logo

ホットリンク、テンセント社のWeChat Pay事業部とインバウンド領域で覚書締結

ホットリンク 2016年06月07日 09時01分
From PR TIMES

~「WeChat」を活用したプロモーション支援による日本インバウンド市場拡大に貢献~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下 ホットリンク)は、中国最大級IT企業テンセント社(英:Tencent 中国名:深圳市腾讯计算机系统有限公司、本社:中国深セン市、法定代表人:馬化騰)傘下のWeChat Pay事業部と、日本インバウンド市場におけるプロモーション領域での協業を開始することについてMOUを締結いたしました。



【背景および提携内容】
テンセント社は1998年に中国深センで設立され、SNSサービス、オンライン広告、Eコマースの三つを柱として事業展開しており、香港証券取引所に上場する時価総額22兆5千億円(6/6時点)の企業です。昨年の年商は1兆7,000億円、当期利益は4,800億円となっています。

テンセント社の代表的なサービスであり、中国版「LINE」と呼ばれるコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」は、中国国内外で7.6億人(※1)に利用されており、チャットや通話といったコミュニケーションツール、「モーメンツ」と呼ばれるソーシャル機能、動画送信機能、「WeChat Pay (微信支付)」という銀行口座と連動した決済機能等を持っております。中国ではスマートフォン利用者の約9割(※2)にインストールされており、香港やマカオでも多くのユーザーに利用されています。中国だけでなく世界中で、「WeChat」の幅広い機能を活用した販促・集客プロモーションなどが行われています。

一方、ホットリンクは、インバウンドソーシャル・ビッグデータを核としたインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティング等を行っており、インバウンドプロモーション支援やインバウンド対策における課題解決の提案までをトータルで提供しております。インバウンド市場の急速な拡大を受け、訪日中国人向けインバウンド対策を進める日本企業が増える中、中国最大のコミュニケーションアプリ「WeChat」を活用したプロモーション需要は高まっています。

この度、ホットリンクは訪日中国人向けインバウンド対策支援サービスの拡大を目的にテンセント社WeChat Pay事業部と覚書を締結いたします。この度の協業は、中国最大のコミュニケーションアプリ「WeChat」をはじめとする中国人の生活に深く浸透するプラットフォームを運営するテンセント社のWeChat Pay事業部と、日本インバウンド市場における訪日中国人需要に関する知見やインバウンドプロモーションのノウハウを持つホットリンクが、日本インバウンド市場におけるソーシャルネットワークの調査・研究や、プロモーションに関して、相互に協力していくことで、2016年6月7日付けで合意いたしました。

今後、ホットリンクはテンセント社と共同で、日本企業の「WeChat」を活用した訪日中国人向けインバウンドプロモーション支援や、店舗等での「WeChat Pay」導入促進により訪日中国人客の決済時の利便性向上に貢献してまいります。

※1 月間アクティブユーザー数。2015年11月発表、テンセント調べ。
※2 出典:Technode(2015年2月) 
   リンク

■「WeChat(微信)」とは
WeChatはメッセージと通話のアプリで、家族や友人と簡単にどこにいてもつながることができます。テキスト(SMS/MMS)、音声と動画呼び出し、モーメンツ、写真の共有とゲームのすべてがひとつになったコミュニケーションアプリで、20の言語に翻訳されており、他の言語へメッセージの翻訳もできます。
[画像1: リンク ]



主な機能
・音声チャット
・グループチャット
・モーメント(ソーシャル機能)
・Free Call
・動画呼び出し
・エモティコン(スタンプ機能)
・WeChat Pay(決済機能)
・Broadcast Messages
・Friend Radar
・Favorite Messages
・グループチャットQRコード
・Web WeChat
・シェイク
・People Nearby
・ライブチャット
・チャット履歴のバックアップ

大手メッセージアプリの月間アクティブユーザー数
[画像2: リンク ]



■テンセントについて
テンセントはテクノロジーを使ってインターネットユーザーの生活向上に寄与します。何億もの人々が、毎日テンセントの統合されたプラットフォームでコミュニケーションを行い、経験をシェアし、情報を集め、エンターテイメントを楽しみ、オンラインショッピングで買い物をしています。テンセントは、QQ、WeChatというコミュニケーションツール、Qzoneというソーシャルネットワークツール、QQゲームプラットフォームというオンラインゲームストア、QQ.comという情報ポータル、そしてEコマースまで幅広く提供しています。テンセントには三つの収入の柱があります。バリューアッドサービス、オンライン広告、そしてEコマースです。私たちは1998年に中国深センで設立し、2004年に香港証券取引所に上場しました。私たちは常にイノベーションに投資し、パートナーに心地よい協力環境を築き、ユーザーに寄り添って、インターネットの更なる可能性を追求していきます。

■株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。ホットリンクは、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるインバウンド消費支援サービスの拡大により、今後のさらなる成長を実現します。

設立日: 2000年06月26日
資本金: 573百万円(2015年12月31日現在)
代表者: 代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト: リンク
Twitter: リンク
Facebook: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。