logo

ポルシェがデジタルコンピテンスセンターを設立

ポルシェジャパン株式会社 2016年06月07日 13時01分
From 共同通信PRワイヤー

2016/6/7

ポルシェAG

ポルシェがデジタルコンピテンスセンターを設立

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)は、このたびポルシェ デジタル社(Porsche Digital GmbH)という新しい会社を設立します。ポルシェは自動車メーカーのデジタル化において、「リーダー」を目指しており、新会社設立の目的は、ポルシェを自動車のプレミアムセグメントにおけるデジタルモビリティソリューションのリーディングプロバイダーへと発展させることです。ポルシェ デジタル社の社長には、ティロ・コスロフスキーが就任する予定です。コロフスキーは米国の国際的なITコンサルティング会社であるガートナー社で副社長を歴任し、自動車分野のみならず、インターネットおよびテクノロジーの分野においても深い知見と高い専門性を有しています。新会社の本社は、シュトゥットガルト近郊のルートヴィヒスブルクに置かれ、ベルリン、シリコンバレー、中国にも拠点が置かれる予定です。

ポルシェAGの監査役会会長ヴォルフガング・ポルシェは、「私達の事業環境は、かつてなくダイナミックに変化しつつあります。ポルシェ デジタル社は、ブランド力を高め、画期的な顧客体験を発展させ、新しいパートナーを引き寄せることでしょう。私達は、伝統的なポルシェの精神と新しいテクノロジーのパワーを組み合わせようとしています」と述べています 。ポルシェ社CEOオリバー・ブルーメにとって、新しい会社は「ポルシェがデジタルの未来における成功を手にするための論理的なステップ」と捉えています。ポルシェにとって、デジタル化には製品、顧客、会社という3つの次元があると、ブルーメはつけ加えています。

革新的で急速に成長しているパートナーへのアクセス
ブルーメは、「ポルシェ デジタル社は、ビジョンを実現するためのコンピテンス センターです」と述べています。ここでは、デジタルの顧客体験、製品、事業分野および事業プロセスを特定し、さらに発展させていきます。ポルシェ デジタル社は、全ての部門と密接に協力しながら、新しい価値創造モデルと革新的な製品提供について試験を行い、実現化を図ります。また、関連技術へのアクセスを確保するためのトレンドの特定と評価も、このポルシェ デジタル社の役割に含まれています。

ポルシェは、革新に向けた自社の可能性を信じているだけでなく、パートナーシップについても強く信頼しています。ポルシェ デジタル社は、ポルシェと世界中のイノベーターとの架け橋であると考えています。このことは、特にコネクティビティ、スマートモビリティ、自動運転に当てはまります。ポルシェのデジタル変革の一環として、新しい子会社は適切なパートナーとの長期的なパートナーシップを醸成し、それを通じてデジタルのエコシステムを構築していきます。また、革新的で高成長の企業、人材、新技術との密接な協力の機会を獲得するため、新興企業やベンチャーキャピタルファンドの株式保有の計画も進められています。  

新会社の社長に就任するティロ・コスロフスキーは、「デジタル化によって自動車は再生し、自動車が私達のデジタルライフスタイルの中心的要素となっていきます。私達は、車内でも車外でも魅力的かつインテリジェントであるという、ポルシェ特有のデジタル顧客体験を形成していきます」と述べています。

ポルシェにおける革新攻勢
新会社の設立は、ポルシェが大規模な技術革新を図るための一翼の担い手となることを意味しています。この会社では、部門間での技術革新管理の確立、ならびにアイデアの体系構築と促進を目指します。「技術革新は自然に生まれるものではありません。体系的にアイデアを発展させることが重要です」とポルシェ社CEOのブルーメは述べています。また、「ポルシェには多くのアイデアがあります。課題となるのは、特にデジタル環境において、部門を超えて考えること、外的資源を利用すること、具体的な行動を迅速に起こすことです」とブルーメはつけ加えています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事