logo

ABBYYとアメディアが提携して視覚障害者向けOCR/読み上げアプリを開発

JCN 2016年06月08日 11時30分
From JCN Newswire


MILPITAS, CA, Jun 8, 2016 - ( JCN Newswire ) - 情報をより有効に活用するための技術やソリューションを提供するリーダー企業であるABBYY(R)は、日本のアメディア社と提携して、視覚障害者向けのモバイル用OCRアプリ、Amedia Live Readerを開発しました。

ABBYY Mobile OCR Engineを組み込んだAmedia Live Readerは、iPhone、iPad、iPod Touchのカメラで撮影した画像に含まれている文字をリアルタイムで認識し、音声で読み上げます。

日本で先行公開されたAmedia Live Readerは、更に広い範囲で利用できるようになりました。Amedia Live Readerを既に使用しているユーザーは、レストランでのメニュー、移動中の電車やバスの時刻表、会議で配られた印刷物の読み上げなど、仕事や生活におけるさまざまなシナリオでこのモバイルアプリを活用しています。

「アメディアがこの製品開発のパートナーとしてABBYYを選定したのは、ABBYYが非常に多くの言語に対応していることに特に感銘を受けたからです。」と、株式会社アメディアの社長である望月優氏は述べています。「2つのチームを融合させることで、世界中の視覚障害者に向けて、生活の改善を支援するアプリを開発できました。」

望月氏は次のように続けます。「このアプリが特に優れているのは、入り組んだ複雑な景色の中にある文字(標識など)でも認識し、それを正確かつ高速に、リアルタイムで読み上げる点です。これはABBYY社によるOCR技術と当社の特別な画像処理技術を組み合わせることで実現しました。当社が知る限り、同様のモバイル向け製品は、このような手頃な価格では他には見当たりません。」

ABBYY Mobile OCR Engineは、ABBYYの世界的に有名なOCR技術をベースにしたソフトウェア開発キット(SDK)です。その強力な画像処理アルゴリズムにより、モバイルデバイスで高精度なテキスト認識を実現しています。

「この画期的な製品に当社技術が組み込まれたことを誇りに思います。」と、ABBYY北米本社CEOであるDean Tangは述べています。「FineReaderは学習支援としての利用で知られており、このアプリもその延長線上にあります。これに類似するアプリは数多くありますが、より高価格で、しかも中国語、日本語、韓国語などの特定の言語には対応できていません。この点でAmedia Live Readerは競合製品に勝ります。」

Amedia Live Readerは、iTunesから$29.99(3,600円)で購入できます。動作には、iOS 8.0以降が必要です。英語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、韓国語に対応しています。

ABBYYについて

ABBYYは、情報をより有効に活用するための技術やソリューションを提供するグローバル企業です。業界をリードするコンテンツ抽出技術や革新的な言語ベース分析技術により、様々な情報ライフサイクルの中で貢献しております。ABBYYのソリューションは、ビジネスプロセスの最適化、リスク緩和、意思決定の加速化、収益向上に役立っています。ABBYYの技術は、様々な大手グローバル企業や政府機関、および中小企業や個人で利用・ライセンス化されています。ABBYYは、オーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、台湾、アラブ首長国連邦、英国、ウクライナ、米国に拠点を持ちます。詳細については、会社概要をご覧ください。 www.abbyy.jp/company-key-facts

ABBYYおよびABBYYロゴは、ABBYY Software Ltd. の登録商標または商標です。本書に記載されているその他の製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

報道関係者お問い合わせ先:
Karbo Communications for ABBYY
abbyy@karbocom.com

Margaret Pereira
+1-925-989-8109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。