logo

電通、オーストラリアの有力デジタルマーケティング・エージェンシー「スコーチ社」の株式51%取得で合意 

株式会社電通 2016年06月07日 17時15分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月7日

株式会社 電 通

電通、オーストラリアの有力デジタルマーケティング・エージェンシー
「スコーチ社」の株式51%取得で合意

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、オーストラリアの有力デジタルマーケティング・エージェンシーである「Scorch Pty Ltd」(本社:メルボルン市、創業者兼CEO:Terence Hooi、以下「スコーチ社」)の株式51%の取得と、今後、完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

 2006年に設立されたスコーチ社は、メルボルン市に本拠地を置き、シドニー市、フィリピン・マニラ市にも拠点を構えています。同社は50名の従業員を抱え、各地の中小企業を対象に、SEO(Search Engine Optimization)をはじめとするパフォーマンス領域のデジタルマーケティング・サービスを提供しており、それには広告やウェブサイトなどのデザイン、コンテンツ制作、ソーシャルメディア・マーケティング、Eメール・マーケティング、データ解析といったサービスが含まれます。

 株式取得後、当社はスコーチ社を当社グループの9つのグローバルネットワーク・ブランド※の1つで、同様のデジタルマーケティング事業を展開するiProspect(アイプロスペクト)のネットワークに組み込みます。ブランド呼称をScorch iProspect(スコーチ・アイプロスペクト)とし、グループ会社との連携によりシナジーを生み出していくことで、オーストラリアでの成長戦略を加速させていきます。

 当社グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が行っている世界の広告費成長率予測(2016年3月)によると、オーストラリアの2015年のデジタル広告費は、前年比で11.8%増でした。2016年と2017年もそれぞれ7.8%増、7.3%増と堅調な成長が続くと予測しています。

 なお、本件が当社の2016年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(ロンドン)は、9つのグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。9つのブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Branded Agencies)、Dentsu media、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【スコーチ社の概要】
 社  名  : Scorch Pty Ltd
 本社所在地 : オーストラリア・ビクトリア州・メルボルン市
         シドニー市、フィリピン・マニラ市にも拠点を構える
 設  立  : 2006年5月
 株主構成  : 株式取得後、
         電通イージス・ネットワーク 51%
         同社経営陣 49%
 収益(Revenue):356万オーストラリアドル(約2.8億円)(2015年12月期)
 代 表 者  : Terence Hooi(創業者兼CEO)
          Kevin Hooi (創業者兼Director)
 従業員数  : 50名
 事業内容  : デジタルマーケティング全般のサービスを提供

以 上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。