logo

国産最軽量の2Lペットボトルが「アジアスター賞」、「ワールドスター賞」、および「第40回木下賞」を受賞!

キリン株式会社 2016年06月09日 14時00分
From Digital PR Platform


キリン株式会社(社長 磯崎功典)とキリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、2015年春より「キリン アルカリイオンの水」に導入している国産最軽量※の28.9gの2Lペットボトルにおいて、軽量化と強度を両立する技術が評価され、アジア包装連盟主催の「アジアスター2015コンテスト」において、「アジアスター賞」を、世界包装機構主催の「ワールドスター2015コンテスト」において、「ワールドスター賞」を受賞しました。また、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「第40回木下賞 改善合理化部門」を受賞しました。
※ 2016年5月現在。当社調べ。中味、キャップ、ラベル含まず。

今回受賞した国産最軽量ペットボトルは、キリン株式会社パッケージング技術研究所とキリンビバレッジ株式会社が協働して開発したものです。
軽量化してもボトル強度を保持させるため、これまで分かっていた「波型溝」の効果についてさらに工夫を重ねました。より強度の高い形状設計を行うため、バネのように周状に斜めの溝を入れる「スパイラル型の溝」を採用するとともに、溝自体の幅や深さや角度に改良を加えることでさらなる強度向上を図り、倉庫の保管適性を有する形状を開発しました。
さらに、手の小さい女性でもボトルがしっかり掴めるよう、掴む部分(把持部)の寸法を最適にしたほか、飲み終わった小さな子どもの力でもペットボトルを簡単に潰すことができるようにボトル全体の溝の数を従来の12本から16本に増やすなど、工夫を凝らしています。

●「アジアスター賞」「ワールドスター賞」とは
・「アジアスターコンテスト」、「ワールドスターコンテスト」は、アジアや世界の優れたパッケージとその技術を普及することを目的として実施されるコンテストです。
・社団法人日本包装技術協会が主催する「日本パッケージングコンテスト」に入賞した作品が、「アジアスターコンテスト」、「ワールドスターコンテスト」ヘの出品資格を獲得し、入賞を目指してアジアや世界各国から出品された作品と競い合います。
・今回の「アジアスター2015コンテスト」では、アジア各国から196件の作品が集まり、厳正なる選考の結果、当社国産最軽量2Lペットボトルがコンシューマー・パッケージ部門で「アジアスター賞」を受賞しました。また、「ワールドスター2015コンテスト」でも、世界各国から集まった293件の作品の中から、ビバレッジ部門で「ワールドスター賞」に選ばれました。
●「木下賞」とは
・「木下賞」は、公益社団法人日本包装技術協会、第二代会長 故 木下又三郎氏の包装界に対する多年の功績を記念して創設された表彰事業です。
・本賞は、毎年その年度において 1.包装の研究・開発に顕著な業績をあげたもの 2.包装の改善・合理化に顕著な業績をあげたもの 3.包装の新規分野創出に顕著な業績をあげたものに対して授与されます。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。