手工芸品工法研究機関)から認証されています。
[画像6: リンク ]



Le Porte del Chianti(レ・ポルテ・デル・キャンティ)
家族経営の木工工房、ファルチアニによるブランド。同社はアンティークの木材を扱い、熟練の職人技で高品質な家具を製造しています。お客様の要望に応えながら、地元のワイナリーの古いワイン樽を用いたドアや、地元のイトスギ材による窓枠や戸口、クリ材の樽によるテーブルや本棚、キッチン家具などを制作しています。現代の製造技術を使うと失われがちな質実剛健で美しい仕上がりを追求し、伝統的な生産手法や組み立て工程を守っています。
[画像7: リンク ]



Spigarelli Ceramiche(スピガレッリ・チェラミケィ)
1985年創業。 イタリア国内での完全生産にこだわりながら、つねに新しいフォルムやデザインを追い求めています。その製品は強度の高い白色セラミックから作られており、1040℃の高温で焼かれます。その後、食器用の安全な無鉛の上塗りを手作業で塗り、さらに950℃で焼きます。最後にまた750℃で焼く前に、1品ずつ手作業で特有のデザインが施されます。すべての製品はイタリア国内の同社の工房で、伝統の技法を用いながら、熟練した職人たちによって作られています。
[画像8: リンク ]



Old Fashion Sartoria(オールド・ファッション・サルトリア)
「オールド・ファッション」という名前は、このブランドの哲学や伝統と革新の融合の表れ。伝統的なエレガンスとスタイル、洗練されたセンスや創造性を見事に融合させながら、古くから伝わる技術を品質や素材はそのままに、現代の感覚でものづくりに活かしています。その確かな職人技術と生産手法は、フィレンツェの手工芸を守るOsservatorio dei Mestieri d'Arte(オッセルヴァトリオ・デイ・メスティエレ・ダルテ:手工芸品工法研究機関)から認証されています。
[画像9: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事