logo

「介護施設を学校機能化する分校プロジェクト」の販売促進に関するパートナーシップ契約締結について

経営会議ドットコム 2016年06月10日 08時50分
From PR TIMES

企業間取引を支援する情報サイト「経営会議ドットコム」(運営:株式会社グランシーズ、本社:大阪市北区)は、日本総合福祉アカデミー(運営:株式会社ガネット、本社:東京都渋谷区)が提供する「介護施設を学校機能化する分校プロジェクト」の販売促進に関するパートナーシップ契約を 2016 年 5 月 20 日に締結いたしました。
経営会議ドットコムでは、パートナーシップ契約を受けて、「分校プロジェクト」の利用施設拡大を目的にした販売支援を開始いたします。



経営会議ドットコムは、今回の契約を通して、全国の介護福祉施設や病院を対象に、ウェブにとどまらず、紙媒体やセミナー・イベントなど複合的、補完的に幅広い層へ情報を届けるクロスメディアにより、同プロジェクトの成長支援に取り組んでまいります。


高齢者介護施設が抱える採用難、人材不足における労働環境の悪化、職員の離職増は、介護業界全体で解決すべき問題です。
日本総合福祉アカデミーは、これまで関東・関西を中心に、35拠点の介護施設内に資格学校を設置・運営して参りました。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



2015年に介護報酬制度が改正になり、人員配置に対する加算の比重が高くなりました。特に介護福祉士資格所持者の割合に応じた加算点数はとても重要になり、介護福祉士の受験要件である実務者研修の修了者を自前で育成する施設内分校は、これらの課題解決に大きく寄与することが期待されています。
今回、日本総合福祉アカデミーが持つ資格学校の運営ノウハウと、経営会議ドットコムが持つ介護事業経営者へ直接的にアプローチするスキームが一体となることで、その対象を全国に拡大し、介護福祉士の育成にさらに注力してまいります。


【分校プロジェクトについて】
介護施設内に日本総合福祉アカデミーの資格学校機能を構築し、介護事業者と同アカデミーが戦略的事業パートナーとして互いに協業し学校運営する手法です。
日本総合福祉アカデミーは、分校申請に向けて必要書類の準備や行政とのやり取り、授業の設計や教材手配、講師の派遣など、学校運営そのものを請負います。また介護施設が求人広告を出稿する際は、既存のウェブ採用媒体と連動し、教育ページを開設することで、求職者に対する訴求力が高まります。さらには国の助成金制度を活用すれば、実質1割ほどの負担で従業員を実務者研修の修了者へ育成することが可能です。


【株式会社ガネットについて】
社   名  株式会社ガネット
企 業 理 念 「人財創出」ではたらく人々の存在意義を想造する。
設   立  2008年2月4日
本   社  〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館
T E L    03-5457-5825(代表)
サービス内容 介護事業特化型事業、日本総合福祉アカデミーの運営
       教育研修事業、HRMソリューション事業、ブランドマネジメント事業


▼「分校プロジェクト」の資料はこちらからダウンロードが可能です
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。