logo

電通、ニューヨークフェスティバル 2016において「トーチ・アワード」グランプリを受賞

株式会社電通 2016年06月06日 14時15分
From 共同通信PRワイヤー

2016年6月6日

株式会社  電 通

電通、ニューヨークフェスティバル 2016において
「トーチ・アワード」グランプリを受賞

 ニューヨークフェスティバル(New York Festivals)2016の「トーチ・アワード」(Torch Awards)部門の表彰式が5月19日に米国ニューヨークで行われ、電通のクリエーティブ・チーム※がグランプリを受賞しました。2015年に引き続き、2年連続でのグランプリ受賞となります。
 「トーチ・アワード」は、18歳以上27歳以下の若手クリエーターを対象に、才能の発掘と育成を目的として2014年に新設された賞で、今年は「インクルーシブデザインの進歩」をデジタルで表現する課題で競われました。
 インクルーシブデザインとは、高齢者、障がい者、外国人など、特別なニーズを抱えた個人を設計や開発の初期段階から積極的に関与させて、対話や観察から得たヒントをデザインに反映させる手法のことです。

※チームには賞へのエントリー当時、学生だったメンバーが含まれており、その学生は2016年4月に韓国の広告会社「Cheil Worldwide」に入社しています。

【ニューヨークフェスティバルとは】
 1957年に設立されたニューヨークフェスティバルは、80ヵ国以上が参加する世界を代表する国際広告賞のひとつです。19部門(Activation & Engagement、Avant-Garde / Innovative、Branded Content / Branded Entertainment、Creative Marketing Effectiveness、Design、Digital (Cyber) Communications、Direct Mail & Collateral Materials、Film、Film Craft、Integrated、Best Use of Media、Mobile Marketing、Outdoor / Out of Home Marketing、Package & Product Design、Print、Public & Media Relations Campaigns、Public Service Announcements / Communications、Radio、Student Work)で構成され、2014年からTorch Awards部門が加わっています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事