logo

リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表 第九弾企業の約2/3がレンタルオフィスやコワーキングスペースを長期的に利用すると回答

リージャス・グループ 2016年06月08日 11時00分
From PR TIMES

2016年上半期に調査!レンタルオフィスとコワーキングスペースをビジネスの成長と発展のために利用

世界106カ国977都市、2,800拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(ルクセンブルク)は、100カ国以上合計約40,000人のビジネスマンを対象にレンタルオフィスとコワーキングスペースに関する調査を実施いたしました。
調査によると、企業にとってレンタルオフィスやコワーキングスペースの利用は、一時的措置としての利用ではなく、企業の戦略として長期利用を選択していることが明らかになりました。かつて、オフィスや会議室を共有することは、起業する際の予算上の都合や起業家のニーズに一時的に対応するための措置に過ぎませんでした。
しかし、リージャスが今回行った調査によると、世界各国の回答を合わせた平均では、約2/3にあたる67%が、日本では63%がレンタルオフィスやコワーキングを長期的に企業戦略として採用している企業が増加していると回答しました。
レンタルオフィスやコワーキングを長期的に採用することは、企業にとってコスト効率を高めるだけでなく、今日の不安定なグローバル経済における急激な市場変動に迅速に対応するためにも役立ちます。
賃貸オフィスと比べ、レンタルオフィスやコワーキングスペースは拡張性に優れ、短期間の利用も可能で、事業の成長を継続的に支援します。そのため、今日ではレンタルオフィスやコワーキングスペースの契約を更新したり、新規に契約を行う企業は増加傾向にあります。

主な調査結果:
•世界平均の61%、日本の回答者の46%が、「中小企業はレンタルオフィスやコワーキングスペースのユーザーであり続ける」と回答しました。

•グローバルビジネスを展開する人に質問したところ、「多くの企業がレンタルオフィスやコワーキングスペースの契約を更新している」と回答しました。その理由を尋ねたところ、世界平均の73%(日本の回答者の63%)が「追加費用が発生することなく迅速にスペースを拡張、縮小できる」と回答、世界平均の68%(日本の回答者の58%)が「賃貸契約よりも短期で契約できる」と回答しました。

•世界平均の全体の68%(日本の回答者の59%)が、「会社を持続的に成長させるため、レンタルオフィスやコワーキング契約を更新している」と回答しました。

日本リージャス株式会社の代表取締役カントリーマネージャーの西岡 真吾は次のように述べています。「レンタルオフィスとコワーキングスペースの活用は、ビジネスの継続的な成長を促します。それらを活用することによって、長期の賃貸契約を結ぶことなく迅速に事業を拡大させることが可能になり、変化の激しい状況にも柔軟に対応することができるのです。例えば、新たな拠点進出を目指す企業が、その事前調査を行うためにレンタルオフィスやコワーキングスペースを使用することがあります。また、ある特定エリアの状況が悪化し、拠点を縮小させる場合も、レンタルオフィスやコワーキングスペースであれば、賃貸物件で必要とされる『高額なオフィス移転コスト』を掛けることなく、スペースの縮小をすることができます」。
「レンタルオフィスとコワーキングスペースの需要の高まりは、企業のみならず、スモールビジネスにとってもチャンスがあることを示しています。なぜなら、それらは各々のニーズに合わせたクリエイティブな方法で活用できるからです。さらに、レンタルオフィスとコワーキングスペースの活用によって、資本面での制限をなくし、成長イニシアチブにおける投資を制限するのです」。

リージャス・グループのサービスについて
■レンタルオフィス:
主要駅のハイグレードビル内に快適なオフィス環境を提供しています。敷金・礼金が不要で事務機器なども完備されており、初期投資にかかるコストや時間を大幅に削減できます。オフィス開設後即入居が可能で、利用期間は1カ月から、1人部屋から100人用、共用オフィスまで豊富なプランを利用可能です。

■バーチャルオフィス(電話秘書+宅配物受け取り代行):
ビジネス一等地の適切な場所をビジネスアドレスとして利用可能です。また、専用の電話番号をお渡しし、お客様の社名で応対します。新たな市場進出時に仕事の拠点が必要になった時、電話応対や郵便物の取り扱いをアウトソースしたい時に最適なサービスです。

■ビジネスワールド(メンバーシッププログラム):
世界2,800拠点あるリージャスのビジネスセンターのどこでも、IT環境の整ったプライベートオフィス、ビジネスラウンジ、カフェを利用できるメンバーシッププログラムです。出張先や外出先など世界各地に拠点を持つことができます。

■会議室:
世界2,800拠点、日本国内では主要都市の駅近くビル60拠点以上に、最新の会議用設備を備えた貸し会議室を用意。少人数の研修・会議から最大120名の研修・セミナールームまで、必要に応じて利用可能です。

リージャス・グループについて
リージャス・グループは柔軟なワークスペースを提供する世界最大の企業で、そのネットワークは世界106カ国977都市、2,800拠点に及びます。会員数は230万人で、業界で成功を収める大小様々な企業や起業家の方々にご利用いただいています。
リージャスでは、多彩なオフィスプラン、近年需要が高まるモバイルワークやバーチャルオフィス、障害復旧サービスの提供を通じ、予算やワークスタイルに合わせて仕事を行うことができます。
リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ルクセンブルグに本社を置き、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細については、www.regus.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
日本法人の日本リージャス株式会社、オープンオフィス株式会社は、それぞれ高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国に運営しています。現在、全国21都市、約100拠点にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
最新の国内拠点住所情報一覧はリンクを参照下さい。
センターについてのお問い合わせについても、リンクの送信フォームからお送りください。
リージャスについては、日本のホームページリンクを参照下さい。公式ホームページはリンクを参照下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。