logo

Accedianと提携したブラジルのTIMがMEF 2.0認証を獲得

Accedian Networks Inc. 2016年06月10日 10時09分
From 共同通信PRワイヤー

Accedianと提携したブラジルのTIMがMEF 2.0認証を獲得

AsiaNet 64698(0706)

【モントリオール2016年6月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*TIMは包括的なMEF 2.0認証を獲得し、中南米のビジネスサービスに新基準を確立したブラジル初の事業者

エンド・ツー・エンドのネットワーク・パフォーマンスのエキスパートであるAccedian (リンク )は9日、ブラジル携帯電話事業者、TIM Brasilがブラジル全土のCarrier Ethernetビジネスサービス展開でMetro Ethernet Forum(MEF)2.0認証を獲得することに、その専門的サービスとネットワーク保証技術が一役買ったと発表した。TIMは5月5日、Carrier Ethernet 2.0のサービスプロバイダーとして正式に認定された。

AccedianはTIM Brasil のMEF 2.0ネットワーク認証に向けてPASSPORTを通じて同社に協力し、TIMのエンジニアがMEF テストで確認されたCarrier Ethernet認証プロ(CECP)になる訓練を施した。

Accedianのキース・ドナヒュー製品管理・サービス担当副社長は「この名誉ある認証はサービス品質保証のビジネスサービスとして、世界中に受け入れられている。TIM Brasilは今回の達成によって、MEF 2.0認証のエンタープライズ級サービスを提供するブラジル初のキャリアになり、特に卸売市場で新たなビジネス機会を切り開いた」と語った。

TIM Brasilのマルセロ・ドゥアルテ卸売ディレクターは「TIM Brasilはいつも自社を高級卸売パートナーと見なしてきた。この認証はわれわれのネットワーク・接続品質を確認するもので、世界最大のサービスプロバイダーと提携することが可能になった。Accedianのサポートはグローバル市場で重要な差別化要因を獲得する中心になった」と語った。

▽MEF 2.0認証は以下のような厳しい諸要件を求められている。
*多重的なクラスオブサービス(CoS)やアプリケーション志向メトリクス、業績目標に対応し、ほかのプロバイダーと相互接続

*ネットワーク構成要素・設備全体がCE 2.0基準に準拠すると証明

*ブラジルで相互接続を望むほかのプロバイダーに統一サービスを提供する能力

Telecom Italiaのブラジル子会社、TIM Brasilはブラジル第2の携帯電話事業者(全国6730万のモバイル回線)で、国内最大の4Gサービスプロバイダーである。そのファイバー網は7万キロ以上に及ぶ。TIMは独自のマルチサービス・キャリアグレード・ネットワークを使用して、リテール・企業・卸売に特化したサービスを提供している。

Accedianは、携帯電話事業者が優れた信頼性とサービス品質(QoS)を伴う新しいレベルのユーザー体験を提供することを可能にする性能保証ソリューションのリーダーとして評価されている。Accedianは同社の顧客と緊密に協力し、総合的な専門サービスを提供し事業者が地域でトップを走る性能差別化のプロバイダーとして評価を受けることに寄与している。

MEF認定を受けたプロ集団であるAccedian PASSPORT Sevicesのチームは、世界トップのCarrier Ethernetサービスプロバイダーの80%以上との協力に加え、12年以上にわたる世界中のCarrier Ethernet展開サポートによって培われた専門的技術によって支えられている。Accedianは数百人のエンジニアに訓練を施しCE認定を受けさせた。

▽Accedianについて
Accedianは、最高のユーザー体験に対するコントロールのため、エンド・ツー・エンドのネットワーク・パフォーマンスの可視性を提供する。Accedianはネットワーク状態の最も完全な現在の見解を提供し、最高の信頼性とサービス品質(QoS)に対する実用的な洞察力により可視性を劇的に向上させる。Accedianは、ますます複雑化するネットワークに対するコントロールを可能にし、アジリティーを高め、コストを削減する。最も重要なのは、完全に最適化され、パフォーマンスを保証されたネットワークを通じ、Accedianが最大限の動作可能時間、そして最高のユーザー体感品質(QoE)を積極的に保証することである。

Accedianは2005年以来、世界で数十万のネットワークとサービスを保証しており、パフォーマンスを重要な競争力のある差別化要因に変えた。詳しい情報はリンク を参照。Twitter: @Accedian(リンク

▽TIM Brazilについて
TIMはブラジル2位のモバイル通信オペレーターであり、そのミッションはあらゆる人々が可能性をさらに伸ばすためにすべての人々を接続し、関心を払うことである。新しいモットー「Evolve is do things differently(進化することは、ものごとを異なったやり方で実行する)」は同国における同社の進化と、多くの市場動向をリードする同社の革新的かつパイオニア的な取り組みを象徴している。

同社は顧客と新しい関係を築くことを望んでおり、イノベーション、品質、ユーザー体験を柱にして業務を遂行している。このコミットメントを実証するのが、2018年までの向こう3年間でブラジルのオペレーターに対し、インフラストラクチャーを中心にして140億レアルを投資することである。TIMはブラジルの4Gカバレッジでリーダーであり、そのカバレッジは439都市の都市人口の60%に達している。

さらにTIMはサンパウロ証券取引所のNew Market of Commodities and Futures Exchangeにおける通信セクターに所属する唯一の企業であり、最高レベルの企業ガバナンスを保持していると認められている。さらにCorporate Sustainability Index(ISE)とCarbon Efficient Index (ICO2)の構成企業でもある。注目に値するのは、TIM Institute(リンク )のイニシアチブで、ブラジルのサイエンスおよびイノベーションの民主化のための戦略的リソースの開発・強化を目指している。

詳細はウェブサイトリンクリンクリンク を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Duncan McKean
CCgroup
+44 7500 875614
accedian@ccgrouppr.com

ソース:Accedian Networks Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。