logo

ポルシェ919ハイブリッドが郊外の公道を320 km/h超で走行

ポルシェジャパン株式会社 2016年06月09日 17時59分
From 共同通信PRワイヤー

2016/06/09

ポルシェAG

ポルシェ919ハイブリッドが郊外の公道を320 km/h超で走行
ル・マン24時間レース テストデイ

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)が参戦する2016年のル・マンのイベントが始まりました。ポルシェ チームは、6月18日から19日に開催される24時間レースに向けて、公道9.2 kmを含む 1周13.629 kmのサルテサーキットで走行できる唯一の機会となるテストデイへ2台のポルシェ919ハイブリッドで参加しました。公道には、有名なミュルサンヌ・ストレートも含まれ、900 PSを発揮するポルシェのル・マン・プロトタイプ(LMP1)の速度は320 km/hを大幅に上回ります。

テストデイの午後早くにマーク・ウェバーがポルシェ919ハイブリッドの最速ラップである3分22秒270を叩き出しました。このオーストラリア人ドライバーは、ティモ・ベルンハルト(ドイツ)およびブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)とチームを組みます。 FIA世界耐久選手権(WEC)の現チャンピオンである919ハイブリッドはWECにおける究極のハイライトであるル・マン24時間でカーナンバー1をつけて走ります。
カーナンバー2をつけたもう1台のポルシェ919ハイブリッドのニール・ジャニは、3分22秒334のラップタイムを記録し、カーナンバー1に劣らぬラップタイムで走行しました。スイス人ドライバーであるジャニは、チームメイトのロマン・デュマ(フランス)およびマルク・リーブ(ドイツ)とともに、今シーズンのWECドライバー部門をリードしています。
この日、特に午前中は路面が滑りやすくなっていましたが、昨年とは違い、雨は降りませんでした。2台のポルシェ919ハイブリッドは7時間半で合計173周(2,357.8 km)を走行しました。午後のセッションでは、残り30分となった17時30分に起きたアクシデントにより激しく損傷したガードレールの修理のためレッドフラッグが出されました。ベストタイムはカーナンバー8のアウディが記録した3分21秒375でした。

テスト後のコメント
LMP1担当副社長、フリッツ・エンツィンガー:「昨年、成功を収めたル・マンに戻ってきたことは特別な瞬間でした。アラゴンでの耐久テストでも、今日のテストでも何の問題もありませんでした。タイムシートを見ると、レースウィークエンドがエキサイティングなものとなることは間違いありません。13.6 kmのサーキットでトップ4台が1.2秒以内の差に収まっています。これは、私達が今年の始めから言い続けているとおり、実力はより拮抗していて、特にル・マンに当てはまることを示しています」。

チーム監督、アンドレア・ザイドル:「滑り出しは好調で、レースに向けて良い自信となりました。両車とも順調で、ドライのコンディションですべてのテストを完了することができました。午前のセッションでは、セッティング作業に集中し、午後には主にタイヤの耐久性を試しました。また、セーフティカー導入およびスロー・ゾーンなど、ル・マン独特のレースの進行手順を練習することもとても重要でした。チームとして、レースウィークへの十分な準備が整っていると自信を持っています」。

ポルシェ919ハイブリッド(カーナンバー1)のドライバーのコメント
ティモ・ベルンハルト(35歳、ドイツ)のコメント:「張り詰めたテストデイとなり、私達は重要な項目を確認しました。昨年に較べると、参戦車両が4台増え、ル・マンのルーキーが何人かデビューします。ドライバーとしては、そのような状況に適応してトラフィックの中で適切な判断を下さなければなりません」。

ブレンドン・ハートレー(26歳、ニュージーランド)のコメント:「長い1年を経て、ついにル・マンに戻って来た気分は最高でした。テスト中は、草や悪い路面状態の割には非常に速度が上がりました。我々にはル・マンを戦うための戦略があり、クルマの状態も悪くありません」。

マーク・ウェバー(39歳、オーストラリア)のコメント:「1セットのタイヤでどれだけ走行できるかがレースの鍵となるため、タイヤの評価が今日の最優先事項でした。セッション中には予報された雨も降らず、天気が崩れなかったのが幸いでした。スムーズなテストができました」。

ポルシェ919ハイブリッド(カーナンバー2)のドライバーのコメント
ロマン・デュマ(35歳、フランス):「ル・マンでの最初の数周は路面のコンディションのため決して簡単ではありません。それにもまして、またサルテに来られたことは大変嬉しいことです。私はフランス人であり、ここには長い間住んでいたので毎回ル・マンを愉しんでいます。多くのセッティングを試し、何も問題はありませんでした。レギュレーションの制約で、昨年よりエンジンのパワーを落としていますが、車両およびタイヤは向上していて、コーナーではこれまでよりもクイックです」。

ニール・ジャニ(32歳、スイス)のコメント:「ここル・マンでの最初のスピード感をつかみました。レースウィークエンドがとても愉しみです。セッションが早めに切り上げられたことは残念でした。新しいタイヤの可能性を見極めたかったのです。しかし、この条件は皆同じです」。

マルク・リーブ(35歳、ドイツ)のコメント:「良いテストでした。 最初、クルマのバランスに苦労しましたし、トラフィックも容易ではありませんでした。しかしル・マンのテストデイではいつものことです。午後には、カーナンバー1とは違うエアロを試しました。私達は学習し続け、今年は過去のどのレースより準備が整っています。車両のハンドリングは良好で、24時間レースではこれが一番重要なことなのかも知れません」。

ル・マン24時間は今シーズン唯一、ポルシェがワークスチームとしてGTE-Proクラスにエントリーするレースです。

カーナンバー91のポルシェ911 RSRに乗り込んだ昨年のLMP1クラスウィナーであるニック・タンディ(イギリス)とフランス出身のパトリック・ピレ、およびケヴィン・エストルは823kmを走破し、テストが中断される直前までタイミングモニターの一番上に位置していましたが、最終的には2番手タイムとなりました。もう1台のポルシェワークス、カーナンバー92の911RSRを駆る昨年のル・マン覇者アール・バンバー(ニュージーランド)とフレデリック・マコヴィッキ(フランス)、イェルク・ベルグマイスター(ドイツ)は944kmをトラブルなく走り切り、3番手でテストを終えています。ベルグマイスターのル・マン挑戦は今年で14回目を迎えます。これはポルシェのGTドライバーの中で最多を誇ります。

シーズンを通してGTE-Proにエントリーしているカーナンバー77のデンプシー・プロトンレーシングは、昨年のWEC GTチャンピオンであるリヒャルト・リーツ(オーストリア)は同じくワークスドライバーのミカエル・クリステンセン(デンマーク)、そしてル・マン初参戦の2015年ポルシェ モービル1スーパーカップおよびカレラカップチャンピオンのフィリップ・イング(オーストリア)とチームを組み、810kmのテストをこなしました。

GTE-Amにはポルシェ ワークスドライバーのパトリック・ロング(アメリカ)がアブダビ・プロトンレーシングから、ウォルフ・ヘンツラー(ドイツ)がKCMGよりル・マンに挑みます。さらにガルフレーシングとプロトン コンペティションを加えた計4台の911RSRで参戦します。

またテストデイの模様は以下のURKよりご覧いただけます:
リンク


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。