logo

ホットリンク、マーチャント・サポート社と業務提携

ホットリンク 2016年06月07日 09時16分
From PR TIMES

~テンセントの日本事業パートナーとして、「WeChat Pay」導入 及び、認定公式アカウント開設支援・運用代行サービス提供開始~

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下 ホットリンク)は、中国最大級のネット企業テンセント社が運営するSNS決済サービス「WeChat Pay」の日本における決済公式パートナーであるマーチャント・サポート株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 東山正彦、以下 マーチャント・サポート社)と、中国最大のコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」を活用した訪日中国人向けインバウンド対策事業を共同で展開することを発表いたします。



【背景および提携内容】
テンセント社が提供するコミュニケーションアプリ「WeChat」は中国国内外で7.6億人(※1)に利用されており、スマートフォン利用者の約9割(※2)にインストールされています。

「WeChat」は、チャットや通話だけでなく、「モーメンツ」と呼ばれるソーシャル機能、動画送信機能、「WeChat Pay (微信支付)」という銀行口座と連動した決済機能等を持っており、ライフインフラの一つとして消費者の生活に深く浸透しています。特に決済サービス「WeChat Pay」は、その利便性から急速に中国で利用が拡大し、O2O決済や個人間送金をささえるプラットフォームとなっています。

一方で、急速にインバウンド市場が拡大する日本国内では、決済サービス「WeChat Pay」の導入が遅れており、訪日中国人にとって量販店やレストラン、観光地等での支払いは利便性に欠けています。また、「WeChat」の幅広い機能による販促・集客プロモーションは、中国国内だけでなく世界中で展開されており、日本企業にとっても訪日中国人向けに、店舗案内やクーポン発券等の訪日前のコミュニケーションから、訪日時の店舗でのスムーズな決済、訪日後には新商品やアフターサービスの案内等、さらにはオンラインショッピングへの誘導まで一貫した販促プロモーション実施が可能です。企業が「WeChat」公式アカウントを運用する際、WeChatの認証を取得することで中国人ユーザーにとって信用性が高まり、情報発信力が格段に強まります。

テンセント社は、6日に日本企業向けの日本戦略説明会を開催し、「WeChat」認証公式アカウントを活用したプロモーション及び「WeChat Pay」の日本進出を本格的にスタートしました。また、マーチャント・サポート社及びホットリンクと共にビジネス展開することで日本企業にとって導入しやすい環境を整えています。

この度の業務提携により、ホットリンクはマーチャント・サポート社とともに、日本企業における「WeChat Pay」の店舗等での導入拡大、および「WeChat」の認証公式アカウントの開設・運用を促進して参ります。日本企業にとって、スピーディーな「WeChat Pay」の導入が可能となり、日本本社の名義でWeChatの認証を持つ公式アカウントの開設が可能となります(※3)。なお、マーチャント・サポート社は「WeChat Pay」決済代行を、ホットリンクは「WeChat」認証公式アカウントの開設支援・運用代行サービスを担います。

※1 月間アクティブユーザー数。2015年11月発表、テンセント調べ。
※2 出典:Technode(2015年2月) 
   リンク
※3 WeChatからの認証取得を保証するのもではありません。

■「WeChat Pay」及び「WeChat」 公式アカウント開設申し込み窓口
株式会社ホットリンク 営業本部 TEL:03-5745-3902 (受付時間:平日9:00~18:00)
URL:リンク

■「WeChat(微信)」とは
WeChatはメッセージと通話のアプリで、家族や友人と簡単にどこにいてもつながることができます。テキスト(SMS/MMS)、音声と動画呼び出し、モーメンツ、写真の共有とゲームのすべてがひとつになったコミュニケーションアプリで、20の言語に翻訳されており、他の言語へメッセージの翻訳もできます。
[画像: リンク ]



■マーチャント・サポート社について
マーチャント・サポート社は、中国における銀行カードの主要アクワイアラの一つであるHi Sun Technology社の子会社です。Hi Sun Technology社は中国人民銀行から香港で唯一アクワイアラの許認可を受けており、中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行をはじめとする主要銀行とパートナーシップを結んでいます。1997年に香港証券取引所ヘ上場し(証券コード0818)、2015年度の売上は約196億円、当期純利益は約27億円。日本での事業主体は子会社であるマーチャント・サポート株式会社(東京都新宿区)となります。

会社名: マーチャント・サポート株式会社
所在地: 〒160-0023東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト12F
代表者: 代表取締役 東山 正彦
資本金: 68,000,000円
株 主: Hi Sun Technology(香港証券取引所、証券コード:0818)
設立年月日:  2005年4月(事業開始)
事業内容:  加盟店募集代行業務、早期決済支払代行業務、システムの保守・運用業務
アクワイヤリングエージェント登録:   VISAアクワイヤリングエージェント(AA)登録 No. 8500005
                                            No. 8000016
                                 No. 2900005

■株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。
ホットリンクは、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるインバウンド消費支援サービスの拡大により、今後のさらなる成長を実現します。設立日: 2000年06月26日

資本金: 1,034百万円(2016年5月31日現在)
代表者: 代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト: リンク
Twitter:  リンク
Facebook:  リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。